代々木のインテリアデザインスクールの日々の出来事/一覧

東京・渋谷/CADスクール・インテリアスクール・インテリアデザイナー・店舗デザイナー・ベクターワークスの学校




[PR]



2015年11月20日(Fri)▲ページの先頭へ
卒業証書と就職活動
PA110043
PA110044


写真は先月の中旬に行われた秋の公開プレゼンテーションの後の打ち上げ会でみんなで楽しんでいる様子です。

インテリアコース応用クラスを中心に行った公開プレゼンテーションは、美術や建築の大学でいう進級・卒業作品の合評会のことです。

公開プレゼンテーションで発表するために彼らは長い時間を掛けて作品を制作します。

K&Yインテリアデザインスクールは社会人を対象にしたインテリアデザイン専門のビジネススクールですから、インテリア全日クラス以外はみんな仕事をしながら勉強に通っています。

仕事が忙しい中、なんとか時間をやりくりしてスクールに通って作品を制作。そして発表。

発表の朝は頭がいっぱいで、その上緊張していてみんな身体もがちがち(^_^;)

それが終わったからみんなこんなにはじけています!

公開プレゼンテーションのあとの打ち上げ会はいつもこんな感じでものすごく楽しんでいます♪(^_^)


PA110046
PA110048


卒業作品を完成させて卒業証書も無事もらって、さあーこれからは就職活動です。

やはり就職活動っていくつになってもつらいものです。

どんなに前向きに考えられる人でも新しい職場を探すのはたくさんのエネルギーを使います。くじけそうなときも多々あります。

そんなとき、就職活動中の卒業生は、あんなにたいへんだった作品制作を自分は成し遂げたんだ。自分にもっと自信を持とう! と孤軍奮闘するそうです。

作品制作のときは仲間がいましたが、就職活動は一人でがんばるしかないのです。

ですが、それを成し遂げたときこそ真の強さが養われます。社会に出たらつらいこともたくさんあります。そんなとき、先生にしかられたり、何度も作品をダメだしされても負けなかった自分を思い出してください。それを乗り越えたからもらえた卒業証書です。

あなたにはそんな強さがあるんですよ!

がんばれ〜 K&Yの卒業生たち

先生たちは早くうれしいニュースを聞きたいです(^.^)♪
最後にプレッシャーをかけました(笑)






当スクールのインテリアデザイン教育にご興味がある方、または受講を希望される方は、下記のフォームから資料請求、体験授業に是非ともご参加ください

資料請求はコチラ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

http://www.kandy.ne.jp/form/dataclaim/

体験授業、コース説明会のご参加はコチラ
http://www.kandy.ne.jp/school/freelesson.php

インテリアデザイナー・店舗デザイナー・家具・プロダクトデザイナーを目指す人はインテリアデザイン専門の学校






2015年11月15日(Sun)▲ページの先頭へ
課外授業 インテリアショップ・ショールームに行って来ました♪
先日インテリア全日コース基礎クラスの課外授業で青山のインテリアショップ・ショールームそして青山の草月会館2階に新しくオープンしたカフェ「コーネルコーヒー」を見学しました♪。

インテリアコース基礎クラスは、インテリアデザイン基礎知識の2ブロック目の家具・造作家具の授業でインテリアショールーム・ショップ巡りをします。

前回の授業で家具の分類・機能性・材料・素材の勉強をした受講生たちは、この授業では、実際に家具がどのように使われているのかショールームやインテリアショップを巡りながら見て触って確認していきます。

その前に午前中は、名作家具やチェアの鑑賞をしながら、一つ一つをスケッチをしました。そうすることで名作家具のデザイン(形状)や名前を覚えていきます。

そして午後は楽しい見学会♪

PB120018

この日は北青山のCassina IXC(カッシーナ・イクスシー)から廻りました。

PB120016

店内の撮影はNGなのでお見せできませんが、コルビジェなどのLCシリーズ名作家具がありますので、朝スケッチした名作家具を見つけると受講生は興奮していました(笑)

レクチャーを受けたばかりの本物の家具をみるとそりゃうれしくなりますよね。それも、自分たちがひとつひとつ丁寧にスケッチしたものばかりですから・・・(^_^)

ただ、インテリアショップを廻るのではなく、家具の歴史や素材の勉強、そして自らスケッチをして、家具の形状も記憶にあるものばかりなので興奮するのだと思います。

K&Yインテリアデザインスクールには20代〜50代と幅広い年齢の方が受講にいらしていますが、みなさん、この授業は興奮しながら楽しい♪とおっしゃいます(笑)

PB120019

Cassina IXC(カッシーナ・イクスシー)の次は、hhstyle.com(HHスタイルドットコム)

PB120020

このショップも世界の名作椅子が揃っているところです。

PB120021


次は青山1丁目まで移動して、Magis(マジス)東京ショールームへ。

PB120013


そのあと、このあたりで休憩しましょうということになり、草月会館のnendoが手掛けたカフェ「コーネルコーヒー」へ行ってみました。

nendoとは佐藤オオキ氏を中心に設立されたデザインオフィスで東京とミラノに拠点を持ち、建築、インテリア、プロダクト、グラフィックと幅広くデザインを手掛けています。先日デザイナーの佐藤オオキ氏はTVアナザースカイにも出演されていました。

connel_coffee
PB120005
PB120011
PB120012


みんなですご〜いの一言。

気持ちいい空間がここにはありました。

床の素材やカウンター(人口大理石)の説明を受けて、またもやここでも大興奮。
彼らはコーヒーを飲みながらキョロキョロしていました(笑)。

やっぱり普通のカフェとは違いますねーと感心していました。そういったこの受講生は前日、「明日nendoさんの手掛けたカフェに行きますよ」って言ったら、しっかりインテリア情報サイトでnendoさんやこのカフェの情報を調べたらしいです。

コーネルコーヒー → 

気持ちいい空間をつくりあげるって難しいことです。ゴテゴテと飾り付けると落ち着かないし、シンプルにまとめすぎると詰まんなくなります。

nendoデザインは一見シンプルなようですが、精密に計算された凝ったデザインです。そのあたりは実際にその空間に足を運ばないとわかりませんし、それを感じ取ってもらえたらいいなと思います。


ここでゆっくり休憩したあとはまたインテリアショップ巡り♪

この日もみんな元気でたくさんのインテリアショールーム・インテリアショップに行ってきました〜







当スクールのインテリアデザイン教育にご興味がある方、または受講を希望される方は、下記のフォームから資料請求、体験授業に是非ともご参加ください

資料請求はコチラ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

http://www.kandy.ne.jp/form/dataclaim/

体験授業、コース説明会のご参加はコチラ
http://www.kandy.ne.jp/school/freelesson.php

インテリアデザイナー・店舗デザイナー・家具・プロダクトデザイナーを目指す人はインテリアデザイン専門の学校








2015年11月10日(Tue)▲ページの先頭へ
デザインウィークに行って来ました♪ A
デザインウィークに行って来ました♪の続きです。

先週日曜日に東京で開催中の様々なデザインイベントにK&Yインテリアデザインスクールの在校生・卒業生は出掛けてきました。

次は丸の内まで出掛けてハーマンミラー・ジャパン ショップへ
PB010045


ハーマンミラー・ジャパンでは、アレキサンダー・ジラード展 を開催していました。
girard_ny_5

PB010035

PB010037

アレキサンダー・ジラードの商品がここまで揃えてあるのは初めてみたので、この世界観に浸ってきました(^_^)。


最後は大門まで足を運びAnyTokyoへ。
PB010047

PB010048

昨年に続いて東京タワー下の増上寺で開催。すっかり夕暮れになっていたのですが、東京タワーはまだ点灯していませんでした。

PB010051

PB010052

PB010053


広い会場には様々な分野の美しき多様性に満ちたこれからのデザインが展示されていました。

PB010057

PB010061

PB010075

テクノロジーとの融合のデザインが多く展示されていました。
建築、インテリアもずいぶん前から垣根はなく、もちろん、ファッション、グラフィックも同じデザインの枠。それにテクノロジーが加わりこれからのデザインは、より広がりをもったものになる予感がします。それはみんな感じたことでした。

それをみんなと激論しながら帰る道のりを楽しかったです(^_^)。

その他、スクールの在校生・卒業生はいろいろなところへ行きましたよって、たくさんの報告がありました(^_^)

現在作品制作でがんばっているインテリアコース応用クラスの在校生は今回デザインイベントを廻ったことで自分のやりたいデザインが明確になったと喜んでいました。

たくさんの良質なデザインを見ることは机上のどんな授業よりも勉強になります。このような課外授業は必要なんだと改めて実感しました。

今回仕事などで忙しくて廻れなかった在校生たちにも時間を見つけていろいろな展覧会やイベントに行くように薦めています。

みなさんも是非行ってみて下さい♪






当スクールのインテリアデザイン教育にご興味がある方、または受講を希望される方は、下記のフォームから資料請求、体験授業に是非ともご参加ください

資料請求はコチラ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

http://www.kandy.ne.jp/form/dataclaim/

体験授業、コース説明会のご参加はコチラ
http://www.kandy.ne.jp/school/freelesson.php

インテリアデザイナー・店舗デザイナー・家具・プロダクトデザイナーを目指す人はインテリアデザイン専門の学校



2015年11月08日(Sun)▲ページの先頭へ
デザインウィークに行ってきました♪ @
今週はスクールは何かと忙しい一週間で、ブログ更新が久しぶりになりました。(^_^;)

今日は朝から冷たい雨です。

1階のコンピューター室は授業以外にフリーレッスンにこられている方がいますね。

雨だから行くところもないのでCADのレッスンをしようということでしょうか。それは良いことです(^_^)

そんな中、先週の日曜日はデザインウイーク見学に行ってきました。みなさんもいろいろと廻られたと思いますが、この日はとってもお天気が良くって気持ちよかったですね♪

初めはみんなと一緒に廻る予定でしたが、スケジュールや人それぞれ見たいところが違ったりして、結局どこを廻るか決まらないので、バラバラに出掛けることにしました。

ですが、ここでちょっと笑えるのが、途中別のチームとばったり出会いました。

彼らは私たちとは別のところに行くつもりが道を間違えてうろうろ・・・この道はあなたたちの目的地とぜんぜん違う方向ですよって教えると、えー、とびっくり(笑)

その彼らも合流し、まずは北青山のカールハンセン&サンのショールームへ。

PB010016

PB010005

カールハンセン&サンは、あのYチェアで有名な北欧の家具メーカーです。

PB010002

PB010007


私たちが訪問したときは朝一番だったので、ショールームの方が、それはそれは丁寧にカールハンセン&サンの歴史やYチェアのことをお話して下さり、ちょっとしたセミナーのようで知らなかったことを教えて頂き、彼らは大変感激していました。


ここから、また別々に分かれてショールーム・ショップ巡り♪

ですが、ここで私たちはショールーム・ショップではないところへ。

なんとデザイナーさんの事務所にお邪魔したんです。

この時期How studioといって、特別に事務所を開放するイベントがあったのです。
この日一緒に廻ったのが家具・プロダクトデザインコースの卒業生だったので、このコースを選びました。

PB010018

S&O DESIGNの清水久和氏の事務所は、清水久和氏がたいせつに集められた昔なつかしいものから現在に至る雑貨や文房具が展示されていました。
視点がおもしろいものばかりで、このようにきれいに並べるとすべてがたいせつなもので、グッドデザインだということがわかります。

次はプロダクトデザイナー鈴木啓太氏のオフィスへ
PB010024

鈴木啓太氏の大ヒットした富士山グラスの写真が入り口に飾ってありました。

PB010022

昨年訪問したときはオフィスは中目黒にありましたが、今は南青山のビルの1階に引越しをされて、今一番勢いのあるデザイナーさんだということがわかる事務所でした。

スタッフさんに進行中のプロジェクトのお話など詳しく聞けて勉強になりました。就活中の卒業生はこんな事務所で働けたら幸せと就職活動に俄然意欲的に取り組むと刺激を受けていました(^_^)

記事が長くなったので、一旦ここで終わります。

デザインウィークに行ってました♪はAへ続きます。。。






当スクールのインテリアデザイン教育にご興味がある方、または受講を希望される方は、下記のフォームから資料請求、体験授業に是非ともご参加ください

資料請求はコチラ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

http://www.kandy.ne.jp/form/dataclaim/

体験授業、コース説明会のご参加はコチラ
http://www.kandy.ne.jp/school/freelesson.php

インテリアデザイナー・店舗デザイナー・家具・プロダクトデザイナーを目指す人はインテリアデザイン専門の学校




2015年10月30日(Fri)▲ページの先頭へ
リノベーションの会社で働きます。
今朝は店舗デザイナーコースの卒業生の就職内定を頂いた記事を書きましたが、今度はCADコースの受講修了生の就職内定の話です。

CADコースの受講修了生は、以前、2年コースの建築専門学校を卒業して建設会社に就職しました。そこでは施工の部署で働いていました。2年勤めてやっぱり住宅の新築やリノベーションの設計をどうしてもやりたくて会社を辞め、2級建築士資格試験の勉強に集中。その甲斐あって見事資格試験に合格しました。

それから設計事務所への就職活動を始めようといろいろと調べていくうちに、自分が行きたい会社はどこもCADソフトはベクターワークスを使っていることが分かりました。ですが、専門学校で習ったのはオートCAD。それも現実的にはCADが使えるというレベルではないこともこの業界で仕事をしながら気づいたそうです。

そこでベクターワークスをしっかりと教えてくれるCADスクールを探していたところ、K&Yインテリアデザインスクールを友人に薦められたそうです。その友人も通っていました。

しっかりCADを学ぶんだったらここがいいよって薦められたからか、コース説明会にも来校せずそのままファックスが送られてきたのを今でも覚えています。申込書が届いたのでこちらから電話するとすぐに始めたいと元気な声で対応してくれました。

それから約1ヶ月で2D3DCADをマスターしました。やっぱり、建築が分かっていたのとオートCADが少しでもできるので、マスターするのは早かったですね。この実力ならどこでも就職できると思いました。それととても明るくて元気な人ですから(^_^)。

CADコース修了後、就職活動をしてすぐに地元神奈川のリノベーション会社に就職が決まりました。11月から設計部に配属されるそうです。施工の経験があって現場が分かっていることが決め手になったそうです。最初は詳細施工図などを描いてもらって慣れたらプランニングも携れるそうです。
見事にやりたかった仕事が見つかりましたと元気に報告してくれました。

これは偶然なんですがなんとそこの社長が会社を立ち上げた時に、K&YインテリアデザインスクールでCADを習っていたそうです(笑)。

それはすごい!!。送られてきた履歴書を見てK&Yで習ったのならちゃんと使えるだろうと思われて面接に呼んだそうです。

実はあとで校長に聞いた話ですが、この会社の社長さんは卒業したあとも、いろいろな人を紹介してくださったそうです。面接を受けに行くことは知っていたのですが、会社の名前は知らず(覚えていなかった?)社長ご本人の名前だけを覚えていたのでぜんぜん気づかなかったとのこと。話を聞いてびっくりしながらも□□(社長)さんに感謝だわとうれしそうでした。
(※後で確認したところ、会社が大きくなるたびに社名変更があったようです(^_^))

ちょっと長くなりましたが、電話でこのような話をしました。

スクールに顔を出したいのですが、家が遠いのでまたの機会に突然お邪魔しますと笑っていました。そのときはちゃんと電話してからきてねと念をおしときましたが・・・・(^_^;)本当に突然きそうです(笑)

次々に就職の内定の連絡が入ってうれしい限りです。

また、こんなうれしいニューズがあったらご紹介しますね。

それでは、また・・・

明日月曜日はスクールはお休みです。


2015年10月29日(Thu)▲ページの先頭へ
就職が決まった卒業生が遊びにきてくれました〜♪
先週の火曜日からインテリア全日コースの開講し、10月生コースがすべてスタートしました。

これでスクールもちょっと落ち着きましたね。

でも、インテリアコースの応用クラス次の課題のためには制作に動いています。

最近、CADコースの方たちも、年末に向けて仕事が忙しくなってきて授業の予約を入れたかと思ったら、
「すいません、やっぱり仕事が終わらないので授業キャンセルにしてください」とのお電話なども多くて、あいかわらずスクールの中はバタバタしています(笑)。

最近のCADコースは現役で働いている方が多く通われているのでしかたがないですね。

そんな中、先週ブログでも書いた就職を決めた卒業生が遊びに来てくれました。

みんなのためにおやつにとお土産持参だったのですが、写真を撮る前にみんなで頂いてしまいました(^_^;)。

誰かが撮ったと思ったのですが・・・折角持ってきてくれたのにごめんね。

breezebox_ybg-20


頂いたお土産はこんな感じでここのです(笑)。→ ヨックモック

みんなが大好きなヨックモックのお菓子なのであっという間になくなりました。

店舗デザイナーコースの卒業生は11月から西麻布のインテリアデザイン事務所で働きます。

われわれも授業があるのでゆっくり話ができなかったのですが、これから就職活動をする受講生に何かアドバイスはないかと尋ねたら、好きなデザイン事務所に作品(ポートフォーリオ)と履歴書・職務経歴書を送って、面接を受けて内定をもらっただけでいたって普通ですよって余裕の笑顔か返ってきました(^_^)。

それなりに就職活動はたいへんだったと思いますが、自分の希望するデザイン事務所に決まって本当に良かったです。

それにしても今日は、外は少し風があって冷たいですが良いお天気です。

今、東京のいたるところでデザインイベントをしていますので、時間がある方はできるだけたくさんのところを廻ってみてください♪

スクールでもみんなで廻る計画があるようです。

みなさんもデザインイベントに是非出掛けてみてください♪




当スクールのインテリアデザイン教育にご興味がある方、または受講を希望される方は、下記のフォームから資料請求、体験授業に是非ともご参加ください

資料請求はコチラ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

http://www.kandy.ne.jp/form/dataclaim/

体験授業、コース説明会のご参加はコチラ
http://www.kandy.ne.jp/school/freelesson.php

インテリアデザイナー・店舗デザイナー・家具・プロダクトデザイナーを目指す人はインテリアデザイン専門の学校




2015年10月24日(Sat)▲ページの先頭へ
デザインイベント週間が始まりました〜
先週から開催している東京ミッドタウンのTokyo Midtown DESIGN TOUCH 2015(デザインタッチ)を除いて、ほとんどが今週からスタートする東京で開催のデザインイベント。

都内のインテリアショップやショールームがこの期間、様々なインテリアイベントを開催します。

K&Yインテリアデザインスクールでは、受講生のみんなにたくさんのデザインイベントに行ってほしいと思っています。

もともとスクールは、教育の一環でインテリアショップやショールームに出掛ける課外授業を多く組み込んだカリキュラムです。

見て触れて感じることがデザイン教育には欠かせないと考えています。そのためにはこの時期にたくさんの良質なデザインに触れてみてください。

過去にはこんなにたくさんの課外授業が・・・

そして、このような課外授業の経験は就職したときに大いに役に立ちます。


だから今回もスクールでは、このデザインイベントの一部をみんなと出掛ける計画があります。

みんなと出掛けるなんて♪ なんて楽しいスクールなんでしょう(^_^)。

そして、個人で行かれる方もどこへ行くか計画を立てましょう。やみくもに行っても時間が足りなくなりますからね(^.^)。

インテリア情報サイトにイベントの記事を日々更新していますので、ここをチェック→ 

あと、インテリア情報サイトスタッフさんが書いているブログも秋のイベントをまとめたものがありますのでこちらもチェック→ 

それを読んでまずは興味のあるものをチェック!!それから場所をチェック!!

これから、とても気持ちいい季節です。是非みなさんもデザインイベントに出掛けてみてください♪




当スクールのインテリアデザイン教育にご興味がある方、または受講を希望される方は、下記のフォームから資料請求、体験授業に是非ともご参加ください

資料請求はコチラ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

http://www.kandy.ne.jp/form/dataclaim/

体験授業、コース説明会のご参加はコチラ
http://www.kandy.ne.jp/school/freelesson.php

インテリアデザイナー・店舗デザイナー・家具・プロダクトデザイナーを目指す人はインテリアデザイン専門の学校






2015年10月20日(Tue)▲ページの先頭へ
今日も就職が決まりましたの報告がありました!!
今週も就職内定を決めた卒業生から連絡がありました。

それも二人からです(^_^)。

一人は店舗デザイナーコース卒業生で西麻布の店舗デザイン事務所に決まり、もう一人はCADコース卒業生で神奈川の住宅リノベーション会社から内定をもらいました。

西麻布の店舗デザイン事務所に内定した卒業生からは事前に連絡を受けていたのでもうそろそろかなと思っていたのですが、もう一人の卒業生は突然だったのでびっくりしたのです。ですが、うれしさが倍増しました(笑)。

二人とも11月から働くそうです。

後日きちんと報告に来てくれるので、そのときに就職活動や面接の状況などを教えてくれると思います。

これから就職活動に入る卒業生もいるので、何か参考になるお話が決めるかもしれませんね。

とりあえず良かった良かった(^_^)

年末に掛けてまた求人情報が増えてきました。

この時期が年間で一番多い時期です。

まだ、内定を決めていない卒業生も、常に求人情報をチェックして自分にあった会社を見つけてほしいと思います。

また、連絡があったらみなさんにご報告しますね。





当スクールのインテリアデザイン教育にご興味がある方、または受講を希望される方は、下記のフォームから資料請求、体験授業に是非ともご参加ください

資料請求はコチラ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

http://www.kandy.ne.jp/form/dataclaim/

体験授業、コース説明会のご参加はコチラ
http://www.kandy.ne.jp/school/freelesson.php

インテリアデザイナー・店舗デザイナー・家具・プロダクトデザイナーを目指す人はインテリアデザイン専門の学校





2015年10月18日(Sun)▲ページの先頭へ
秋の公開プレゼンテーションが開催されました。
2015年10月11日にK&Yインテリアデザインスクールでは、2015年秋の公開プレゼンテーションが開催されました。
公開プレゼンテーション04

このプレゼンテーションはインテリアコースの応用クラスの受講生の作品発表の場の公開プレゼンテーションです。
公開プレゼンテーション02
公開プレゼンテーション01

今回の公開プレゼンテーションの計画地は『南新宿』!!
この計画地にインテリア全日コース店舗デザイナーコースは、『ワールドバザールを作る』をテーマとした店舗の提案を行いました。公開プレゼンテーション09
公開プレゼンテーション08
公開プレゼンテーション05

受講生全員が土日や仕事のお休みに関係なく、空いている時間があればとにかくスクールに来て課題制作をしていました。プレゼン前のチェックでは、修正箇所がたくさん出てしまった人もいましたね。でも、しっかりと修正して本番に間に合わせることができました。この3ヶ月間は大変だったと思います。本当にお疲れ様でした。公開プレゼンテーション07
公開プレゼンテーション06
今回のプレゼンで卒業となった方は、指摘を受けた部分を早めに修正して、就職活動に必要なポートフォリオを完成させてくださいね。


今回の公開プレゼンテーションで発表された作品は、K&YインテリアデザインスクールのHPで公開していますので、お時間のある方は是非ご覧ください。
プレゼンテーション作品はコチラ
↓↓↓
http://www.kandy.ne.jp/event/event_8_44.htm

過去の各コースの作品はコチラ
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
http://www.kandy.ne.jp/works/



当スクールのインテリアデザイン教育にご興味がある方、または受講を希望される方は、下記のフォームから資料請求、体験授業に是非ともご参加ください

資料請求はコチラ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

http://www.kandy.ne.jp/form/dataclaim/

体験授業、コース説明会のご参加はコチラ
http://www.kandy.ne.jp/school/freelesson.php

インテリアデザイナー・店舗デザイナー・家具・プロダクトデザイナーを目指す人はインテリアデザイン専門の学校

K&Y INTERIOR DESIGN SCHOOLへ


2015年10月17日(Sat)▲ページの先頭へ
インテリアデザイン基礎知識10月・11月生募集中!!
K&Yインテリアデザインスクールのインテリアデザイナー・コーディネーターの為のインテリアデザイン基礎知識講座募集のお知らせです。

インテリアデザイナー・インテリアコーディネーターにとってインテリア基礎知識はなくてはならない大切なもの。この知識がなくては、インテリアのお仕事はできません。そのインテリア基礎知識をまとめて学習するのではなく、ブロックごとに自分の取りたい講座だけを習得できる便利なコース。

一からインテリアデザインを勉強するのではなく、不得手な部分をセレクトできるので、とても通いやすい講座です。

10月・11月生講座残席は以下の通りです。

<2015年10月22日スタートの木金コース>
製図・構成材 授業(1)
10月22日(木)10:00〜15:50  
製図・構成材 授業(2)
10月23日(金)10:00〜15:50  
製図・構成材 授業(3)
10月29日(木)10:00〜15:50  
製図・構成材 授業(4)
10月30日(金)10:00〜15:50
※空席があります。

<2015年11月05日スタートの木金コース>
家具・造作家具 授業(1)
11月05日(木)10:00〜15:50  
家具・造作家具 授業(2)
11月06日(金)10:00〜15:50  
家具・造作家具 授業(3)
11月12日(木)10:00〜15:50  
家具・造作家具 授業(4)
11月13日(金)10:00〜15:50
※空席があります。

<2015年11月21日スタートの土曜コース>
家具・造作家具 授業(1)(2)
11月21日(土) 10:00〜17:30 
家具・造作家具 授業(3)(4)
12月05日(土)10:00〜17:30
家具・造作家具 授業(5)(6)
12月19日(土) 10:00〜17:30
※空席があります。

<2015年11月17日スタートの火曜夜間コース>
家具・造作家具 授業(1)
11月17日(火)19:00〜22:00 
家具・造作家具 授業(2)
11月24日(火)19:00〜22:00 
家具・造作家具 授業(3)
12月01日(火) 19:00〜22:00
家具・造作家具 授業(4)
12月08日(火)19:00〜22:00 
家具・造作家具 授業(5)
12月15日(火)19:00〜22:00 
家具・造作家具 授業(6)
12月22日(火) 19:00〜22:00 
※空席があります。

<2015年11月22日スタートの日曜コース>
法規・設備 授業(1)(2)
11月22日(日)10:00〜17:30  
法規・設備 授業(3)(4)
12月06日(日)10:00〜17:30  
法規・設備 授業(5)(6)
12月20日(日)10:00〜17:30  
締め切りました。

※スケジュールは変更になることが有ります。

2015年10月・11月からの講義スケジュールの全体詳細

2015年10月・11月のインテリアデザイン基礎知識の講座は、クラスによっては混み合ってきていますので、お申し込みをご検討中の方はお早めに!!

受講料は、一講座3時間の授業が6回 合計18時間で¥51,840(8%税込)
(※K&Yインテリアデザインスクールでの受講が始めての方は初回のみ入学登録料¥10,800)
その他、一部の教材費+ショールーム見学交通費は自己負担となります。
4講座まとめてお申し込みの方は10%OFFとなります。

席数に限りがありますので、ご希望の方はお早めに!!

講座のお申し込みはこちらの申し込み用紙をダウンロードして、FAX(03-5358-1352)または、郵送でお送り下さい。



2016年1月スタートの講座のお申込みも受け付けております。
日程は1月のスケジュールを確認ください。

T製図・構造材  
(昼間木金曜コース、隔週日曜コース)

U家具・造作家具 
(昼間木金曜コース、隔週日曜コース)

Vマーケティング・プレゼンテーション 
(昼間木金曜コース、夜間火曜コース、隔週土曜コース)

W法規・設備 
(昼間木金曜コース、夜間火曜コース、隔週土曜コース)

このインテリア基礎知識は必要なブロックだけを受講する事も可能ですし、4ブロック全てを受講する事もできますので、ご興味のある講座がありましたら、詳しくはこちらから




 当スクールのインテリアデザイン教育にご興味がある方、または受講を希望される方は、下記のフォームから資料請求をどうぞ。また、随時体験授業・コース説明会も開催しています。是非ともご参加ください。

資料請求はコチラ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

http://www.kandy.ne.jp/form/dataclaim/

体験授業、コース説明会のご参加はコチラ
http://www.kandy.ne.jp/school/freelesson.php

お電話でのお問い合せは
03−5358−1351

インテリアデザイナー・店舗デザイナー・家具デザイナー・プロダクトデザイナーを目指す人はインテリアデザイン専門の学校
K&Y INTERIOR DESIGN SCHOOLへ

K&Yインテリアデザインスクールは、インテリアデザイナー・店舗デザイナー・家具デザイナー・プロダクトデザイナーを目指す人のインテリアデザイン専門の学校と建築・インテリアデザイナー、インテリアコーディネーターの為のCAD(ベクターワークス)専門の学校です。


2015年10月11日(Sun)▲ページの先頭へ
11月から働きます。〜就職が決まりました!
おはようございます。3連休の中、今日は生憎の雨ですね。

昨日まで10月生の入学やプレゼンテーションの準備でバタバタしておりまして、ブログ更新が久しぶりとなりました(^_^;)

K&Yインテリアデザインスクールは今日は公開プレゼンテーションの日です。

昨日までプレゼンターはこの日のために忙しいながら時間を見つけてはスクールに通って作品制作に励みました。

今回も力作ばかりです(^.^)


そんな中、卒業生から就職が決まった報告メールが来ました。


以下、卒業生のメールです。

↓   ↓


 こんにちは。
 7月に卒業しました□□です。
 公開プレゼンテーションと求人案内のご連絡ありがとうございます。


中略

 公開プレゼンテーションには不参加でお願い致します。
 伺う予定ではありましたが、別の予定が入ってしまった為、伺えなくなりました。すみません。

 就職活動の状況ですが、○○株式会社という企業から内定を頂き、11月から勤務する事に決まりました。

 現在、オフィス空間を中心に総合コンサルティングを行っている企業で、オフィス空間を提案するコンサルタントとして仕事に携わる事に決めました。

 企業としては、今後オフィス空間だけでなく、店舗コンサルティングにも力を注いでいき、人員も増やしていくとの話で、自分自身を高めるにはとても良い環境で、チャンスに満ちあふれていると感じたので入社を決めました。面接の際に代表と話をさせて頂き、仕事に対する考え方、これからのビジョンなど共感できる部分が多かったのも決め手の一つとなりました。

空間を提案する為には様々な専門知識も必要ですし、お客様の前での立ち振る舞いなども気を配る必要があるかと思います。
 
お客様から信頼を得るというのは簡単な事ではないと思いますが、自分で決めた仕事ですので、一つ一つの仕事に真剣にデザイン思考を持って取り組んでいきたいと思います。

 最後になりますが、1年間ご指導ありがとうございました。学校で学んでいた時間は、今振り返れば、自分を成長させる為に必要な時間であり、貴重な時間であったと感じます。

 ○○




このようなしっかりしたメールが届きました(^_^)

実はこの卒業生は、入学時は自分の考えを伝える事が非常に苦手でした。最初は、先生たちからもたくさん厳しいことを言われたと思います。ですが、卒業時のプレゼンテーションではしっかりとした口調で、自分の考えを整理し上手に伝えることができるようになっていました。とてもすばらしいプレゼンテーションになり、合評の先生たちにも褒められました。

指導していたわれわれも彼の成長は目を見張るものがありました。

これが彼の自信になったと思います。


よかったです。本当にうれしいです(^_^)。


さて今日はどんなすばらしいプレゼンテーションが見られるか楽しみです。





当スクールのインテリアデザイン教育にご興味がある方、または受講を希望される方は、下記のフォームから資料請求、体験授業に是非ともご参加ください

資料請求はコチラ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

http://www.kandy.ne.jp/form/dataclaim/

体験授業、コース説明会のご参加はコチラ
http://www.kandy.ne.jp/school/freelesson.php

インテリアデザイナー・店舗デザイナー・家具・プロダクトデザイナーを目指す人はインテリアデザイン専門の学校






2015年09月27日(Sun)▲ページの先頭へ
飲み込みが早い人ってどんな人?
飲み込みが早い人ってどんな人だろうって、よく講師の間で話にでます。

それについて考えてみました(^_^)。

要領がいい、記憶力が良い、理解力があるとか知能的な頭の良さで決まりそうですが、はたしてそれだけでしょうか?

それだけではないような気がします。

飲み込みが悪いのは経験不足と容量不足が原因で誰でも起こることです。

周りを見てみると、飲み込みが早い人は、普段から新しいことに挑戦したり経験を積むことをいとわないと考えている人だと思います。

新しいことに挑戦したり経験を積むことをいとわないと考えている人は、内容を理解できることはもちろんのこと、考える力があり、自分の考えを人に的確に伝える能力、問題を解決できる能力を持っています。

誰だって新しいことを始めると覚えることがたくさんあって疲れます。ですが「物覚え」というのは「慣れ」です。

常に何かに「挑戦する」という姿勢を忘れないということは、新しいことを始めてそれに慣れるというコツを掴みやすくなります。何かをやることに面倒くさがらないことも大事です。

そうすると、自分は何でもできると「自信」がつきます。

まずは、何かに「挑戦する」という行動を起こし、スクールに通ったことで、最後は自分は何でもできると「自信」をつけて卒業していきます。

そんな能力や自信を身に着けることで、飲み込みが早い人に変わっていく。そのような人をK&Yインテリアデザインスクールでは何人も見てきました。

そして、卒業生たちは生き生きと仕事を続けています。もちろん今でも毎日何かに挑戦し続けています。

K&Yインテリアデザインスクールの技術力だけでなく、このような実力もついてくるカリキュラム内容です。

あなたも「挑戦する」という行動と「自信」をつけに、K&Yインテリアデザインスクールで学びませんか?





当スクールのインテリアデザイン教育にご興味がある方、または受講を希望される方は、下記のフォームから資料請求、体験授業に是非ともご参加ください

資料請求はコチラ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

http://www.kandy.ne.jp/form/dataclaim/

体験授業、コース説明会のご参加はコチラ
http://www.kandy.ne.jp/school/freelesson.php

インテリアデザイナー・店舗デザイナー・家具・プロダクトデザイナーを目指す人はインテリアデザイン専門の学校



2015年09月22日(Tue)▲ページの先頭へ
求人企業様からこんなメールが届きました。
こんにちは。今日も気持ちよく晴れていますね(^_^)

巷はシルバーウィークですが、K&Yインテリアデザインスクールは通常通り授業をやっています。

この連休中はフリーレッスンにこられる方が多いですね。

特にインテリアコース応用クラスの受講生の方は、秋のプレゼンテーションまで日にちが迫っていますので、時間を見つけては足繁く通っています。



ところで、6月に就職した卒業生の勤めている企業からこんなうれしいメールが届きました。


K&Yインテリアデザインスクール就職ご担当
戸田様

お世話になっております。

その節はたいへんお世話になりました。

ご紹介いただきました、□□△さんが無事正社員になりましたことを
ご報告させていただきます。

□□△さんは、毎日真面目に一生懸命働いており、
仕事の飲み込みも早く、まわりからも信頼を得ています。

良い人材をご紹介していただきまして大変感謝しております。

中略・・

研修期間3ヶ月が経過しましたので本人との話し合いで
正社員として勤務してもらうことになりました。

弊社としましては、あと1.2人は希望しております。
候補者がありましたらご紹介のほどよろしくお願いします。

○○ (株) 採用担当 □□


こんなメールを頂くと本当にうれしいですよね。

この企業様が求人依頼をされたとき、中々うちに良い人材とめぐり合えなくて・・とおっしゃっていたので、こんなメールを頂くだけで本当にうれしいです。

本人からも夏ごろ、先輩たちから良くしてもらってどんどん仕事を覚えていっています。
仕事を覚えていくことがこんなに楽しいとは思いませんでした。

と、明るいメールが届いていました。

よっぽど楽しいんでしょうね。

あんまり感情を表に出す子ではなかったので、このメールにびっくりしました。


順調そうで良かったです。


K&Yインテリアデザインスクールの卒業生たちは、しっかりとしたポートフォリオ(作品)を持って、就職活動に挑んでいます。そのポートフォリオ(作品)で面接官はその人の仕事能力を判断しますので、この制作は大事なものです。

そんな就職活動用のポートフォリオ(作品)の発表会である公開プレゼンテーションが、10月11日(日)に開催されます。

そのために1階のコンピュータールームでは今日も真剣な表情で応用クラスの受講生たちは制作に励んでいます。

これが終わるまでなんかスクール全体がざわついています(笑)

毎回この時期になるとこうなんですが、スクールとしても優秀なたくさんの卒業生を送り出したいので、落ち着かないのは仕方がないかな(^_^;)








当スクールのインテリアデザイン教育にご興味がある方、または受講を希望される方は、下記のフォームから資料請求、体験授業に是非ともご参加ください

資料請求はコチラ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

http://www.kandy.ne.jp/form/dataclaim/

体験授業、コース説明会のご参加はコチラ
http://www.kandy.ne.jp/school/freelesson.php

インテリアデザイナー・店舗デザイナー・家具・プロダクトデザイナーを目指す人はインテリアデザイン専門の学校


2015年09月20日(Sun)▲ページの先頭へ
清水の舞台から飛び降りるくらいの大きな買い物
先週から、4月に卒業した受講生がそろそろ仕事も一段落ついたので就職活動の準備をしにきています。

そのとき彼女がうれしそうにこんなことを話してくれました。

なんと彼女はあこがれの椅子を買ったらしいです。

「清水の舞台から飛び降りるつもりで買いました!」

買った椅子はイームズのイームズプライウッドチェア
LCW_OU-m-01-dl


購入したのはアクタスだったらしいのですが、ハーマンミラー社の保証書つきの正規品です。→

確かに清水の舞台から飛び降りるつもりくらいの買い物です(笑)。

「今、毎日家に帰るのが楽しみで幸せなときを過ごしています(^_^)。」と本当にうれしそうでした。


私は授業のときなどに、家具は一つ一つでもいいから良く吟味してから、良いもの(できれば正規ブランド品)を買いなさいと言っています。

巷では、有名デザイナーのデザイン版権を使ったリプロダクトやジェネリック家具などもあります。それは絶対ダメとは言いませんが、インテリアデザイナーや家具デザイナー、ショップバイヤーを目指している人はやはり本物を使ってほしいです。

リプロダクトやジェネリック家具を説明したまとめサイトがあります→

本物を使ってこそ、クライアントに本物のデザイン提案ができるのです。

ブランド物は確かに高いです。ですが、少しずつ貯金をして、初めは一つづつ買い足していくのでもいいと思います。

家具は長く使うものです。それだけ吟味して買ったものは将来も絶対ゴミになりません。むしろ財産になります。

中途半端なものを買ってあとでゴミにするくらいなら、リサイクルショップや代替品をどこから貰ってくるかして、買えるまで我慢しなさいとみんなに言うと、えーそんなーと笑っています。

それくらいの気持ちで使い手にならなければ、本当にいいものを作る作り手にはなれないと本気で私は思っていますので、これからもみんなに言い続けます(笑)。

それに上質の家具は本当に人々を幸せにしてくれます。

特に品物が届くまで待ち遠しくて幸せです(^_^)。






当スクールのインテリアデザイン教育にご興味がある方、または受講を希望される方は、下記のフォームから資料請求、体験授業に是非ともご参加ください

資料請求はコチラ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

http://www.kandy.ne.jp/form/dataclaim/

体験授業、コース説明会のご参加はコチラ
http://www.kandy.ne.jp/school/freelesson.php

インテリアデザイナー・店舗デザイナー・家具・プロダクトデザイナーを目指す人はインテリアデザイン専門の学校





2015年09月10日(Thu)▲ページの先頭へ
二人暮らしに最適なコンパクトな住まい
先月末、インテリア全日コース応用クラスの作品発表の公開プレゼンテーションがありました。

スクールでは、基礎編でインテリアの基礎知識を学んだあと、応用編で実践型授業のカリキュラムで進めています。その発表の場が公開プレゼンテーションです。

20481927

K&Yインテリアデザインスクールでは春、夏、秋、冬に、応用クラス全員の作品発表会があります。

公開プレゼンテーションの様子→

今回のプレゼンテーションはこれとは別に平日に開催されたものです。

その実践型カリキュラムの一貫で、 代々木に建つオフィスビルを、賃貸アパートメントにリニューアルコンバージョンする住宅プランの学習です。

空室率が高い都心の中古オフィスビルを、従来のアパートメントに立て替えても、問題の解決にはなりません。そこで新時代のソフトを取り入れ、新たなビジネスモデルを組み込んだアパートメントの提案です。

そのプレゼンテーションで「二人暮らしに最適なコンパクトな住まい」という題名の新しいアパートメントを提案した、ちょっとユニーク課題に取り組んだ受講生の作品をご紹介します。

「二人暮らしに最適なコンパクトな住まい」と題名は普通なんですが、このアパートメントは男女カップルはもちろんのこと、今話題の同性カップルも入居可能なアパートメントなんです。

まずは、二人で暮らすことはどうことなのかを調べるうちに、個人を尊重しながら暮らす同性カップルの生活をお手本に今回のアパートメントをデザインしてみようと考えたそうです。

よくまとまっている作品です。→

スライド1

この作品以外にも、このようなユニークな企画の作品がたくさんあります。

ご覧ください→





当スクールのインテリアデザイン教育にご興味がある方、または受講を希望される方は、下記のフォームから資料請求、体験授業に是非ともご参加ください

資料請求はコチラ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

http://www.kandy.ne.jp/form/dataclaim/

体験授業、コース説明会のご参加はコチラ
http://www.kandy.ne.jp/school/freelesson.php

インテリアデザイナー・店舗デザイナー・家具・プロダクトデザイナーを目指す人はインテリアデザイン専門の学校





2015年09月06日(Sun)▲ページの先頭へ
脳内疲労を起こすマーケティングプレゼンテーション授業
今週はインテリアデザイン基礎知識コース夜間クラスのマーケティング授業でプレゼンテーションが行われました。

「商業施設をリノベーションする」という課題に対して、企画の立て方、プレゼンテーション方法を学びます。

最後の授業では、みんなの前で自分が考えた企画をイメージボードと一緒に発表します。

マーケティング04

いつもは発表前に予行練習を行うのですが、今回は時間がなくほとんどの方が、ぶっつけ本番で望むことになりました(笑)。

今回のプレゼンテーションで重要な部分は、自分のやりたい商業施設の企画を単に発表すれば良いと言う事ではなく、今何が必要とされているか、どうしてここに作る必要があるのか等の時代背景をしっかりと調べて、『哲学・ビジョン・コンセプト』を明確に打ち出し、それに繋がる企画詳細を出さなくてはいけません。

マーケティング03

企画作成の段階では、この時代背景・哲学・ビジョン・コンセプトをうまくまとめるということができず苦労しましたね。

言いたいことがたくさんあってまとまらず、最初に言っていたことと違う内容だったり、内容が少しずれているのかなと感じる人もいましたが、全体的にはみんな良くまとまった発表でした。

マーケティング01
マーケティング02


自分の考えを人に伝えると言うことは本当に難しいことです。

言葉を少し間違えただけでまったく違う意味に捉えられたり、考えがうまく伝わらないことがあります。

特に今回のような企画の発表は、話す内容をしっかりと整理し、順序立てて説明をしないと本当に伝わりません。そこがこの授業の重要なところでもあり、難しい部分でもあります。

この授業を終えた受講生に話を聞くと、CAD図面やPC作業の大変さとは違って頭の中が本当に疲れると言います。それくらい深く考えて企画をまとめます。

でも、これを経験をする前と後ではまったく違います。

この発表をしたことでK&Yインテリアデザインスクールの受講生たちは、自分の考えをうまく伝えられるようになり話し上手になったという人が多いです。これは就職面談にも役に立ちます。

これから先も、企画を発表するという機会が多くあると思います。そのときは今回の授業のことを思い出してくださいね(^_^)。


当スクールのインテリアデザイン教育にご興味がある方、または受講を希望される方は、下記のフォームから資料請求、体験授業に是非ともご参加ください

資料請求はコチラ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

http://www.kandy.ne.jp/form/dataclaim/

体験授業、コース説明会のご参加はコチラ
http://www.kandy.ne.jp/school/freelesson.php

インテリアデザイナー・店舗デザイナー・家具・プロダクトデザイナーを目指す人はインテリアデザイン専門の学校


2015年09月02日(Wed)▲ページの先頭へ
在校生・卒業生の夏休み報告
フェイスブックに、在校生・卒業生たちの夏休み報告がたくさん届いてます。

時期をずらしてお休みをとった人が多く、意外に実家で過ごしたって人は少ないですね。

在校生は実家で過ごしたり、軽井沢、那須などの避暑地へ出掛けた人、温泉にいった人と国内旅行がほとんでした。

卒業生は海外に出掛けた人が多かったようです。
一番多かったのはアジア。シンガポール、バリ島、フィリピンセブ島、タイのバンコクなど暑いところが中心です。

ヨーロッパに行った人は食万博開催中のミラノに行った人もいました。イタリア全土を廻るツアーだったらしく、ミラノは一泊2日だったので、改めてもう一度行きたいと言ってました。4月に結婚したけど新婚旅行がまだだったのでゆっくりしてきましたということです。

北欧も二人いました。北欧は夏が一番だーと別々に行った二人が言っていました。ほんと、いいところなんでしょうね(^.^)。

ニューヨークでミュージカル三昧した人もいました。これは経験あるからわかる〜(^_^)。

あと、アフリカに出掛けた人も・・といっても北アフリカのマラケシュですが、この卒業生は女性一人旅で現地で日本人の旅行者とお友達になったみたいで一緒に写真を撮っていました。

夏フェスに行った人もいました。
サマーソニックで喉が枯れるくらい騒ぎましたーとから、私が知らない聞いたこともないフェスに行った人も・・。夏フェスってたくさんあるんですね(^.^)。

そのほかに新たな出発をした人たちも・・・
家を買ってリノベーションを思案中の人、独立して事務所をオープンさせた人と様々です。

2月、8月は二八(にっぱち)と言って、店舗系のビジネスは景気が一番悪いといわれています。一番暇な時期に改装をやるところが多く、ちょうど夏休み前が引渡しだった卒業生もいました。無事引渡しを迎えて長い夏休みに入りますという報告もありました。

自分が担当したしたお店の3DCGがメディア用に使われてそれがうれしかったというかわいい卒業生のコメントもありました(^.^)。

夏休みは長いお休みをもらえなかったので、シルバーウィークで9連休をもらったと報告する人も。

毎日たくさんのお仕事をかかえていて、長期のお休みを取りづらいK&Yの卒業生たち。

でも、お休みのときはおもいっきり遊んで楽しんでいる姿は、K&Yインテリアデザインスクールの卒業生らしくて良いですね(^.^)。

今を充実させている報告を貰うたびに本当にうれしくなります。

K&Yインテリアデザインスクールのみんな がんばれ! ファイト!





当スクールのインテリアデザイン教育にご興味がある方、または受講を希望される方は、下記のフォームから資料請求、体験授業に是非ともご参加ください

資料請求はコチラ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

http://www.kandy.ne.jp/form/dataclaim/

体験授業、コース説明会のご参加はコチラ
http://www.kandy.ne.jp/school/freelesson.php

インテリアデザイナー・店舗デザイナー・家具・プロダクトデザイナーを目指す人はインテリアデザイン専門の学校


2015年08月26日(Wed)▲ページの先頭へ
応用コースの課題で南新宿を市場調査
現在、インテリアコースの店舗デザイナーインテリア全日応用クラスは、南新宿を課題地にした作品を制作中。

一足先に、夜間クラス、土曜クラス、日曜クラスは制作に取り掛かって、インテリア全日クラスは昨日からこの課題に取り掛かっています。

minami_shinjuku_9

課題制作にあたってのスタートは市場調査から。

課題が南新宿に建つ商業施設ビルディングに企画から店舗プランニングまでを提案するので現地を調査します。

昨日は曇り空で写真が全体的に暗いですね(^_^;)。でも雨に降られてなくて良かった(^_^)

近年、南新宿は再開発が進み、次々に新しいビルが建設されました。

minami_shinjuku_8

minami_shinjuku_7

南新宿市場調査の一番最初はタイムズスクエア高島屋新宿店に向かいます。

ビルが建つ課題地を高島屋新宿店の向かい側として想定しているからです。

minami_shinjuku_1

課題地の説明のあと、新宿高島屋に入店。

ここでの写真はありません。撮影がNGでした。

minami_shinjuku_4

最上階まで店内を一通り廻って屋上で休憩。

minami_shinjuku_3

minami_shinjuku_2

新宿高島屋の屋上はガーデンテラスになっていて休憩には最適な場所です。

minami_shinjuku_6

屋上から見る新宿御苑。
こうやって見ると新宿は意外に緑が多いところです。

minami_shinjuku_5

休憩をしたあとは、甲州街道を渡って、ルミネ1.2やエストなどを廻って新宿の繁華街を調査しました。

minami_shinjuku_10


インテリアコース応用クラスの作品発表の公開プレゼンテーションは10月11日(日)です。

さてさて、どんな作品が出来上げるのでしょう。楽しみです!!

過去の南新宿の作品はこちらからご覧になれます。→ 



2015年08月23日(Sun)▲ページの先頭へ
麻布十番納涼まつりに行ってきました♪
こんにちは受講生の■■です。

昨日、スクールのみんなと麻布十番納涼まつりに行ってきました。

みなさん、このお祭りってご存知ですか?

私は知らなかったのですが、先生に聞いたら昔からやっているお祭りで、外国人が多いよって。

麻布十番も一度も行ったことがなかったので、それでみんなで行ってみようということになりました。

大江戸線の電車も地下鉄をすごい人出で、地上に上がるところからすでにイカ焼きのいい匂いが・・

20150822_164333_resized
20150822_164341_resized

地上に出てびっくりしました。
すごい人です。
外国人の方も多くて、中国系の人が一番多かったかな?
屋台もたくさん出ています。

azabujuban_mathuri_6

長い列をつくっていたところではカキ氷を売ってました。

暑かったので食べたいものはみんな同じです。

azabujuban_mathuri_8

スイーツ系も売られていますが、やっぱり多いのは海鮮系でした。

でも、みんなの食べたいものがバラバラ(笑)。
azabujuban_mathuri_11
azabujuban_mathuri_14
azabujuban_mathuri_24
azabujuban_mathuri_26


あとで買物をする人と場所取りをする人にに分かれたのですが、買物は苦労しました。

みんなあれも食べたいこれも食べたいとうるさかったです(笑)

azabujuban_mathuri_18


広場ではコンサートもやっていました〜

お祭りといっても屋台ばかりで、ひたすら飲んで食べてばかり・・・

でもとっても楽しかったな♪

また来年も行ってみたいと思いました!!

麻布十番納涼まつりは今日もやっています。


2015年08月22日(Sat)▲ページの先頭へ
店舗デザイナーコースの就職活動
朝はお天気が良かったのですが、夕方から雨になりそうな東京のお天気です。

一部の受講生が、麻布十番祭りに行くのに雨は大丈夫かなと言ってましたが・・・(^_^;)。
みんなとお祭りに行くのかな♪

今日も、就職が決まった連絡をもらったのでご紹介します。

ご紹介するのは昨年店舗デザイナーコースを卒業した受講生です。

彼は、大手の建築設計事務所で営業の仕事をしていました。

大学は経済学部卒でたとえ営業でも建築やインテリアの知識があったほうがいいのかと思い、日曜日に通えるスクールを探していました。
ネット検索で、たまたまK&Yインテリアデザインスクールの「インテリア基礎知識コース日曜クラス」の講座を見つけて、初めは知識だけでもいいのかなと思って説明会へ。

ですが、説明会を聞いているうちにCAD(ベクターワークス)も一緒に習えるインテリアデザイン基礎コースに興味が沸いてとりあえず半年通うことにしました。

通っているうちに初めは建築を中心に勉強したいと思っていたのが、店舗デザインをやってみたくなったそうです。

大手建築事務所での営業の仕事をやっていて将来は設計までできたらいいなと漠然と考えていましたが、マーケティングや企画が必要な店舗のインテリア設計なら経済学部卒でもできると考えたそうです。

そう決心して応用の店舗デザイナーコースまで進みました。

ちょっとだらだらと長くなりましたが、彼の卒業までの経緯です。

それで前職の設計事務所をやめたのは7月末。そのあと、ヨーロッパ建築視察旅行と称して夏休みをしっかりとって9月から新しい会社に初出勤らしいです。

とんとん拍子に進んだように思われる彼の就職活動ですが、実は大変でした(^.^)。

彼は今年の始めごろからから就職活動を始めました。

k&Yインテリアデザインスクールの求人ページやインテリアのお仕事求人サイトもしっかりチェック。あと求人@インテリアデザインも!!

できるだけいろいろな会社に面接に行って自分の適材適所を見つけたほうがいいよのアドバイスどおり、たくさんの会社に作品(ポートフォーリオ)と履歴書を送りました。

何社から面接の連絡を頂いて足を運ぶと、ほとんどのところが作品をちらちらと見ただけで合格。それでいつからこれるの?って、その場で内定をもらえたらしいです。

でも彼は合格を折角頂いたのにその時点で会社をやめていません。
「これから会社に退職届けを出しますが担当している物件もありますので、早くても3ヶ月先になります」と言うと
「すぐに即戦力になる人がほしんだよね」ってと言われたそうです。

ただ彼も自分に合っている会社を探しながらなので、すぐに退職するか中々決心がつかず悩んでました。
やっぱり、会社を退職してから就職活動をしたほうがいいか相談されましたが、そのほうがすぐに決まるとは言いましたが、そうあせらなくてもいいと話しました。

次はデザイン事務所のHPで実例を見て、気に入った(自分が好きな)物件を手掛けている会社が求人を募集していたら、そこに履歴書を送ってみたらとアドバイス。その会社から面接に呼ばれたらきちんと退職まで待ってほしいと話をしたらいいのではとアドバイスしました。

そんな会社は一応求人募集をHPに出してはいるけれど、誰でも良いという訳ではないので、良い人材だと判断してくれたら、退職までの期間は待ってくれます。


それから、彼はアドバイスどおり(彼は真面目です(笑))、HPや雑誌「商店建築」を見て、ピンとくるデザイン事務所を探し出しました。

それで無事希望するデザイン事務所から、内定をいただいたのは5月末。夏休みはばらばらに取るのでみんなが集まる9月から出社することになったそうです。

勤めていた会社にも7月には退職したいと申し出て引き継ぎも終わり、夏休みは一度は行きたいと思っていたヨーロッパ旅行へ。
(スクールにもお土産を貰らいました(^_^))

いつも思いますが、就職活動の悩みを人それぞれです。

就職活動中の卒業生のみなさん、活動に行き詰まったら一人で悩んでないでK&Yインテリアデザインスクールのご相談にきてください(^_^)。








当スクールのインテリアデザイン教育にご興味がある方、または受講を希望される方は、下記のフォームから資料請求、体験授業に是非ともご参加ください

資料請求はコチラ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

http://www.kandy.ne.jp/form/dataclaim/

体験授業、コース説明会のご参加はコチラ
http://www.kandy.ne.jp/school/freelesson.php

インテリアデザイナー・店舗デザイナー・家具・プロダクトデザイナーを目指す人はインテリアデザイン専門の学校


2015年08月20日(Thu)▲ページの先頭へ
「アール・デコの邸宅美術館」展に行ってきました♪
teien_art_21

インテリア全日応用コース受講生の△○です。
昨日、K&Yインテリアデザインスクールの課外授業「美術館へいこう」がありました。

「美術館へいこう」とは、インテリアデザイナー、インテリアコーディネーターにとって感性を磨く、センスを学ぶのはアートを見ることを習慣づけるのが一番!と考えるスクールが定期的に開催しているイベントです。

(※今までの「美術館へいこう」は→こちら

出かけたのは庭園美術館で開催中の「アールデコの邸宅美術館」展です。

忘れないうちに早速その感想を書きました(^_^)。

teien_art_1
今回の展覧会は、旧朝香宮邸そのものを鑑賞する「建築をみる2015」展とコレクターたちが収集した名品を集めた「ART DECO COLLECTORS」展と2つの展覧会です。

teien_art_2
teien_art_3
teien_art_6
teien_art_9
teien_art_11
teien_art_12

まずは建築を中心に見るようにと言われましたので、アールデコ建築をしっかり見ました(^_^)。

旧朝香宮邸で使われている素材(テクスチャー)は全て天然素材で、現在の空間で使われているものはほとんどがプラスチック素材なのでその違いをしっかり見て、と言われましたが、正直違いが良く分かりませんでした(笑)
もう少ししたらわかるようになるのかな・・・(^_^;)

teien_art_16
teien_art_17
teien_art_18
特にしっかり見なさいと言われたのが天井。

今応用コースの課題を3DCGで形を作りながらデザインしているのですが、先生に天井をもう少し工夫してとよく言われます。

天井はフラットに真っ直ぐ、壁は全部一緒の素材を張ってますから。普段自分がいかに天井や壁をみていないかわかります(^_^;)。

teien_art_4
teien_art_5
ラジエーターのカバーは一つ一つデザインがされていました。

シンプルながらちゃんとデザインされた邸宅を見ながら、自分のデザインはアイデアのポケットが小さいと思いました。

まだまだたくさんのものを見なくては良いデザインはできません。

teien_art_8
teien_art_7
旧朝香宮邸で使われていた家具や銀食器も一緒に展示されています。

teien_art_10
teien_art_13
teien_art_14


teien_art_19
teien_art_15
窓辺から見る中庭が素敵でした。

次は新館ギャラリー1へ。カッサンドルという画家のリトグラフのポスターや、アールデコの家具、ルネ・ラリックのガラス製品が展示されていました。ここは写真がNGでした。

旧朝香宮邸も撮影がOKなのは平日のみらしいです。

新館ギャラリー2では、パリの街でアールデコとアールヌーボーを比べる映像が流れていて、その違いが良く分かりました。

teien_art_20


このあと、庭園と白金の街を散歩して帰りました。充実した一日でした(^_^)。

アール・デコの邸宅美術館」展は9月23日(水・祝)まで開催中。→







当スクールのインテリアデザイン教育にご興味がある方、または受講を希望される方は、下記のフォームから資料請求、体験授業に是非ともご参加ください

資料請求はコチラ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

http://www.kandy.ne.jp/form/dataclaim/

体験授業、コース説明会のご参加はコチラ
http://www.kandy.ne.jp/school/freelesson.php

インテリアデザイナー・店舗デザイナー・家具・プロダクトデザイナーを目指す人はインテリアデザイン専門の学校


2015年08月17日(Mon)▲ページの先頭へ
マーケティング講義のプレゼンテーション
昨日まで、お休みしていたK&Yインテリアデザインスクールですが、今日から授業を開始しました。

お休み中、たくさんの資料請求や体験授業・コース説明会のご予約などいただきましたが、順次対応していきますので、今しばらくお待ちください。

さて、今日はお休み前におこなったインテリアコース基礎編(土曜クラス)の受講生による、マーケティング講義のプレゼンテーションの様子をご紹介します。

基礎編クラスはマーケティング講義で商業施設をリノベーションするという課題に対して、企画の立て方、プレゼンテーション方法を学びます。そして最後の授業で行われるのが今回のプレゼンテーション!みんなの前で自分が考えた企画を発表します。

マーケティング02
マーケティング01

プレゼンの直前までイメージボードの作成や、リノベーションする施設の詳細部分を考えたりと、それぞれとても忙しくしていましたね。残念ながら時間に間に合わず、他の方がプレゼンをしている時に一生懸命に考えて発表することになった受講生もいました。

今回のマーケティング授業のプレゼンテーションは自分のやりたい商業施設の企画を単に発表すれば良いと言うわけではありません。

今何が必要とされているか、どうしてここに作る必要があるのか等の時代背景をしっかりと調べて、『哲学・ビジョン・コンセプト』を明確に打ち出し、それに繋がる企画詳細を出さなくてはいけません。
マーケティング06
マーケティング05
アイデアを出すのは簡単そうに思えますが、実は仮説に沿ったアイデアを企画書にするという作業が難しいのです!

今回も、この哲学・ビジョン・コンセプトを導き出す部分でつまずいてしまった受講生や、アイデアが出なかった受講生がいました。初めてこういった作業をするという方が多かったためか、なかなか形にならずとても苦労していましたね。
マーケティング07
マーケティング03
マーケティング04
深い部分まで考え抜かないとありきたりのものを詰め込んだ商業施設になってしまいます。良いアイデアを導き出すためにも、哲学・ビジョン・コンセプトは非常に重要なキーワードになっているということがこの授業を通じて理解できたのではないでしょうか。

これから応用コースに進む受講生は、今回の授業を忘れないようしっかりとまとめておいてくださいね。応用ではもっと大変になりますよ!!



当スクールのインテリアデザイン教育にご興味がある方、または受講を希望される方は、下記のフォームから資料請求、体験授業に是非ともご参加ください

資料請求はコチラ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

http://www.kandy.ne.jp/form/dataclaim/

体験授業、コース説明会のご参加はコチラ
http://www.kandy.ne.jp/school/freelesson.php

インテリアデザイナー・店舗デザイナー・家具・プロダクトデザイナーを目指す人はインテリアデザイン専門の学校


2015年08月16日(Sun)▲ページの先頭へ
デザインとシナリオの関係性
みなさん、こんにちは。

K&Yインテリアデザインスクールはまだ夏休み中です。

今回はちょっと長くお休みをとって明日(土曜日)まで
スクールは休館日です。

みなさん、夏休み楽しんでますか?

わたしのブログで書いたことを、このブログでも共有します。

↓   ↓

一昨日紹介した映画「はじまりのうた」の冒頭でシンガーソングライターが、ライブハウスで歌っていたところを音楽プロデューサーが、その歌声を聞いた瞬間にアレンジが聞こえてくるシーンがあります。

映画なので音ではなくアーティストが演奏しているシーンをビジュアルでうまく表現しています。

このあと、彼らはニューヨークのいろいろな場所で録音をして、3分半の楽曲を作り上げるのですが、音楽プロデューサーにはこの時点でどんな曲が出来上がるのか見えているのです。

それがプロデューサーという仕事です。

このプロデューサーとは何なのか?デザイナー・ディレクターよりも広範囲な権限を有し、制作物の商業的な成否について責任をもつ制作全体を統括する職務。

この職業は、空間、ファッション、グラフィック、アート、音楽、映像のクリエイティブな分野で大概存在します。

K&Yインテリアデザインスクール の企画の授業で、「魔法のシナリオ」と言ってシナリオを書かせる時間があります。

初めはみんななかなか書けず何でこんなもの書くのだろう、デザインと関係ないでしょうと疑問に思っています。ですが、何度も書き直しをさせられるうちに受講生たちもだんだんその意味がわかってきます。

そうです!! これを書くことで自分の中にデザインするシーンが見えてくるのです。

この空間にはどんな人がやってきて、ここでどんな風に過ごして、どんな幸せな気持ちになって帰っていくのだろう。

ここに来た人は来たことで明日からどんな風に生きていくんだろうとシナリオが出来上がっていきます。

もちろん、空間デザインを考える職業訓練スクールなので機能的な内容も織り交ぜたシナリオです。

このシナリオを書くことは、全体を統括するプロデューサーだけでなく、デザイナー、ディレクターたちも共有(理解)しなくては、プロジェクトはまとまりませんので、いろいろなクリエティブな職種に役に立ちます。

映画の音楽プロデューサーはベテランなので、このようなシーンが見えてくるのは当たり前のことですが、デザイナーの卵ちゃんたちにはたいへんなことです(笑)。

ですが、これが見えてくる良い訓練方法があります。

それは、いろいろなところでインスピレーションを受けることです。

音楽を聴いたり、映画を観たり、アートを鑑賞したり、時には人とおしゃべりをしたり。

要するにもっと遊ぼうということです(^_^)。

このブログを読んでいるK&Yインテリアデザインスクール の在校生、卒業生のみなさん、それから、あらゆるデザインやクリエイティブの勉強をしているみなさん、この夏休みはいろいろなところに出掛けてたくさんのインスピレーションを感じましょう。

クリエティブな職業は遊ぶことも訓練なんですよ♪





 当スクールのインテリアデザイン教育にご興味がある方、または受講を希望される方は、下記のフォームから資料請求をどうぞ。また、随時体験授業・コース説明会も開催しています。是非ともご参加ください。

資料請求はコチラ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

http://www.kandy.ne.jp/form/dataclaim/

体験授業、コース説明会のご参加はコチラ
http://www.kandy.ne.jp/school/freelesson.php

お電話でのお問い合せは
03−5358−1351

インテリアデザイナー・店舗デザイナー・家具デザイナー・プロダクトデザイナーを目指す人はインテリアデザイン専門の学校
K&Y INTERIOR DESIGN SCHOOLへ

K&Yインテリアデザインスクールは、インテリアデザイナー・店舗デザイナー・家具デザイナー・プロダクトデザイナーを目指す人のインテリアデザイン専門の学校と建築・インテリアデザイナー、インテリアコーディネーターの為のCAD(ベクターワークス)専門の学校です。




2015年08月08日(Sat)▲ページの先頭へ
今日も就職内定の連絡がありました!!
今日から会社が夏休みというところも多いのでしょうか。今日からお休みだと9連休ですか! いいな(^_^)。

K&Yインテリアデザインスクールは来週月曜から土曜日まで授業はお休みです。授業だけでなく全体が休館しますので、CAD授業のフリー予約やフリーレッスンの方は明日午後6時までの受付ですのでお早めに!!

夏季休暇のお知らせ→

さて、K&Yインテリアデザインスクールには、インテリアの勉強が初めての人が通うインテリアコースと建築やインテリアの職種についているけどCAD(ベクターワークス)が使えない人のためのCADコース、より一層3DCG技術をレベルアップしたい人のShadeコースがあります。それとこの2つのコースは現役大学生たちも多く受講しています。

そんなShadeコースを受講していた卒業生から就職内定をもらった連絡が入りました。その卒業生は美大のインテリア学部の大学生4年生です。

3年生の後半から就職活動に入るため、その前にリアルな3DCGが作れるようになりたいと考え、3年生の夏にShadeコースを受講しました。

その甲斐があって見事に希望する大手の店舗デザイン事務所から内定を頂いたそうです。彼の設計した作品やデザインが良かったからだと思うのですが、ご指導くださった先生たちのお陰ですとわざわざ連絡をくれました。

そういってもらうと本当にうれしいです。

3DCGで作品をつくったことで見栄えが全然違いましたとその卒業生は言っていました。面接の時は、もちろん模型を持っていきましたが、Shadeで作った作品も一緒に持っていきました。こんなにリアルな3DCGを持ってきたのは自分だけで、ここで差をつけましたとも言っていました。
彼はその腕を買われて、この夏はインターンでその事務所のお手伝いをします。

3DCGの操作技術はむずかしいのですが、一度覚えると何でも作れる上にどんどん早く作れるようになります。Shadeコースを受講した方はみなさんそうおっしゃいます。

リアルな3DCGは、今、建築・インテリア業界ではなくてはならないスキルです。スクールではこのスキルを必要不可欠と考えています。この業界で長く働くことをお考えの方は是非、受講を考えてみてください。

景気も良くなり大学生の就職内定率も21年ぶりに最高の数字を示しているそうです。ですが、自分が本当に希望する仕事につける人は少ないです。

もう少しスキルアップできていれば、この会社から内定をもらえたのに・・・・と悔しい思いをしている人も多いことでしょう。

スキルを磨くことでそのあたり上手にコントロールしてほしいと思います。


当スクールのインテリアデザイン教育にご興味がある方、または受講を希望される方は、下記のフォームから資料請求、体験授業に是非ともご参加ください

資料請求はコチラ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

http://www.kandy.ne.jp/form/dataclaim/

体験授業、コース説明会のご参加はコチラ
http://www.kandy.ne.jp/school/freelesson.php

インテリアデザイナー・店舗デザイナー・家具・プロダクトデザイナーを目指す人はインテリアデザイン専門の学校

K&Y INTERIOR DESIGN SCHOOLへ


2015年08月05日(Wed)▲ページの先頭へ
就職が決まりました〜お盆明けから出勤です!!
今日も暑いですね。東京は連日の猛暑。

おはようという前に暑いねで人と会うとこの言葉しか出てきません(^_^;)

そんな中、スクールには爽やかな(?)うれしいニュースが届きました!!

就職活動中の店舗デザイナーコースの卒業生から就職内定を頂いた連絡が朝一番に入りました。会社はアパレルメーカーの店舗出展を多く手掛ける大手のデザイン会社です。
その卒業生自身が販売経験があるので、このようなデザイン会社を希望していました。

土曜日に面接に行くという連絡はもらっていたのですが、日曜日に連絡がなかったので心配しました。ですが、無事内定を決めたそうです。

面接の時、その場で内定通知を頂いたらしいのですが、自分でももう一度ゆっくり考えてお返事したいとその場では返事をせず持ち帰ったそうです。

K&Yインテリアデザインスクールの卒業生は、その場で内定通知を頂く人が多いです。
ポートフォリオを先に送っているので実務の技術レベルは実証済み。あとは面談で人柄ややる気を確認するだけなのでそのパターンが多いです。

ですが、スクールではその場では返事をせず、必ずよく考えてから返事をするように指導しています。

自分の中ではこの会社でよいと決めていましたが、その指導を守ってひとまず持ち帰ったようです(笑)。

会社の中に自分と同じ趣味の方がおられるようで、なんとなくですがここでやっていけそうと感じたそうです。

面接の時は会社の雰囲気はしっかり見るようにと就職ガイダンスでも指導していますので、そのような感覚は大事です。

授業で使っていたマシンがWinで会社がすべてMacなので、その練習に来ると言っていました。詳しいことはそのときにまた聞きましょう。

とりあえず、良かった良かった(^_^)。

あと、別の卒業生からも内定も頂いた連絡が入っています。こちらも8月中旬から働くようです。この時期は多いですね。
まだメールだけなので詳細がわかったらこちらもご紹介します。

それでは、また!


 当スクールのインテリアデザイン教育にご興味がある方、または受講を希望される方は、下記のフォームから資料請求をどうぞ。また、随時体験授業・コース説明会も開催しています。是非ともご参加ください。

資料請求はコチラ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

http://www.kandy.ne.jp/form/dataclaim/

体験授業、コース説明会のご参加はコチラ
http://www.kandy.ne.jp/school/freelesson.php

お電話でのお問い合せは
03−5358−1351

インテリアデザイナー・店舗デザイナー・家具デザイナー・プロダクトデザイナーを目指す人はインテリアデザイン専門の学校
K&Y INTERIOR DESIGN SCHOOLへ

K&Yインテリアデザインスクールは、インテリアデザイナー・店舗デザイナー・家具デザイナー・プロダクトデザイナーを目指す人のインテリアデザイン専門の学校と建築・インテリアデザイナー、インテリアコーディネーターの為のCAD(ベクターワークス)専門の学校です。


2015年08月02日(Sun)▲ページの先頭へ
インテリア基礎知識を勉強するのはむずかしい?
K&Yインテリアデザインスクールのインテリアデザイナー・コーディネーターの為のインテリアデザイン基礎知識講座は、現在、8月9月生を募集しています。

残席のお知らせはこちらから→

この講座は一からインテリアデザインを勉強するのではなく、不得手な部分だけをセレクトすることもできるのでとても通いやすい講座です。

そのため、すでに不動産・住宅リノベーション・建材メーカー・インテリアショップなどで働いている方、建築系大学生(卒業生)、資格は取ったけど家具の3面図の描き方や素材の知識が不十分で転職する際に不安があるインテリアコーディネーターさんなどが多く通われています。

この講座でどんな勉強をしているのかをご紹介しています。
その続きです。

T 製図・構造材
U 家具・造作家具
V マーケティング・プレゼンテーション
W 法規・設備

インテリア基礎知識コースは上記の4つのブロックに分かれています。
(※インテリア基礎知識講座はCADのスキルは必要ありません)

T 製図・構造材 と、U 家具・造作家具の授業内容は前回しました→

次は、V マーケティング・プレゼンテーション

これもマーケティングの基礎を学んだら、調査にためにすぐに街に出掛けます。
(K&Yインテリアデザインスクールは街に出掛けるのが好きです(笑))

表参道
表参道03

マーケティングの調査のスクールブログはこちらから→

街並みや、その街にどんな人々が集まってるのかを調査した後は、スクールに戻ってアナライス・スタディ。

街はどうだったかをディスカッションして、新しい企画提案をするためにブレインストーミング(アイデア・課題抽出)で企画書作成。ちゃんとイメージボードも制作します。

マーケティング02
それをみんなの前でプレゼンテーション(※K&Yインテリアスクールではこのようなプチプレゼンは授業の中で頻繁にあります。)

マーケティング03

企画の流れがうまくないと、「なぜそうなるんですか?」とか、「なぜそれが必要なんですか?」と突っ込まれます(^_^;)。

初めての企画作りは、良いアイデアは出ているのですが、なかなかうまく人に伝えることがでません。このとき、人に自分の考えを伝えることがどんなに難しいことをみんなは感じます。

どんなにすばらしいアイデアでも、人に伝わらなければそれは良い企画とは言えません。自分で発表したり、人のを聞いたりすると、自分のどこが悪いのかがわかりますし徐々にプレゼンがうまくなります。

人前で上手に話せなかった男性が、この講座を受講して頭が整理できて、それからずいぶんうまく話せるようになったと報告がありました(^.^)。

次は、W 法規・設備

建築法規や設備の基本の勉強をして、初めてのプラニングをします。CIMG2113
CIMG2111
いろいろな資料を参考にしながらレイアウトプランを考えます。
intriror-10

レイアウトプランを完成させたあとはインテリアコーディネーションレクチャー。

CIMG2121
P6300005
センスのいいコーディネーションボードを作るにはこつがあります。
intriror-8
intriror-9
きれいなセンスいいカラースキーム&マティリアルボードが完成しました。

P6300004
最後に、ここでもプレゼンテーションです。

この講座を受講されたリノベーションの営業の方は、講座終了後、自分でプランニングが出来るようになって今ではほとんどの物件でプランニングをしているとおっしゃっていました。

ここまでが、インテリア基礎知識の授業内容の一部です。いかがでしたか?

短期間でこれだけの知識を身に着けるには、効率よくまとめられたカリキュラムで実務経験のある講師から学ぶことが一番だと思います。

このようにK&Yインテリアデザインスクールは、実務に則ったカリキュラムをインプットとアウトプットを繰り返しながら学習していく少人数制の授業です。


 当スクールのインテリアデザイン教育にご興味がある方、または受講を希望される方は、下記のフォームから資料請求をどうぞ。また、随時体験授業・コース説明会も開催しています。是非ともご参加ください。

資料請求はコチラ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

http://www.kandy.ne.jp/form/dataclaim/

体験授業、コース説明会のご参加はコチラ
http://www.kandy.ne.jp/school/freelesson.php

お電話でのお問い合せは
03−5358−1351

インテリアデザイナー・店舗デザイナー・家具デザイナー・プロダクトデザイナーを目指す人はインテリアデザイン専門の学校
K&Y INTERIOR DESIGN SCHOOLへ

K&Yインテリアデザインスクールは、インテリアデザイナー・店舗デザイナー・家具デザイナー・プロダクトデザイナーを目指す人のインテリアデザイン専門の学校と建築・インテリアデザイナー、インテリアコーディネーターの為のCAD(ベクターワークス)専門の学校です。


不得手な部分をセレクトできる通いやすい講座。
K&Yインテリアデザインスクールのインテリアデザイナー・コーディネーターの為のインテリアデザイン基礎知識講座は、現在、8月9月生を募集しています。

残席のお知らせはこちらから→

この講座は一からインテリアデザインを勉強するのではなく、不得手な部分だけをセレクトすることもできるのでとても通いやすい講座です。

そのため、すでに不動産・住宅リノベーション・建材メーカー・インテリアショップなどで働いている方、建築系大学生(卒業生)、資格は取ったけど家具の3面図の描き方や素材の知識が不十分で転職する際に不安があるインテリアコーディネーターさんなどが多く通われています。

今日はこの講座でどんな勉強をしているのかをご紹介。

T 製図・構造材
U 家具・造作家具
V マーケティング・プレゼンテーション
W 法規・設備

インテリア基礎知識講座は上記の4つのブロックに分かれています。
(※インテリア基礎知識講座はCADのスキルは必要ありません)

まずは、 T 製図・構造材
intriror-1
intriror-2
intriror-3

製図は、床、壁、天井の仕上げ材の勉強と一緒に、インテリア図面に必要な平面図・展開図・天井伏図の描き方を学習しながら手描きで図面を完成させます。

上の図面を見るととてもむずかしいそうに感じるかもしれませんが、描き方の基本と順番を学べば誰でも描くことができます。

6e57ca8019aaae5a
14
17
この授業では、同時に建築物の構造、素材などを現場写真を見ながら勉強していきますので、今描いてる線が何を表しているのかよくわかります。

図面を描くことがむずかしいと思うのは、この線が何を表してるのかが分からないからです。

最初、図面資料をみんなに渡すと、これが本当に描けるようになるのか不安な声を上げますが、完成したときは達成感で大満足の笑顔になります(^_^)。これが描けたことで製図ってきちんと学べはそんなに難しくないんだなと感じ自信が付くと思います。これから勉強がどんどん楽しくなりますよ♪

インテリアコーディネーター資格試験の勉強をしている方が、問題集だけを解いても言葉だけではぜんぜん分からなかったのが、この勉強で良く分かるようになりましたと言ってました。

あと、資格試験で必要な手描き図面の勉強にもなりますからね(^.^)。



次は U 家具・造作家具
intriror-4

家具図面は上面図、正面図、側面(断面)図という3面図法で完成させなくてはいけません。演習で家具図面の描き方を学んで、家具の素材(木、ガラス、プラスティック、鉄、銅)を勉強していきます。

そのあと街に家具の見学に出掛けます♪

P6180145
このスクールブログでもよく紹介するインテリアショップ・ショールーム見学に出掛けた様子はこちらから→

この授業が一番楽しいと基礎クラスのみんなは言います。

出掛ける前に、名作椅子や家具の基礎知識を身につけたから出掛けますので、見学に行って勉強した家具を見ると感動するようです(笑)

そのあとはオリジナルプランの家具をデザインします。
intriror-7
intriror-6


図面の演習で描くときと違って、自分のプランを図面に起こすことは難しいです。でも、街に出掛けていろいろな家具をじっくりと見ているので、初めての家具デザインにしては立派なものをみんなは完成させます。

このようにK&Yインテリアデザインスクールは、実務に則ったカリキュラムをインプットとアウトプットを繰り返しながら学習していく少人数制の授業です。

次は、V マーケティング・プレゼンテーション、W 法規・設備の授業の様子をご紹介していきます♪





当スクールのインテリアデザイン教育にご興味がある方、または受講を希望される方は、下記のフォームから資料請求をどうぞ。また、随時体験授業・コース説明会も開催しています。是非ともご参加ください。

資料請求はコチラ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

http://www.kandy.ne.jp/form/dataclaim/

体験授業、コース説明会のご参加はコチラ
http://www.kandy.ne.jp/school/freelesson.php

お電話でのお問い合せは
03−5358−1351

インテリアデザイナー・店舗デザイナー・家具デザイナー・プロダクトデザイナーを目指す人はインテリアデザイン専門の学校
K&Y INTERIOR DESIGN SCHOOLへ

K&Yインテリアデザインスクールは、インテリアデザイナー・店舗デザイナー・家具デザイナー・プロダクトデザイナーを目指す人のインテリアデザイン専門の学校と建築・インテリアデザイナー、インテリアコーディネーターの為のCAD(ベクターワークス)専門の学校です。


2015年07月26日(Sun)▲ページの先頭へ
夏季休暇のお知らせ
===夏季休暇のお知らせ===

K&Y INTERIOR DESIGN SCHOOLは2015年8月10日(月)〜15日(土)まで休館となります。

9日(日)まで体験授業、コース説明会は開催しております。
 資料請求、体験授業のご予約は、下記URLより行えますので是非ご利用下さい。

資料請求の方はコチラ
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
http://kandy.ne.jp/form/dataclaim/

体験授業・コース説明会のお申込はコチラ
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
http://kandy.ne.jp/school/freelesson.php

※休館日中の資料請求・体験授業のご予約・お問合せに関するメールは、2015年8月16日(日)以降に順次対応させていただきます。予めご了承下さい。


K&Yインテリアデザインスクールへの、お問合せに関する通常受付時間は下記の通りです。

火−金  11:30 〜 20:00

土・日  9:30 〜 18:00  

月    休館日




※受講生の方へ
フリータイムレッスンは、8月16日(日)からとなります。
8月16日(日)のフリータイムレッスンのご予約は、8月9日(日)に予約ができますので、ご予約の方は午後6時までにご連絡をお願いします。

8月18日(火)以降のフリータイムレッスンのご予約は通常通りとなります。


2015年07月22日(Wed)▲ページの先頭へ
就職が決まった卒業生がやってきました。
今日は朝からスクールホームページが、サーバーの調子が悪くて閲覧できない状態でした。とりあえずトップはご覧になれますが、お問い合わせのフォームなどがまだ復旧していないそうです。
ご迷惑をお掛けしております。


話は変わって
昨日、就職が決まった店舗デザイナーコースの卒業生がやってきました。
スクールに遊びに来たわけではなくて、CAD(ベクターワークス)の練習です。

この卒業生はすでに7月から働き出しているのですが、いままでは研修でした。それも終わって来週から本格的にCAD(ベクターワークス)を使って設計アシスタントの仕事が始まるので、ちょっと忘れがちだったベクターワークスの練習をやりに来たそうです(笑)。

久しぶりに画面をみながら、やばい操作を忘れている〜と初めは騒いでいますが、ものの10分もしたらすいすいと操作は進んでいました。
「操作方法を忘れていなくて良かったです」と卒業生。

この卒業生の就職した会社はデザイン事務所ではなくて、なんと写真スタジオ。

もちろんカメラマンの仕事をするわけではなくて、スタジオを作るお仕事です。一軒屋を改修して撮影用のバックシーンが何箇所かあるスタジオを作っていくそうです。

以前、スクールブログでも紹介した渋谷のこのスタジオ→★の一軒家バージョンですね。
聞いているだけで楽しそうなお仕事です(^_^)。

本人もすごく楽しくてしかたがないらしく、会社はこれから全国につきつぎ展開していくのでいろいろなセットやシーンが考えられるのでそれが楽しみといってました。

よかったですね。仕事が楽しいのか一番です。これから暑くなるので身体には十分気をつけてほしいですね。われわれはそれだけが心配です。

今回の卒業生は写真スタジオの会社に就職しました。今、デザイン力は、設計やデザイン事務所だけではなく、いろいろなところで必要とされています。デザインを勉強するということは自分が描く夢に大きく近づくということです。





当スクールのインテリアデザイン教育にご興味がある方、または受講を希望される方は、下記のフォームから資料請求をどうぞ。また、随時体験授業・コース説明会も開催しています。是非ともご参加ください。

資料請求はコチラ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

http://www.kandy.ne.jp/form/dataclaim/

体験授業、コース説明会のご参加はコチラ
http://www.kandy.ne.jp/school/freelesson.php

お電話でのお問い合せは
03−5358−1351

インテリアデザイナー・店舗デザイナー・家具デザイナー・プロダクトデザイナーを目指す人はインテリアデザイン専門の学校
K&Y INTERIOR DESIGN SCHOOLへ

K&Yインテリアデザインスクールは、インテリアデザイナー・店舗デザイナー・家具デザイナー・プロダクトデザイナーを目指す人のインテリアデザイン専門の学校と建築・インテリアデザイナー、インテリアコーディネーターの為のCAD(ベクターワークス)専門の学校です。




2015年07月21日(Tue)▲ページの先頭へ
デザイナー トム・ディクソンさん
本日7月17日(金)にTOM DIXON SHOP (トム・ディクソン ショップ)が、青山にオープンしました。→

それに先がけて内覧会があり、トム・ディクソン氏ご本人がロンドンから来日され、プレゼンテーションされました。

そのときのお話がとても有意義ですばらしいものだったのでみなさんにご紹介します。

tom dixon shop_11


tom dixon shop_13
初めはデザイナーになろうとは思っていなかった。

tom dixon shop_85
クラブDJやロックミュージシャンなどをしながら生計を立てていたが、あるときバイク事故を起こした。

tom dixon shop_17
それがきっかけで骨に興味をもって

tom dixon shop_18
これができました(笑)

pylon(塔)は送電線を支える鉄塔をイメージしてデザインされたチェアですが、その頃からどんなものでも骨組みがどうなっているのか興味をもったそうです。

このプレゼンテーションでときどきジョークが入るのですが、英語が得意でない私は、そこで笑えることなのかわからず遅れて笑っていました(-_-;)

ジョークはネイティブでないとわかりにくいです(笑)

tom dixon shop_14
そのあと、破損したバイクの修理をきっかけに独学で溶接の技術を取得。
tom dixon shop_16
tom dixon shop_19
溶接技術を生かし、街中で見つけてきた廃品などでオブジェや家具を製作し、その作品が知人たちの間で評判となり、本格的に家具デザイナーの道に進みます。

この経歴はとても有名なお話です。

いまでも、古いギロチン台を使って鉄をカットするみたいなことをおっしゃっていました。これにはちょっとびっくりしましたが、こんな素材の探究心から特異な作品が生まれているのですね。


このあと、インドとのある出会いがあります。
tom dixon shop_22
昔、インドでは真鍮(銅)の甕を使って水汲みをしていました。

tom dixon shop_23
これは、真鍮をハンマーで打ちつけ、独特の打痕模様を付けるインドの伝統的技法です。

tom dixon shop_24
今はこんなカラフルなプラスティックの甕です。

これにがっかりした彼はこのハンドメイドの伝統技術を残すプロジェクトを立ち上げます。
その一環としてインドの真鍮職人に依頼して製作された真鍮製の照明。

tom dixon shop_26

tom dixon shop_21

これが大ヒット!!
シェードのフォルムはインドの寺院の屋根のかたちや釣鐘に触発されたものです。


tom dixon shop_25

現在、ネット検索で『TOM DIXON 』と入力するとたくさんのショッピングサイトで商品が出てきます。

でもほとんどが偽物です。

偽物とは知らず購入している消費者もたくさんいます。そんな消費者に直に本物を見て、知ってほしいとの思いで、アジアの拠点となる東京青山にショップをオープンしたそうです。

tom dixon shop_27


後ろの壁に映っているのは、ロンドンの運河に面した元埠頭ポートベロードックにあるトム・ディクソンのショールーム兼ショップ。

ショップには、トムがデザインした商品、セレクト品が揃っています。最新プロジェクトの展示もみられるそうです。

愛娘フローレンスさんがが経営するカフェや季節の料理が楽しめる人気のレストランもあるそうです。
夏休みにロンドンに行かれる方は是非寄ってみてはいかがでしょう。

Tom Dixon Shop
Wharf Building Portobello Dock
344 Ladbroke Grove London W10 5BU
tel. 1+44-20-7183-9737

トム・ディクソン氏はプロダクトデザインだけではなく、空間デザインも手掛けます。ロンドンのショールーム兼ショップでそれを請け負っているので、ゆくゆくは東京のショップでも空間デザインまでを手掛けたいとおっしゃっていました。

ファッションの世界では、自分の名前をつけたブランドメーカーはたくさんあるのにインテリアにはないのはおかしいし、消費者にデザイナーの世界感が伝わりにくいのでブランドを立ち上げた。立ちあげるには、素材や在庫の商品管理、ビジネスとしての成功などすべて責任を負わなくてはいけないのでたいへんむずかしいが、自分の考えで商品を作ることができるのでそれがうれしいとおっしゃっていました。

鉄くずからマネーを生んだといわれ、イギリスのデザイン・シーンに活気をもたらしたトム・ディクソン氏。彼が作り出すオブジェはまるで錬金術のようだと、2000年にはイギリスの産業界への功績が認められ大英勲章も受章。

トム・ディクソン氏は、手工芸とインダストリアル・テクノロジーをつなぐものを模索しながら作品を発表する極めて現代的なデザイナーの一人でありますが、立派なビジネスマンでもありました。

ここには、たくさんの伝統工芸技術をもつ日本で活躍する若きデザイナーたちにも、なにかしら触発されるものがありそうです。

スクールでも是非ショップの見学会を開催したいと思います!!


TOM DIXON SHOP

所在地: 東京都渋谷区渋谷2--1--13
電話番号:03-5778-3282
営業時間:11:00 〜 19:00
定休日:水曜日

http://www.tomdixon.jp












当スクールのインテリアデザイン教育にご興味がある方、または受講を希望される方は、下記のフォームから資料請求をどうぞ。また、随時体験授業・コース説明会も開催しています。是非ともご参加ください。

資料請求はコチラ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

http://www.kandy.ne.jp/form/dataclaim/

体験授業、コース説明会のご参加はコチラ
http://www.kandy.ne.jp/school/freelesson.php

お電話でのお問い合せは
03−5358−1351

インテリアデザイナー・店舗デザイナー・家具デザイナー・プロダクトデザイナーを目指す人はインテリアデザイン専門の学校
K&Y INTERIOR DESIGN SCHOOLへ

K&Yインテリアデザインスクールは、インテリアデザイナー・店舗デザイナー・家具デザイナー・プロダクトデザイナーを目指す人のインテリアデザイン専門の学校と建築・インテリアデザイナー、インテリアコーディネーターの為のCAD(ベクターワークス)専門の学校です。


1 2 3 4 5 6 7 8 9 10    全300件




新着トラックバック/コメント


カレンダ
2017年12月
         
18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

アーカイブ
2006年 (30)
3月 (5)
4月 (6)
6月 (1)
8月 (1)
10月 (5)
11月 (4)
12月 (8)
2007年 (82)
1月 (13)
2月 (7)
3月 (8)
4月 (7)
5月 (8)
6月 (10)
7月 (10)
8月 (7)
9月 (8)
10月 (1)
11月 (2)
12月 (1)
2008年 (79)
1月 (3)
2月 (9)
3月 (4)
4月 (9)
5月 (5)
6月 (3)
7月 (3)
8月 (7)
9月 (10)
10月 (8)
11月 (10)
12月 (8)
2009年 (154)
1月 (11)
2月 (13)
3月 (12)
4月 (18)
5月 (12)
6月 (9)
7月 (11)
8月 (9)
9月 (10)
10月 (12)
11月 (21)
12月 (16)
2010年 (174)
1月 (9)
2月 (15)
3月 (11)
4月 (13)
5月 (10)
6月 (10)
7月 (11)
8月 (17)
9月 (20)
10月 (13)
11月 (19)
12月 (26)
2011年 (208)
1月 (19)
2月 (11)
3月 (14)
4月 (19)
5月 (11)
6月 (19)
7月 (22)
8月 (23)
9月 (25)
10月 (20)
11月 (13)
12月 (12)
2012年 (181)
1月 (11)
2月 (11)
3月 (15)
4月 (16)
5月 (9)
6月 (10)
7月 (6)
8月 (11)
9月 (7)
10月 (14)
11月 (55)
12月 (16)
2013年 (156)
1月 (15)
2月 (13)
3月 (12)
4月 (16)
5月 (6)
6月 (6)
7月 (6)
8月 (10)
9月 (10)
10月 (19)
11月 (19)
12月 (24)
2014年 (158)
1月 (7)
2月 (12)
3月 (12)
4月 (14)
5月 (15)
6月 (22)
7月 (19)
8月 (16)
9月 (11)
10月 (8)
11月 (12)
12月 (10)
2015年 (101)
1月 (8)
2月 (8)
3月 (10)
4月 (19)
5月 (9)
6月 (9)
7月 (11)
8月 (10)
9月 (6)
10月 (7)
11月 (4)

アクセスカウンタ
今日:256
昨日:368
累計:1,728,383