インテリアデザイン スクールへGO

東京代々木のあるインテリアデザインスクールからのメール




[PR]



2015年11月08日(Sun)▲ページの先頭へ
デザインウィークに行ってきました♪ @
今週はスクールは何かと忙しい一週間で、ブログ更新が久しぶりになりました。(^_^;)

今日は朝から冷たい雨です。

1階のコンピューター室は授業以外にフリーレッスンにこられている方がいますね。

雨だから行くところもないのでCADのレッスンをしようということでしょうか。それは良いことです(^_^)

そんな中、先週の日曜日はデザインウイーク見学に行ってきました。みなさんもいろいろと廻られたと思いますが、この日はとってもお天気が良くって気持ちよかったですね♪

初めはみんなと一緒に廻る予定でしたが、スケジュールや人それぞれ見たいところが違ったりして、結局どこを廻るか決まらないので、バラバラに出掛けることにしました。

ですが、ここでちょっと笑えるのが、途中別のチームとばったり出会いました。

彼らは私たちとは別のところに行くつもりが道を間違えてうろうろ・・・この道はあなたたちの目的地とぜんぜん違う方向ですよって教えると、えー、とびっくり(笑)

その彼らも合流し、まずは北青山のカールハンセン&サンのショールームへ。

PB010016

PB010005

カールハンセン&サンは、あのYチェアで有名な北欧の家具メーカーです。

PB010002

PB010007


私たちが訪問したときは朝一番だったので、ショールームの方が、それはそれは丁寧にカールハンセン&サンの歴史やYチェアのことをお話して下さり、ちょっとしたセミナーのようで知らなかったことを教えて頂き、彼らは大変感激していました。


ここから、また別々に分かれてショールーム・ショップ巡り♪

ですが、ここで私たちはショールーム・ショップではないところへ。

なんとデザイナーさんの事務所にお邪魔したんです。

この時期How studioといって、特別に事務所を開放するイベントがあったのです。
この日一緒に廻ったのが家具・プロダクトデザインコースの卒業生だったので、このコースを選びました。

PB010018

S&O DESIGNの清水久和氏の事務所は、清水久和氏がたいせつに集められた昔なつかしいものから現在に至る雑貨や文房具が展示されていました。
視点がおもしろいものばかりで、このようにきれいに並べるとすべてがたいせつなもので、グッドデザインだということがわかります。

次はプロダクトデザイナー鈴木啓太氏のオフィスへ
PB010024

鈴木啓太氏の大ヒットした富士山グラスの写真が入り口に飾ってありました。

PB010022

昨年訪問したときはオフィスは中目黒にありましたが、今は南青山のビルの1階に引越しをされて、今一番勢いのあるデザイナーさんだということがわかる事務所でした。

スタッフさんに進行中のプロジェクトのお話など詳しく聞けて勉強になりました。就活中の卒業生はこんな事務所で働けたら幸せと就職活動に俄然意欲的に取り組むと刺激を受けていました(^_^)

記事が長くなったので、一旦ここで終わります。

デザインウィークに行ってました♪はAへ続きます。。。






当スクールのインテリアデザイン教育にご興味がある方、または受講を希望される方は、下記のフォームから資料請求、体験授業に是非ともご参加ください

資料請求はコチラ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

http://www.kandy.ne.jp/form/dataclaim/

体験授業、コース説明会のご参加はコチラ
http://www.kandy.ne.jp/school/freelesson.php

インテリアデザイナー・店舗デザイナー・家具・プロダクトデザイナーを目指す人はインテリアデザイン専門の学校




2015年10月29日(Thu)▲ページの先頭へ
就職が決まった卒業生が遊びにきてくれました〜♪
先週の火曜日からインテリア全日コースの開講し、10月生コースがすべてスタートしました。

これでスクールもちょっと落ち着きましたね。

でも、インテリアコースの応用クラス次の課題のためには制作に動いています。

最近、CADコースの方たちも、年末に向けて仕事が忙しくなってきて授業の予約を入れたかと思ったら、
「すいません、やっぱり仕事が終わらないので授業キャンセルにしてください」とのお電話なども多くて、あいかわらずスクールの中はバタバタしています(笑)。

最近のCADコースは現役で働いている方が多く通われているのでしかたがないですね。

そんな中、先週ブログでも書いた就職を決めた卒業生が遊びに来てくれました。

みんなのためにおやつにとお土産持参だったのですが、写真を撮る前にみんなで頂いてしまいました(^_^;)。

誰かが撮ったと思ったのですが・・・折角持ってきてくれたのにごめんね。

breezebox_ybg-20


頂いたお土産はこんな感じでここのです(笑)。→ ヨックモック

みんなが大好きなヨックモックのお菓子なのであっという間になくなりました。

店舗デザイナーコースの卒業生は11月から西麻布のインテリアデザイン事務所で働きます。

われわれも授業があるのでゆっくり話ができなかったのですが、これから就職活動をする受講生に何かアドバイスはないかと尋ねたら、好きなデザイン事務所に作品(ポートフォーリオ)と履歴書・職務経歴書を送って、面接を受けて内定をもらっただけでいたって普通ですよって余裕の笑顔か返ってきました(^_^)。

それなりに就職活動はたいへんだったと思いますが、自分の希望するデザイン事務所に決まって本当に良かったです。

それにしても今日は、外は少し風があって冷たいですが良いお天気です。

今、東京のいたるところでデザインイベントをしていますので、時間がある方はできるだけたくさんのところを廻ってみてください♪

スクールでもみんなで廻る計画があるようです。

みなさんもデザインイベントに是非出掛けてみてください♪




当スクールのインテリアデザイン教育にご興味がある方、または受講を希望される方は、下記のフォームから資料請求、体験授業に是非ともご参加ください

資料請求はコチラ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

http://www.kandy.ne.jp/form/dataclaim/

体験授業、コース説明会のご参加はコチラ
http://www.kandy.ne.jp/school/freelesson.php

インテリアデザイナー・店舗デザイナー・家具・プロダクトデザイナーを目指す人はインテリアデザイン専門の学校




2015年10月24日(Sat)▲ページの先頭へ
デザインイベント週間が始まりました〜
先週から開催している東京ミッドタウンのTokyo Midtown DESIGN TOUCH 2015(デザインタッチ)を除いて、ほとんどが今週からスタートする東京で開催のデザインイベント。

都内のインテリアショップやショールームがこの期間、様々なインテリアイベントを開催します。

K&Yインテリアデザインスクールでは、受講生のみんなにたくさんのデザインイベントに行ってほしいと思っています。

もともとスクールは、教育の一環でインテリアショップやショールームに出掛ける課外授業を多く組み込んだカリキュラムです。

見て触れて感じることがデザイン教育には欠かせないと考えています。そのためにはこの時期にたくさんの良質なデザインに触れてみてください。

過去にはこんなにたくさんの課外授業が・・・

そして、このような課外授業の経験は就職したときに大いに役に立ちます。


だから今回もスクールでは、このデザインイベントの一部をみんなと出掛ける計画があります。

みんなと出掛けるなんて♪ なんて楽しいスクールなんでしょう(^_^)。

そして、個人で行かれる方もどこへ行くか計画を立てましょう。やみくもに行っても時間が足りなくなりますからね(^.^)。

インテリア情報サイトにイベントの記事を日々更新していますので、ここをチェック→ 

あと、インテリア情報サイトスタッフさんが書いているブログも秋のイベントをまとめたものがありますのでこちらもチェック→ 

それを読んでまずは興味のあるものをチェック!!それから場所をチェック!!

これから、とても気持ちいい季節です。是非みなさんもデザインイベントに出掛けてみてください♪




当スクールのインテリアデザイン教育にご興味がある方、または受講を希望される方は、下記のフォームから資料請求、体験授業に是非ともご参加ください

資料請求はコチラ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

http://www.kandy.ne.jp/form/dataclaim/

体験授業、コース説明会のご参加はコチラ
http://www.kandy.ne.jp/school/freelesson.php

インテリアデザイナー・店舗デザイナー・家具・プロダクトデザイナーを目指す人はインテリアデザイン専門の学校






2015年10月18日(Sun)▲ページの先頭へ
秋の公開プレゼンテーションが開催されました。
2015年10月11日にK&Yインテリアデザインスクールでは、2015年秋の公開プレゼンテーションが開催されました。
公開プレゼンテーション04

このプレゼンテーションはインテリアコースの応用クラスの受講生の作品発表の場の公開プレゼンテーションです。
公開プレゼンテーション02
公開プレゼンテーション01

今回の公開プレゼンテーションの計画地は『南新宿』!!
この計画地にインテリア全日コース店舗デザイナーコースは、『ワールドバザールを作る』をテーマとした店舗の提案を行いました。公開プレゼンテーション09
公開プレゼンテーション08
公開プレゼンテーション05

受講生全員が土日や仕事のお休みに関係なく、空いている時間があればとにかくスクールに来て課題制作をしていました。プレゼン前のチェックでは、修正箇所がたくさん出てしまった人もいましたね。でも、しっかりと修正して本番に間に合わせることができました。この3ヶ月間は大変だったと思います。本当にお疲れ様でした。公開プレゼンテーション07
公開プレゼンテーション06
今回のプレゼンで卒業となった方は、指摘を受けた部分を早めに修正して、就職活動に必要なポートフォリオを完成させてくださいね。


今回の公開プレゼンテーションで発表された作品は、K&YインテリアデザインスクールのHPで公開していますので、お時間のある方は是非ご覧ください。
プレゼンテーション作品はコチラ
↓↓↓
http://www.kandy.ne.jp/event/event_8_44.htm

過去の各コースの作品はコチラ
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
http://www.kandy.ne.jp/works/



当スクールのインテリアデザイン教育にご興味がある方、または受講を希望される方は、下記のフォームから資料請求、体験授業に是非ともご参加ください

資料請求はコチラ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

http://www.kandy.ne.jp/form/dataclaim/

体験授業、コース説明会のご参加はコチラ
http://www.kandy.ne.jp/school/freelesson.php

インテリアデザイナー・店舗デザイナー・家具・プロダクトデザイナーを目指す人はインテリアデザイン専門の学校

K&Y INTERIOR DESIGN SCHOOLへ


2015年10月17日(Sat)▲ページの先頭へ
インテリアデザイン基礎知識10月・11月生募集中!!
K&Yインテリアデザインスクールのインテリアデザイナー・コーディネーターの為のインテリアデザイン基礎知識講座募集のお知らせです。

インテリアデザイナー・インテリアコーディネーターにとってインテリア基礎知識はなくてはならない大切なもの。この知識がなくては、インテリアのお仕事はできません。そのインテリア基礎知識をまとめて学習するのではなく、ブロックごとに自分の取りたい講座だけを習得できる便利なコース。

一からインテリアデザインを勉強するのではなく、不得手な部分をセレクトできるので、とても通いやすい講座です。

10月・11月生講座残席は以下の通りです。

<2015年10月22日スタートの木金コース>
製図・構成材 授業(1)
10月22日(木)10:00〜15:50  
製図・構成材 授業(2)
10月23日(金)10:00〜15:50  
製図・構成材 授業(3)
10月29日(木)10:00〜15:50  
製図・構成材 授業(4)
10月30日(金)10:00〜15:50
※空席があります。

<2015年11月05日スタートの木金コース>
家具・造作家具 授業(1)
11月05日(木)10:00〜15:50  
家具・造作家具 授業(2)
11月06日(金)10:00〜15:50  
家具・造作家具 授業(3)
11月12日(木)10:00〜15:50  
家具・造作家具 授業(4)
11月13日(金)10:00〜15:50
※空席があります。

<2015年11月21日スタートの土曜コース>
家具・造作家具 授業(1)(2)
11月21日(土) 10:00〜17:30 
家具・造作家具 授業(3)(4)
12月05日(土)10:00〜17:30
家具・造作家具 授業(5)(6)
12月19日(土) 10:00〜17:30
※空席があります。

<2015年11月17日スタートの火曜夜間コース>
家具・造作家具 授業(1)
11月17日(火)19:00〜22:00 
家具・造作家具 授業(2)
11月24日(火)19:00〜22:00 
家具・造作家具 授業(3)
12月01日(火) 19:00〜22:00
家具・造作家具 授業(4)
12月08日(火)19:00〜22:00 
家具・造作家具 授業(5)
12月15日(火)19:00〜22:00 
家具・造作家具 授業(6)
12月22日(火) 19:00〜22:00 
※空席があります。

<2015年11月22日スタートの日曜コース>
法規・設備 授業(1)(2)
11月22日(日)10:00〜17:30  
法規・設備 授業(3)(4)
12月06日(日)10:00〜17:30  
法規・設備 授業(5)(6)
12月20日(日)10:00〜17:30  
締め切りました。

※スケジュールは変更になることが有ります。

2015年10月・11月からの講義スケジュールの全体詳細

2015年10月・11月のインテリアデザイン基礎知識の講座は、クラスによっては混み合ってきていますので、お申し込みをご検討中の方はお早めに!!

受講料は、一講座3時間の授業が6回 合計18時間で¥51,840(8%税込)
(※K&Yインテリアデザインスクールでの受講が始めての方は初回のみ入学登録料¥10,800)
その他、一部の教材費+ショールーム見学交通費は自己負担となります。
4講座まとめてお申し込みの方は10%OFFとなります。

席数に限りがありますので、ご希望の方はお早めに!!

講座のお申し込みはこちらの申し込み用紙をダウンロードして、FAX(03-5358-1352)または、郵送でお送り下さい。



2016年1月スタートの講座のお申込みも受け付けております。
日程は1月のスケジュールを確認ください。

T製図・構造材  
(昼間木金曜コース、隔週日曜コース)

U家具・造作家具 
(昼間木金曜コース、隔週日曜コース)

Vマーケティング・プレゼンテーション 
(昼間木金曜コース、夜間火曜コース、隔週土曜コース)

W法規・設備 
(昼間木金曜コース、夜間火曜コース、隔週土曜コース)

このインテリア基礎知識は必要なブロックだけを受講する事も可能ですし、4ブロック全てを受講する事もできますので、ご興味のある講座がありましたら、詳しくはこちらから




 当スクールのインテリアデザイン教育にご興味がある方、または受講を希望される方は、下記のフォームから資料請求をどうぞ。また、随時体験授業・コース説明会も開催しています。是非ともご参加ください。

資料請求はコチラ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

http://www.kandy.ne.jp/form/dataclaim/

体験授業、コース説明会のご参加はコチラ
http://www.kandy.ne.jp/school/freelesson.php

お電話でのお問い合せは
03−5358−1351

インテリアデザイナー・店舗デザイナー・家具デザイナー・プロダクトデザイナーを目指す人はインテリアデザイン専門の学校
K&Y INTERIOR DESIGN SCHOOLへ

K&Yインテリアデザインスクールは、インテリアデザイナー・店舗デザイナー・家具デザイナー・プロダクトデザイナーを目指す人のインテリアデザイン専門の学校と建築・インテリアデザイナー、インテリアコーディネーターの為のCAD(ベクターワークス)専門の学校です。


2015年10月11日(Sun)▲ページの先頭へ
11月から働きます。〜就職が決まりました!
おはようございます。3連休の中、今日は生憎の雨ですね。

昨日まで10月生の入学やプレゼンテーションの準備でバタバタしておりまして、ブログ更新が久しぶりとなりました(^_^;)

K&Yインテリアデザインスクールは今日は公開プレゼンテーションの日です。

昨日までプレゼンターはこの日のために忙しいながら時間を見つけてはスクールに通って作品制作に励みました。

今回も力作ばかりです(^.^)


そんな中、卒業生から就職が決まった報告メールが来ました。


以下、卒業生のメールです。

↓   ↓


 こんにちは。
 7月に卒業しました□□です。
 公開プレゼンテーションと求人案内のご連絡ありがとうございます。


中略

 公開プレゼンテーションには不参加でお願い致します。
 伺う予定ではありましたが、別の予定が入ってしまった為、伺えなくなりました。すみません。

 就職活動の状況ですが、○○株式会社という企業から内定を頂き、11月から勤務する事に決まりました。

 現在、オフィス空間を中心に総合コンサルティングを行っている企業で、オフィス空間を提案するコンサルタントとして仕事に携わる事に決めました。

 企業としては、今後オフィス空間だけでなく、店舗コンサルティングにも力を注いでいき、人員も増やしていくとの話で、自分自身を高めるにはとても良い環境で、チャンスに満ちあふれていると感じたので入社を決めました。面接の際に代表と話をさせて頂き、仕事に対する考え方、これからのビジョンなど共感できる部分が多かったのも決め手の一つとなりました。

空間を提案する為には様々な専門知識も必要ですし、お客様の前での立ち振る舞いなども気を配る必要があるかと思います。
 
お客様から信頼を得るというのは簡単な事ではないと思いますが、自分で決めた仕事ですので、一つ一つの仕事に真剣にデザイン思考を持って取り組んでいきたいと思います。

 最後になりますが、1年間ご指導ありがとうございました。学校で学んでいた時間は、今振り返れば、自分を成長させる為に必要な時間であり、貴重な時間であったと感じます。

 ○○




このようなしっかりしたメールが届きました(^_^)

実はこの卒業生は、入学時は自分の考えを伝える事が非常に苦手でした。最初は、先生たちからもたくさん厳しいことを言われたと思います。ですが、卒業時のプレゼンテーションではしっかりとした口調で、自分の考えを整理し上手に伝えることができるようになっていました。とてもすばらしいプレゼンテーションになり、合評の先生たちにも褒められました。

指導していたわれわれも彼の成長は目を見張るものがありました。

これが彼の自信になったと思います。


よかったです。本当にうれしいです(^_^)。


さて今日はどんなすばらしいプレゼンテーションが見られるか楽しみです。





当スクールのインテリアデザイン教育にご興味がある方、または受講を希望される方は、下記のフォームから資料請求、体験授業に是非ともご参加ください

資料請求はコチラ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

http://www.kandy.ne.jp/form/dataclaim/

体験授業、コース説明会のご参加はコチラ
http://www.kandy.ne.jp/school/freelesson.php

インテリアデザイナー・店舗デザイナー・家具・プロダクトデザイナーを目指す人はインテリアデザイン専門の学校






2015年09月27日(Sun)▲ページの先頭へ
飲み込みが早い人ってどんな人?
飲み込みが早い人ってどんな人だろうって、よく講師の間で話にでます。

それについて考えてみました(^_^)。

要領がいい、記憶力が良い、理解力があるとか知能的な頭の良さで決まりそうですが、はたしてそれだけでしょうか?

それだけではないような気がします。

飲み込みが悪いのは経験不足と容量不足が原因で誰でも起こることです。

周りを見てみると、飲み込みが早い人は、普段から新しいことに挑戦したり経験を積むことをいとわないと考えている人だと思います。

新しいことに挑戦したり経験を積むことをいとわないと考えている人は、内容を理解できることはもちろんのこと、考える力があり、自分の考えを人に的確に伝える能力、問題を解決できる能力を持っています。

誰だって新しいことを始めると覚えることがたくさんあって疲れます。ですが「物覚え」というのは「慣れ」です。

常に何かに「挑戦する」という姿勢を忘れないということは、新しいことを始めてそれに慣れるというコツを掴みやすくなります。何かをやることに面倒くさがらないことも大事です。

そうすると、自分は何でもできると「自信」がつきます。

まずは、何かに「挑戦する」という行動を起こし、スクールに通ったことで、最後は自分は何でもできると「自信」をつけて卒業していきます。

そんな能力や自信を身に着けることで、飲み込みが早い人に変わっていく。そのような人をK&Yインテリアデザインスクールでは何人も見てきました。

そして、卒業生たちは生き生きと仕事を続けています。もちろん今でも毎日何かに挑戦し続けています。

K&Yインテリアデザインスクールの技術力だけでなく、このような実力もついてくるカリキュラム内容です。

あなたも「挑戦する」という行動と「自信」をつけに、K&Yインテリアデザインスクールで学びませんか?





当スクールのインテリアデザイン教育にご興味がある方、または受講を希望される方は、下記のフォームから資料請求、体験授業に是非ともご参加ください

資料請求はコチラ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

http://www.kandy.ne.jp/form/dataclaim/

体験授業、コース説明会のご参加はコチラ
http://www.kandy.ne.jp/school/freelesson.php

インテリアデザイナー・店舗デザイナー・家具・プロダクトデザイナーを目指す人はインテリアデザイン専門の学校



2015年09月22日(Tue)▲ページの先頭へ
求人企業様からこんなメールが届きました。
こんにちは。今日も気持ちよく晴れていますね(^_^)

巷はシルバーウィークですが、K&Yインテリアデザインスクールは通常通り授業をやっています。

この連休中はフリーレッスンにこられる方が多いですね。

特にインテリアコース応用クラスの受講生の方は、秋のプレゼンテーションまで日にちが迫っていますので、時間を見つけては足繁く通っています。



ところで、6月に就職した卒業生の勤めている企業からこんなうれしいメールが届きました。


K&Yインテリアデザインスクール就職ご担当
戸田様

お世話になっております。

その節はたいへんお世話になりました。

ご紹介いただきました、□□△さんが無事正社員になりましたことを
ご報告させていただきます。

□□△さんは、毎日真面目に一生懸命働いており、
仕事の飲み込みも早く、まわりからも信頼を得ています。

良い人材をご紹介していただきまして大変感謝しております。

中略・・

研修期間3ヶ月が経過しましたので本人との話し合いで
正社員として勤務してもらうことになりました。

弊社としましては、あと1.2人は希望しております。
候補者がありましたらご紹介のほどよろしくお願いします。

○○ (株) 採用担当 □□


こんなメールを頂くと本当にうれしいですよね。

この企業様が求人依頼をされたとき、中々うちに良い人材とめぐり合えなくて・・とおっしゃっていたので、こんなメールを頂くだけで本当にうれしいです。

本人からも夏ごろ、先輩たちから良くしてもらってどんどん仕事を覚えていっています。
仕事を覚えていくことがこんなに楽しいとは思いませんでした。

と、明るいメールが届いていました。

よっぽど楽しいんでしょうね。

あんまり感情を表に出す子ではなかったので、このメールにびっくりしました。


順調そうで良かったです。


K&Yインテリアデザインスクールの卒業生たちは、しっかりとしたポートフォリオ(作品)を持って、就職活動に挑んでいます。そのポートフォリオ(作品)で面接官はその人の仕事能力を判断しますので、この制作は大事なものです。

そんな就職活動用のポートフォリオ(作品)の発表会である公開プレゼンテーションが、10月11日(日)に開催されます。

そのために1階のコンピュータールームでは今日も真剣な表情で応用クラスの受講生たちは制作に励んでいます。

これが終わるまでなんかスクール全体がざわついています(笑)

毎回この時期になるとこうなんですが、スクールとしても優秀なたくさんの卒業生を送り出したいので、落ち着かないのは仕方がないかな(^_^;)








当スクールのインテリアデザイン教育にご興味がある方、または受講を希望される方は、下記のフォームから資料請求、体験授業に是非ともご参加ください

資料請求はコチラ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

http://www.kandy.ne.jp/form/dataclaim/

体験授業、コース説明会のご参加はコチラ
http://www.kandy.ne.jp/school/freelesson.php

インテリアデザイナー・店舗デザイナー・家具・プロダクトデザイナーを目指す人はインテリアデザイン専門の学校


2015年09月20日(Sun)▲ページの先頭へ
清水の舞台から飛び降りるくらいの大きな買い物
先週から、4月に卒業した受講生がそろそろ仕事も一段落ついたので就職活動の準備をしにきています。

そのとき彼女がうれしそうにこんなことを話してくれました。

なんと彼女はあこがれの椅子を買ったらしいです。

「清水の舞台から飛び降りるつもりで買いました!」

買った椅子はイームズのイームズプライウッドチェア
LCW_OU-m-01-dl


購入したのはアクタスだったらしいのですが、ハーマンミラー社の保証書つきの正規品です。→

確かに清水の舞台から飛び降りるつもりくらいの買い物です(笑)。

「今、毎日家に帰るのが楽しみで幸せなときを過ごしています(^_^)。」と本当にうれしそうでした。


私は授業のときなどに、家具は一つ一つでもいいから良く吟味してから、良いもの(できれば正規ブランド品)を買いなさいと言っています。

巷では、有名デザイナーのデザイン版権を使ったリプロダクトやジェネリック家具などもあります。それは絶対ダメとは言いませんが、インテリアデザイナーや家具デザイナー、ショップバイヤーを目指している人はやはり本物を使ってほしいです。

リプロダクトやジェネリック家具を説明したまとめサイトがあります→

本物を使ってこそ、クライアントに本物のデザイン提案ができるのです。

ブランド物は確かに高いです。ですが、少しずつ貯金をして、初めは一つづつ買い足していくのでもいいと思います。

家具は長く使うものです。それだけ吟味して買ったものは将来も絶対ゴミになりません。むしろ財産になります。

中途半端なものを買ってあとでゴミにするくらいなら、リサイクルショップや代替品をどこから貰ってくるかして、買えるまで我慢しなさいとみんなに言うと、えーそんなーと笑っています。

それくらいの気持ちで使い手にならなければ、本当にいいものを作る作り手にはなれないと本気で私は思っていますので、これからもみんなに言い続けます(笑)。

それに上質の家具は本当に人々を幸せにしてくれます。

特に品物が届くまで待ち遠しくて幸せです(^_^)。






当スクールのインテリアデザイン教育にご興味がある方、または受講を希望される方は、下記のフォームから資料請求、体験授業に是非ともご参加ください

資料請求はコチラ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

http://www.kandy.ne.jp/form/dataclaim/

体験授業、コース説明会のご参加はコチラ
http://www.kandy.ne.jp/school/freelesson.php

インテリアデザイナー・店舗デザイナー・家具・プロダクトデザイナーを目指す人はインテリアデザイン専門の学校





2015年09月10日(Thu)▲ページの先頭へ
二人暮らしに最適なコンパクトな住まい
先月末、インテリア全日コース応用クラスの作品発表の公開プレゼンテーションがありました。

スクールでは、基礎編でインテリアの基礎知識を学んだあと、応用編で実践型授業のカリキュラムで進めています。その発表の場が公開プレゼンテーションです。

20481927

K&Yインテリアデザインスクールでは春、夏、秋、冬に、応用クラス全員の作品発表会があります。

公開プレゼンテーションの様子→

今回のプレゼンテーションはこれとは別に平日に開催されたものです。

その実践型カリキュラムの一貫で、 代々木に建つオフィスビルを、賃貸アパートメントにリニューアルコンバージョンする住宅プランの学習です。

空室率が高い都心の中古オフィスビルを、従来のアパートメントに立て替えても、問題の解決にはなりません。そこで新時代のソフトを取り入れ、新たなビジネスモデルを組み込んだアパートメントの提案です。

そのプレゼンテーションで「二人暮らしに最適なコンパクトな住まい」という題名の新しいアパートメントを提案した、ちょっとユニーク課題に取り組んだ受講生の作品をご紹介します。

「二人暮らしに最適なコンパクトな住まい」と題名は普通なんですが、このアパートメントは男女カップルはもちろんのこと、今話題の同性カップルも入居可能なアパートメントなんです。

まずは、二人で暮らすことはどうことなのかを調べるうちに、個人を尊重しながら暮らす同性カップルの生活をお手本に今回のアパートメントをデザインしてみようと考えたそうです。

よくまとまっている作品です。→

スライド1

この作品以外にも、このようなユニークな企画の作品がたくさんあります。

ご覧ください→





当スクールのインテリアデザイン教育にご興味がある方、または受講を希望される方は、下記のフォームから資料請求、体験授業に是非ともご参加ください

資料請求はコチラ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

http://www.kandy.ne.jp/form/dataclaim/

体験授業、コース説明会のご参加はコチラ
http://www.kandy.ne.jp/school/freelesson.php

インテリアデザイナー・店舗デザイナー・家具・プロダクトデザイナーを目指す人はインテリアデザイン専門の学校





2015年09月06日(Sun)▲ページの先頭へ
脳内疲労を起こすマーケティングプレゼンテーション授業
今週はインテリアデザイン基礎知識コース夜間クラスのマーケティング授業でプレゼンテーションが行われました。

「商業施設をリノベーションする」という課題に対して、企画の立て方、プレゼンテーション方法を学びます。

最後の授業では、みんなの前で自分が考えた企画をイメージボードと一緒に発表します。

マーケティング04

いつもは発表前に予行練習を行うのですが、今回は時間がなくほとんどの方が、ぶっつけ本番で望むことになりました(笑)。

今回のプレゼンテーションで重要な部分は、自分のやりたい商業施設の企画を単に発表すれば良いと言う事ではなく、今何が必要とされているか、どうしてここに作る必要があるのか等の時代背景をしっかりと調べて、『哲学・ビジョン・コンセプト』を明確に打ち出し、それに繋がる企画詳細を出さなくてはいけません。

マーケティング03

企画作成の段階では、この時代背景・哲学・ビジョン・コンセプトをうまくまとめるということができず苦労しましたね。

言いたいことがたくさんあってまとまらず、最初に言っていたことと違う内容だったり、内容が少しずれているのかなと感じる人もいましたが、全体的にはみんな良くまとまった発表でした。

マーケティング01
マーケティング02


自分の考えを人に伝えると言うことは本当に難しいことです。

言葉を少し間違えただけでまったく違う意味に捉えられたり、考えがうまく伝わらないことがあります。

特に今回のような企画の発表は、話す内容をしっかりと整理し、順序立てて説明をしないと本当に伝わりません。そこがこの授業の重要なところでもあり、難しい部分でもあります。

この授業を終えた受講生に話を聞くと、CAD図面やPC作業の大変さとは違って頭の中が本当に疲れると言います。それくらい深く考えて企画をまとめます。

でも、これを経験をする前と後ではまったく違います。

この発表をしたことでK&Yインテリアデザインスクールの受講生たちは、自分の考えをうまく伝えられるようになり話し上手になったという人が多いです。これは就職面談にも役に立ちます。

これから先も、企画を発表するという機会が多くあると思います。そのときは今回の授業のことを思い出してくださいね(^_^)。


当スクールのインテリアデザイン教育にご興味がある方、または受講を希望される方は、下記のフォームから資料請求、体験授業に是非ともご参加ください

資料請求はコチラ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

http://www.kandy.ne.jp/form/dataclaim/

体験授業、コース説明会のご参加はコチラ
http://www.kandy.ne.jp/school/freelesson.php

インテリアデザイナー・店舗デザイナー・家具・プロダクトデザイナーを目指す人はインテリアデザイン専門の学校


2015年09月02日(Wed)▲ページの先頭へ
在校生・卒業生の夏休み報告
フェイスブックに、在校生・卒業生たちの夏休み報告がたくさん届いてます。

時期をずらしてお休みをとった人が多く、意外に実家で過ごしたって人は少ないですね。

在校生は実家で過ごしたり、軽井沢、那須などの避暑地へ出掛けた人、温泉にいった人と国内旅行がほとんでした。

卒業生は海外に出掛けた人が多かったようです。
一番多かったのはアジア。シンガポール、バリ島、フィリピンセブ島、タイのバンコクなど暑いところが中心です。

ヨーロッパに行った人は食万博開催中のミラノに行った人もいました。イタリア全土を廻るツアーだったらしく、ミラノは一泊2日だったので、改めてもう一度行きたいと言ってました。4月に結婚したけど新婚旅行がまだだったのでゆっくりしてきましたということです。

北欧も二人いました。北欧は夏が一番だーと別々に行った二人が言っていました。ほんと、いいところなんでしょうね(^.^)。

ニューヨークでミュージカル三昧した人もいました。これは経験あるからわかる〜(^_^)。

あと、アフリカに出掛けた人も・・といっても北アフリカのマラケシュですが、この卒業生は女性一人旅で現地で日本人の旅行者とお友達になったみたいで一緒に写真を撮っていました。

夏フェスに行った人もいました。
サマーソニックで喉が枯れるくらい騒ぎましたーとから、私が知らない聞いたこともないフェスに行った人も・・。夏フェスってたくさんあるんですね(^.^)。

そのほかに新たな出発をした人たちも・・・
家を買ってリノベーションを思案中の人、独立して事務所をオープンさせた人と様々です。

2月、8月は二八(にっぱち)と言って、店舗系のビジネスは景気が一番悪いといわれています。一番暇な時期に改装をやるところが多く、ちょうど夏休み前が引渡しだった卒業生もいました。無事引渡しを迎えて長い夏休みに入りますという報告もありました。

自分が担当したしたお店の3DCGがメディア用に使われてそれがうれしかったというかわいい卒業生のコメントもありました(^.^)。

夏休みは長いお休みをもらえなかったので、シルバーウィークで9連休をもらったと報告する人も。

毎日たくさんのお仕事をかかえていて、長期のお休みを取りづらいK&Yの卒業生たち。

でも、お休みのときはおもいっきり遊んで楽しんでいる姿は、K&Yインテリアデザインスクールの卒業生らしくて良いですね(^.^)。

今を充実させている報告を貰うたびに本当にうれしくなります。

K&Yインテリアデザインスクールのみんな がんばれ! ファイト!





当スクールのインテリアデザイン教育にご興味がある方、または受講を希望される方は、下記のフォームから資料請求、体験授業に是非ともご参加ください

資料請求はコチラ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

http://www.kandy.ne.jp/form/dataclaim/

体験授業、コース説明会のご参加はコチラ
http://www.kandy.ne.jp/school/freelesson.php

インテリアデザイナー・店舗デザイナー・家具・プロダクトデザイナーを目指す人はインテリアデザイン専門の学校


2015年08月26日(Wed)▲ページの先頭へ
応用コースの課題で南新宿を市場調査
現在、インテリアコースの店舗デザイナーインテリア全日応用クラスは、南新宿を課題地にした作品を制作中。

一足先に、夜間クラス、土曜クラス、日曜クラスは制作に取り掛かって、インテリア全日クラスは昨日からこの課題に取り掛かっています。

minami_shinjuku_9

課題制作にあたってのスタートは市場調査から。

課題が南新宿に建つ商業施設ビルディングに企画から店舗プランニングまでを提案するので現地を調査します。

昨日は曇り空で写真が全体的に暗いですね(^_^;)。でも雨に降られてなくて良かった(^_^)

近年、南新宿は再開発が進み、次々に新しいビルが建設されました。

minami_shinjuku_8

minami_shinjuku_7

南新宿市場調査の一番最初はタイムズスクエア高島屋新宿店に向かいます。

ビルが建つ課題地を高島屋新宿店の向かい側として想定しているからです。

minami_shinjuku_1

課題地の説明のあと、新宿高島屋に入店。

ここでの写真はありません。撮影がNGでした。

minami_shinjuku_4

最上階まで店内を一通り廻って屋上で休憩。

minami_shinjuku_3

minami_shinjuku_2

新宿高島屋の屋上はガーデンテラスになっていて休憩には最適な場所です。

minami_shinjuku_6

屋上から見る新宿御苑。
こうやって見ると新宿は意外に緑が多いところです。

minami_shinjuku_5

休憩をしたあとは、甲州街道を渡って、ルミネ1.2やエストなどを廻って新宿の繁華街を調査しました。

minami_shinjuku_10


インテリアコース応用クラスの作品発表の公開プレゼンテーションは10月11日(日)です。

さてさて、どんな作品が出来上げるのでしょう。楽しみです!!

過去の南新宿の作品はこちらからご覧になれます。→ 



2015年08月23日(Sun)▲ページの先頭へ
麻布十番納涼まつりに行ってきました♪
こんにちは受講生の■■です。

昨日、スクールのみんなと麻布十番納涼まつりに行ってきました。

みなさん、このお祭りってご存知ですか?

私は知らなかったのですが、先生に聞いたら昔からやっているお祭りで、外国人が多いよって。

麻布十番も一度も行ったことがなかったので、それでみんなで行ってみようということになりました。

大江戸線の電車も地下鉄をすごい人出で、地上に上がるところからすでにイカ焼きのいい匂いが・・

20150822_164333_resized
20150822_164341_resized

地上に出てびっくりしました。
すごい人です。
外国人の方も多くて、中国系の人が一番多かったかな?
屋台もたくさん出ています。

azabujuban_mathuri_6

長い列をつくっていたところではカキ氷を売ってました。

暑かったので食べたいものはみんな同じです。

azabujuban_mathuri_8

スイーツ系も売られていますが、やっぱり多いのは海鮮系でした。

でも、みんなの食べたいものがバラバラ(笑)。
azabujuban_mathuri_11
azabujuban_mathuri_14
azabujuban_mathuri_24
azabujuban_mathuri_26


あとで買物をする人と場所取りをする人にに分かれたのですが、買物は苦労しました。

みんなあれも食べたいこれも食べたいとうるさかったです(笑)

azabujuban_mathuri_18


広場ではコンサートもやっていました〜

お祭りといっても屋台ばかりで、ひたすら飲んで食べてばかり・・・

でもとっても楽しかったな♪

また来年も行ってみたいと思いました!!

麻布十番納涼まつりは今日もやっています。


2015年08月20日(Thu)▲ページの先頭へ
「アール・デコの邸宅美術館」展に行ってきました♪
teien_art_21

インテリア全日応用コース受講生の△○です。
昨日、K&Yインテリアデザインスクールの課外授業「美術館へいこう」がありました。

「美術館へいこう」とは、インテリアデザイナー、インテリアコーディネーターにとって感性を磨く、センスを学ぶのはアートを見ることを習慣づけるのが一番!と考えるスクールが定期的に開催しているイベントです。

(※今までの「美術館へいこう」は→こちら

出かけたのは庭園美術館で開催中の「アールデコの邸宅美術館」展です。

忘れないうちに早速その感想を書きました(^_^)。

teien_art_1
今回の展覧会は、旧朝香宮邸そのものを鑑賞する「建築をみる2015」展とコレクターたちが収集した名品を集めた「ART DECO COLLECTORS」展と2つの展覧会です。

teien_art_2
teien_art_3
teien_art_6
teien_art_9
teien_art_11
teien_art_12

まずは建築を中心に見るようにと言われましたので、アールデコ建築をしっかり見ました(^_^)。

旧朝香宮邸で使われている素材(テクスチャー)は全て天然素材で、現在の空間で使われているものはほとんどがプラスチック素材なのでその違いをしっかり見て、と言われましたが、正直違いが良く分かりませんでした(笑)
もう少ししたらわかるようになるのかな・・・(^_^;)

teien_art_16
teien_art_17
teien_art_18
特にしっかり見なさいと言われたのが天井。

今応用コースの課題を3DCGで形を作りながらデザインしているのですが、先生に天井をもう少し工夫してとよく言われます。

天井はフラットに真っ直ぐ、壁は全部一緒の素材を張ってますから。普段自分がいかに天井や壁をみていないかわかります(^_^;)。

teien_art_4
teien_art_5
ラジエーターのカバーは一つ一つデザインがされていました。

シンプルながらちゃんとデザインされた邸宅を見ながら、自分のデザインはアイデアのポケットが小さいと思いました。

まだまだたくさんのものを見なくては良いデザインはできません。

teien_art_8
teien_art_7
旧朝香宮邸で使われていた家具や銀食器も一緒に展示されています。

teien_art_10
teien_art_13
teien_art_14


teien_art_19
teien_art_15
窓辺から見る中庭が素敵でした。

次は新館ギャラリー1へ。カッサンドルという画家のリトグラフのポスターや、アールデコの家具、ルネ・ラリックのガラス製品が展示されていました。ここは写真がNGでした。

旧朝香宮邸も撮影がOKなのは平日のみらしいです。

新館ギャラリー2では、パリの街でアールデコとアールヌーボーを比べる映像が流れていて、その違いが良く分かりました。

teien_art_20


このあと、庭園と白金の街を散歩して帰りました。充実した一日でした(^_^)。

アール・デコの邸宅美術館」展は9月23日(水・祝)まで開催中。→







当スクールのインテリアデザイン教育にご興味がある方、または受講を希望される方は、下記のフォームから資料請求、体験授業に是非ともご参加ください

資料請求はコチラ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

http://www.kandy.ne.jp/form/dataclaim/

体験授業、コース説明会のご参加はコチラ
http://www.kandy.ne.jp/school/freelesson.php

インテリアデザイナー・店舗デザイナー・家具・プロダクトデザイナーを目指す人はインテリアデザイン専門の学校


2015年08月17日(Mon)▲ページの先頭へ
マーケティング講義のプレゼンテーション
昨日まで、お休みしていたK&Yインテリアデザインスクールですが、今日から授業を開始しました。

お休み中、たくさんの資料請求や体験授業・コース説明会のご予約などいただきましたが、順次対応していきますので、今しばらくお待ちください。

さて、今日はお休み前におこなったインテリアコース基礎編(土曜クラス)の受講生による、マーケティング講義のプレゼンテーションの様子をご紹介します。

基礎編クラスはマーケティング講義で商業施設をリノベーションするという課題に対して、企画の立て方、プレゼンテーション方法を学びます。そして最後の授業で行われるのが今回のプレゼンテーション!みんなの前で自分が考えた企画を発表します。

マーケティング02
マーケティング01

プレゼンの直前までイメージボードの作成や、リノベーションする施設の詳細部分を考えたりと、それぞれとても忙しくしていましたね。残念ながら時間に間に合わず、他の方がプレゼンをしている時に一生懸命に考えて発表することになった受講生もいました。

今回のマーケティング授業のプレゼンテーションは自分のやりたい商業施設の企画を単に発表すれば良いと言うわけではありません。

今何が必要とされているか、どうしてここに作る必要があるのか等の時代背景をしっかりと調べて、『哲学・ビジョン・コンセプト』を明確に打ち出し、それに繋がる企画詳細を出さなくてはいけません。
マーケティング06
マーケティング05
アイデアを出すのは簡単そうに思えますが、実は仮説に沿ったアイデアを企画書にするという作業が難しいのです!

今回も、この哲学・ビジョン・コンセプトを導き出す部分でつまずいてしまった受講生や、アイデアが出なかった受講生がいました。初めてこういった作業をするという方が多かったためか、なかなか形にならずとても苦労していましたね。
マーケティング07
マーケティング03
マーケティング04
深い部分まで考え抜かないとありきたりのものを詰め込んだ商業施設になってしまいます。良いアイデアを導き出すためにも、哲学・ビジョン・コンセプトは非常に重要なキーワードになっているということがこの授業を通じて理解できたのではないでしょうか。

これから応用コースに進む受講生は、今回の授業を忘れないようしっかりとまとめておいてくださいね。応用ではもっと大変になりますよ!!



当スクールのインテリアデザイン教育にご興味がある方、または受講を希望される方は、下記のフォームから資料請求、体験授業に是非ともご参加ください

資料請求はコチラ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

http://www.kandy.ne.jp/form/dataclaim/

体験授業、コース説明会のご参加はコチラ
http://www.kandy.ne.jp/school/freelesson.php

インテリアデザイナー・店舗デザイナー・家具・プロダクトデザイナーを目指す人はインテリアデザイン専門の学校


2015年08月16日(Sun)▲ページの先頭へ
デザインとシナリオの関係性
みなさん、こんにちは。

K&Yインテリアデザインスクールはまだ夏休み中です。

今回はちょっと長くお休みをとって明日(土曜日)まで
スクールは休館日です。

みなさん、夏休み楽しんでますか?

わたしのブログで書いたことを、このブログでも共有します。

↓   ↓

一昨日紹介した映画「はじまりのうた」の冒頭でシンガーソングライターが、ライブハウスで歌っていたところを音楽プロデューサーが、その歌声を聞いた瞬間にアレンジが聞こえてくるシーンがあります。

映画なので音ではなくアーティストが演奏しているシーンをビジュアルでうまく表現しています。

このあと、彼らはニューヨークのいろいろな場所で録音をして、3分半の楽曲を作り上げるのですが、音楽プロデューサーにはこの時点でどんな曲が出来上がるのか見えているのです。

それがプロデューサーという仕事です。

このプロデューサーとは何なのか?デザイナー・ディレクターよりも広範囲な権限を有し、制作物の商業的な成否について責任をもつ制作全体を統括する職務。

この職業は、空間、ファッション、グラフィック、アート、音楽、映像のクリエイティブな分野で大概存在します。

K&Yインテリアデザインスクール の企画の授業で、「魔法のシナリオ」と言ってシナリオを書かせる時間があります。

初めはみんななかなか書けず何でこんなもの書くのだろう、デザインと関係ないでしょうと疑問に思っています。ですが、何度も書き直しをさせられるうちに受講生たちもだんだんその意味がわかってきます。

そうです!! これを書くことで自分の中にデザインするシーンが見えてくるのです。

この空間にはどんな人がやってきて、ここでどんな風に過ごして、どんな幸せな気持ちになって帰っていくのだろう。

ここに来た人は来たことで明日からどんな風に生きていくんだろうとシナリオが出来上がっていきます。

もちろん、空間デザインを考える職業訓練スクールなので機能的な内容も織り交ぜたシナリオです。

このシナリオを書くことは、全体を統括するプロデューサーだけでなく、デザイナー、ディレクターたちも共有(理解)しなくては、プロジェクトはまとまりませんので、いろいろなクリエティブな職種に役に立ちます。

映画の音楽プロデューサーはベテランなので、このようなシーンが見えてくるのは当たり前のことですが、デザイナーの卵ちゃんたちにはたいへんなことです(笑)。

ですが、これが見えてくる良い訓練方法があります。

それは、いろいろなところでインスピレーションを受けることです。

音楽を聴いたり、映画を観たり、アートを鑑賞したり、時には人とおしゃべりをしたり。

要するにもっと遊ぼうということです(^_^)。

このブログを読んでいるK&Yインテリアデザインスクール の在校生、卒業生のみなさん、それから、あらゆるデザインやクリエイティブの勉強をしているみなさん、この夏休みはいろいろなところに出掛けてたくさんのインスピレーションを感じましょう。

クリエティブな職業は遊ぶことも訓練なんですよ♪





 当スクールのインテリアデザイン教育にご興味がある方、または受講を希望される方は、下記のフォームから資料請求をどうぞ。また、随時体験授業・コース説明会も開催しています。是非ともご参加ください。

資料請求はコチラ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

http://www.kandy.ne.jp/form/dataclaim/

体験授業、コース説明会のご参加はコチラ
http://www.kandy.ne.jp/school/freelesson.php

お電話でのお問い合せは
03−5358−1351

インテリアデザイナー・店舗デザイナー・家具デザイナー・プロダクトデザイナーを目指す人はインテリアデザイン専門の学校
K&Y INTERIOR DESIGN SCHOOLへ

K&Yインテリアデザインスクールは、インテリアデザイナー・店舗デザイナー・家具デザイナー・プロダクトデザイナーを目指す人のインテリアデザイン専門の学校と建築・インテリアデザイナー、インテリアコーディネーターの為のCAD(ベクターワークス)専門の学校です。




2015年08月02日(Sun)▲ページの先頭へ
インテリア基礎知識を勉強するのはむずかしい?
K&Yインテリアデザインスクールのインテリアデザイナー・コーディネーターの為のインテリアデザイン基礎知識講座は、現在、8月9月生を募集しています。

残席のお知らせはこちらから→

この講座は一からインテリアデザインを勉強するのではなく、不得手な部分だけをセレクトすることもできるのでとても通いやすい講座です。

そのため、すでに不動産・住宅リノベーション・建材メーカー・インテリアショップなどで働いている方、建築系大学生(卒業生)、資格は取ったけど家具の3面図の描き方や素材の知識が不十分で転職する際に不安があるインテリアコーディネーターさんなどが多く通われています。

この講座でどんな勉強をしているのかをご紹介しています。
その続きです。

T 製図・構造材
U 家具・造作家具
V マーケティング・プレゼンテーション
W 法規・設備

インテリア基礎知識コースは上記の4つのブロックに分かれています。
(※インテリア基礎知識講座はCADのスキルは必要ありません)

T 製図・構造材 と、U 家具・造作家具の授業内容は前回しました→

次は、V マーケティング・プレゼンテーション

これもマーケティングの基礎を学んだら、調査にためにすぐに街に出掛けます。
(K&Yインテリアデザインスクールは街に出掛けるのが好きです(笑))

表参道
表参道03

マーケティングの調査のスクールブログはこちらから→

街並みや、その街にどんな人々が集まってるのかを調査した後は、スクールに戻ってアナライス・スタディ。

街はどうだったかをディスカッションして、新しい企画提案をするためにブレインストーミング(アイデア・課題抽出)で企画書作成。ちゃんとイメージボードも制作します。

マーケティング02
それをみんなの前でプレゼンテーション(※K&Yインテリアスクールではこのようなプチプレゼンは授業の中で頻繁にあります。)

マーケティング03

企画の流れがうまくないと、「なぜそうなるんですか?」とか、「なぜそれが必要なんですか?」と突っ込まれます(^_^;)。

初めての企画作りは、良いアイデアは出ているのですが、なかなかうまく人に伝えることがでません。このとき、人に自分の考えを伝えることがどんなに難しいことをみんなは感じます。

どんなにすばらしいアイデアでも、人に伝わらなければそれは良い企画とは言えません。自分で発表したり、人のを聞いたりすると、自分のどこが悪いのかがわかりますし徐々にプレゼンがうまくなります。

人前で上手に話せなかった男性が、この講座を受講して頭が整理できて、それからずいぶんうまく話せるようになったと報告がありました(^.^)。

次は、W 法規・設備

建築法規や設備の基本の勉強をして、初めてのプラニングをします。CIMG2113
CIMG2111
いろいろな資料を参考にしながらレイアウトプランを考えます。
intriror-10

レイアウトプランを完成させたあとはインテリアコーディネーションレクチャー。

CIMG2121
P6300005
センスのいいコーディネーションボードを作るにはこつがあります。
intriror-8
intriror-9
きれいなセンスいいカラースキーム&マティリアルボードが完成しました。

P6300004
最後に、ここでもプレゼンテーションです。

この講座を受講されたリノベーションの営業の方は、講座終了後、自分でプランニングが出来るようになって今ではほとんどの物件でプランニングをしているとおっしゃっていました。

ここまでが、インテリア基礎知識の授業内容の一部です。いかがでしたか?

短期間でこれだけの知識を身に着けるには、効率よくまとめられたカリキュラムで実務経験のある講師から学ぶことが一番だと思います。

このようにK&Yインテリアデザインスクールは、実務に則ったカリキュラムをインプットとアウトプットを繰り返しながら学習していく少人数制の授業です。


 当スクールのインテリアデザイン教育にご興味がある方、または受講を希望される方は、下記のフォームから資料請求をどうぞ。また、随時体験授業・コース説明会も開催しています。是非ともご参加ください。

資料請求はコチラ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

http://www.kandy.ne.jp/form/dataclaim/

体験授業、コース説明会のご参加はコチラ
http://www.kandy.ne.jp/school/freelesson.php

お電話でのお問い合せは
03−5358−1351

インテリアデザイナー・店舗デザイナー・家具デザイナー・プロダクトデザイナーを目指す人はインテリアデザイン専門の学校
K&Y INTERIOR DESIGN SCHOOLへ

K&Yインテリアデザインスクールは、インテリアデザイナー・店舗デザイナー・家具デザイナー・プロダクトデザイナーを目指す人のインテリアデザイン専門の学校と建築・インテリアデザイナー、インテリアコーディネーターの為のCAD(ベクターワークス)専門の学校です。


不得手な部分をセレクトできる通いやすい講座。
K&Yインテリアデザインスクールのインテリアデザイナー・コーディネーターの為のインテリアデザイン基礎知識講座は、現在、8月9月生を募集しています。

残席のお知らせはこちらから→

この講座は一からインテリアデザインを勉強するのではなく、不得手な部分だけをセレクトすることもできるのでとても通いやすい講座です。

そのため、すでに不動産・住宅リノベーション・建材メーカー・インテリアショップなどで働いている方、建築系大学生(卒業生)、資格は取ったけど家具の3面図の描き方や素材の知識が不十分で転職する際に不安があるインテリアコーディネーターさんなどが多く通われています。

今日はこの講座でどんな勉強をしているのかをご紹介。

T 製図・構造材
U 家具・造作家具
V マーケティング・プレゼンテーション
W 法規・設備

インテリア基礎知識講座は上記の4つのブロックに分かれています。
(※インテリア基礎知識講座はCADのスキルは必要ありません)

まずは、 T 製図・構造材
intriror-1
intriror-2
intriror-3

製図は、床、壁、天井の仕上げ材の勉強と一緒に、インテリア図面に必要な平面図・展開図・天井伏図の描き方を学習しながら手描きで図面を完成させます。

上の図面を見るととてもむずかしいそうに感じるかもしれませんが、描き方の基本と順番を学べば誰でも描くことができます。

6e57ca8019aaae5a
14
17
この授業では、同時に建築物の構造、素材などを現場写真を見ながら勉強していきますので、今描いてる線が何を表しているのかよくわかります。

図面を描くことがむずかしいと思うのは、この線が何を表してるのかが分からないからです。

最初、図面資料をみんなに渡すと、これが本当に描けるようになるのか不安な声を上げますが、完成したときは達成感で大満足の笑顔になります(^_^)。これが描けたことで製図ってきちんと学べはそんなに難しくないんだなと感じ自信が付くと思います。これから勉強がどんどん楽しくなりますよ♪

インテリアコーディネーター資格試験の勉強をしている方が、問題集だけを解いても言葉だけではぜんぜん分からなかったのが、この勉強で良く分かるようになりましたと言ってました。

あと、資格試験で必要な手描き図面の勉強にもなりますからね(^.^)。



次は U 家具・造作家具
intriror-4

家具図面は上面図、正面図、側面(断面)図という3面図法で完成させなくてはいけません。演習で家具図面の描き方を学んで、家具の素材(木、ガラス、プラスティック、鉄、銅)を勉強していきます。

そのあと街に家具の見学に出掛けます♪

P6180145
このスクールブログでもよく紹介するインテリアショップ・ショールーム見学に出掛けた様子はこちらから→

この授業が一番楽しいと基礎クラスのみんなは言います。

出掛ける前に、名作椅子や家具の基礎知識を身につけたから出掛けますので、見学に行って勉強した家具を見ると感動するようです(笑)

そのあとはオリジナルプランの家具をデザインします。
intriror-7
intriror-6


図面の演習で描くときと違って、自分のプランを図面に起こすことは難しいです。でも、街に出掛けていろいろな家具をじっくりと見ているので、初めての家具デザインにしては立派なものをみんなは完成させます。

このようにK&Yインテリアデザインスクールは、実務に則ったカリキュラムをインプットとアウトプットを繰り返しながら学習していく少人数制の授業です。

次は、V マーケティング・プレゼンテーション、W 法規・設備の授業の様子をご紹介していきます♪





当スクールのインテリアデザイン教育にご興味がある方、または受講を希望される方は、下記のフォームから資料請求をどうぞ。また、随時体験授業・コース説明会も開催しています。是非ともご参加ください。

資料請求はコチラ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

http://www.kandy.ne.jp/form/dataclaim/

体験授業、コース説明会のご参加はコチラ
http://www.kandy.ne.jp/school/freelesson.php

お電話でのお問い合せは
03−5358−1351

インテリアデザイナー・店舗デザイナー・家具デザイナー・プロダクトデザイナーを目指す人はインテリアデザイン専門の学校
K&Y INTERIOR DESIGN SCHOOLへ

K&Yインテリアデザインスクールは、インテリアデザイナー・店舗デザイナー・家具デザイナー・プロダクトデザイナーを目指す人のインテリアデザイン専門の学校と建築・インテリアデザイナー、インテリアコーディネーターの為のCAD(ベクターワークス)専門の学校です。


2015年07月26日(Sun)▲ページの先頭へ
夏季休暇のお知らせ
===夏季休暇のお知らせ===

K&Y INTERIOR DESIGN SCHOOLは2015年8月10日(月)〜15日(土)まで休館となります。

9日(日)まで体験授業、コース説明会は開催しております。
 資料請求、体験授業のご予約は、下記URLより行えますので是非ご利用下さい。

資料請求の方はコチラ
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
http://kandy.ne.jp/form/dataclaim/

体験授業・コース説明会のお申込はコチラ
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
http://kandy.ne.jp/school/freelesson.php

※休館日中の資料請求・体験授業のご予約・お問合せに関するメールは、2015年8月16日(日)以降に順次対応させていただきます。予めご了承下さい。


K&Yインテリアデザインスクールへの、お問合せに関する通常受付時間は下記の通りです。

火−金  11:30 〜 20:00

土・日  9:30 〜 18:00  

月    休館日




※受講生の方へ
フリータイムレッスンは、8月16日(日)からとなります。
8月16日(日)のフリータイムレッスンのご予約は、8月9日(日)に予約ができますので、ご予約の方は午後6時までにご連絡をお願いします。

8月18日(火)以降のフリータイムレッスンのご予約は通常通りとなります。


2015年07月16日(Thu)▲ページの先頭へ
マーケティング授業の現地調査!(夜間コース編)
昨日、インテリアコース(土曜基礎クラス)のマーケティング現地調査の様子をブログでアップしましたが、今日は夜間クラスの現地調査の様子をお伝えします。

インテリアデザイン基礎知識の授業は、土曜クラスと夜間クラスは同じスケジュールで進行しているので、現地調査に出かけるタイミングも近いことが多いです。

インテリアデザイン基礎知識のスケジュールはコチラ
http://www.kandy.ne.jp/course/interior_d.shtml

今回の現地調査は土曜クラスと同様のマーケティング授業のための現地調査です。
このマーケティング授業では、商業施設をリノベーションするという課題に対して、企画立案からプレゼンテーション方法を学びます。

土曜クラス同様、企画を立てるためにはまずは現地を調査する必要がありますので、今回も原宿まで足を運びました。

土曜クラスの時に撮影した場所で同じように撮影してみました!
マーケティング05
マーケティング04
マーケティング03
土曜日の昼間よりは人通りも少なくなっていますが、それでもこの人の数!
代々木と比べても一目瞭然ですね。
( ↓↓↓ 代々木駅前 ↓↓↓ )
yoyogi

行き交う人は、会社帰りの人が多いですね。中には待ち合わせをして飲みに行く相談をしているグループもいました。土曜の昼間とは行き交う人の層が違いますね。

マーケティング02
マーケティング01
今回も夜間クラスの受講生に課題となる商業施設の中で簡単な説明をして、いったんそこで解散。そのあとは、各自街を散策します。

夜間クラスは、昼間のクラスの現地調査とは違い、行動範囲が狭くなってしまうので少し大変ですが、それでもみんなポイントはしっかりと押さえた現地調査をしてきます。

私は夜の原宿・表参道エリアを少し見て回ってからスクールに帰って来たのですが、湿度が高かったせいか、かなり汗をかいてしまいました!急いで水分補給!みんなもしっかり水分補給しながらロケーションリサーチをしました。

次回の授業では、各自どんな企画を提案するかその企画の要点整理→具体的な作成方法を勉強します。

夜間基礎クラスの受講生のみなさん、お疲れ様でした。

このように、スクールではインテリアデザインだけではなく、マーケティングや企画の学習にも力を入れています。なぜならばこの勉強はいろいろなところで生かされるからです。スクールを卒業した受講生たちが、デザイン事務所だけではなくて、企画・マーケティングなどの仕事に携わる人が多いのは、こんな勉強をしているからです。


当スクールのインテリアデザイン教育にご興味がある方、または受講を希望される方は、下記のフォームから資料請求をどうぞ。また、随時体験授業・コース説明会も開催しています。是非ともご参加ください。

資料請求はコチラ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

http://www.kandy.ne.jp/form/dataclaim/

体験授業、コース説明会のご参加はコチラ
http://www.kandy.ne.jp/school/freelesson.php

お電話でのお問い合せは
03−5358−1351

インテリアデザイナー・店舗デザイナー・家具デザイナー・プロダクトデザイナーを目指す人はインテリアデザイン専門の学校
K&Y INTERIOR DESIGN SCHOOLへ

K&Yインテリアデザインスクールは、インテリアデザイナー・店舗デザイナー・家具デザイナー・プロダクトデザイナーを目指す人のインテリアデザイン専門の学校と建築・インテリアデザイナー、インテリアコーディネーターの為のCAD(ベクターワークス)専門の学校です。


2015年07月14日(Tue)▲ページの先頭へ
初めての企画づくり〜マーケティング授業の現地調査
先週まで、インテリアコース応用クラスの現地調査の様子をご紹介していますが、今日は、基礎クラスのマーケティングの授業様子を紹介します。

マーケティング授業の現地調査のために原宿まで足を運びました。
このマーケティング授業では、商業施設をリノベーションするという課題に対して、企画立案からプレゼンテーション方法を学びます。

企画を立てるためにはまずは現地を調査する必要があります。今回はそのために原宿まで足を運んだと言うわけです。

原宿駅
表参道03
それにしても人が多い!どこを見ても人・人・人。しかもこの日はとっても暑かった・・(^_^;)

7月に入ってから太陽を拝むことがありませんでしたが、ここ数日は本当に良く晴れています。ようやく夏!!を感じさせる日となりました。

ですが、受講生達はというと、暑さのためすでにバテ気味。
しかも人が多く自分のペースで歩くことが出来ず、余計に体力を消耗することに・・・。

表参道
表参道02
東急プラザの前の交差点はたくさんの人!!

人ごみの中ようやく課題となる商業施設に到着!

ここで受講生達に簡単に説明を加え、熱中症の注意を促して各自で原宿の街の調査へ出発。

その後、各自で現地調査を終えてスクールに帰ってきたのですが、みんなの顔には疲れの色が・・・

晴れという天気には恵まれましたが、暑すぎるのも考え物です。しかし、企画を立てる上で現地の情報を知ることは本当に重要な事です。
初日なのであまり実感が無いかもしれませんが、授業が進んでいくと、その重要性がよくわかってくると思います。今日は調査結果をしっかりとまとめて次回の授業の準備をして終了。

次回の授業では、各自どんな企画を提案するかその企画の要点整理→具体的な作成方法を勉強します。

基礎クラスの受講生のみなさん、お疲れ様でした。

当スクールのインテリアデザイン教育にご興味がある方、または受講を希望される方は、下記のフォームから資料請求をどうぞ。また、随時体験授業・コース説明会も開催しています。是非ともご参加ください。

資料請求はコチラ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

http://www.kandy.ne.jp/form/dataclaim/

体験授業、コース説明会のご参加はコチラ
http://www.kandy.ne.jp/school/freelesson.php

お電話でのお問い合せは
03−5358−1351

インテリアデザイナー・店舗デザイナー・家具デザイナー・プロダクトデザイナーを目指す人はインテリアデザイン専門の学校
K&Y INTERIOR DESIGN SCHOOLへ

K&Yインテリアデザインスクールは、インテリアデザイナー・店舗デザイナー・家具デザイナー・プロダクトデザイナーを目指す人のインテリアデザイン専門の学校と建築・インテリアデザイナー、インテリアコーディネーターの為のCAD(ベクターワークス)専門の学校です。


2015年07月12日(Sun)▲ページの先頭へ
ロケーションリサーチ千駄ヶ谷編
今日は暑くなりましたね。梅雨は終わった?のでしょうか。

K&Yインテリアデザインスクールは今日もインテリアコース基礎クラスがマーケティングリサーチ授業のために原宿までみんなで出掛けました。

外に出かけるときは水分補給は各自しっかりするようにとは言ってありますが、こんな日は熱中症が心配ですね(^_^;)。

ブログは昨日の続きです。
こちらはインテリアコース全日応用クラスの代々木マーケティングリサーチです。

sendagaya_7
南新宿を廻ったあとは、明治通りを渡って千駄ヶ谷方面へ行ってみました。

sendagaya_9
千駄ヶ谷までの道のりは新宿御苑脇を通っていきましょう。緑の多い散歩に快適な道です。

sendagaya_10
新宿御苑は入園料が要りますが、休日を楽しむ公園としては最高です。

sendagaya_14
JR千駄ヶ谷駅まで行くと建築家槇文彦氏設計の東京体育館が見えます。sendagaya_15
東京体育館脇を抜けると今話題の新国立競技場の工事現場が見えてきました。坂の上から見ると広い工事現場が遠くまで見えましたが、下って近くまで来ると工事の囲い塀しか見えません。これからどんなものができるのか心配ですが楽しみでもあります。

次は千駄ヶ谷商店街。
sendagaya_18
sendagaya_16
素敵なブティックと思いきやアパレルのショールームでした。千駄ヶ谷は原宿が近いのでアパレルの会社多いところです。

sendagaya_13
sendagaya_20
sendagaya_19
このあたりは、決してにぎやかな商店街ではありませんが、こじゃれた飲食店が多く、夜になるとところどころに明かりがついて独特の雰囲気を醸し出す場所です。

sendagaya_21
ライトバンのお弁当屋さんも多いところです。
sendagaya_8
これはイタリアン専門のお弁当屋さん。パスタやパニー二のお味は本格的です。人気のテイクアウトのお店です(^_^)

また明治通りまで戻ってきて明治神宮に行く途中にこんな新しいビルを発見。
sendagaya_1
建築雑誌で話題の日建設計が手掛けたコープ共済プラザです。チェーンに植物の蔓が絡んで緑のカーテンになります。

建物全体が見れないのでなんとも言えませんが、平面・断面の計画から環境を考慮したビルと聞いています。

sendagaya_2
sendagaya_3
sendagaya_4
因みに、この近くにGAギャラリーがあります。考えてみると代々木って歴史的な建築など建築に関連する場所が多いです。

最後は明治神宮。sendagaya_22


この先は奥深い森でパワースポットがある憩いの場所です。

こうやって廻ってみると代々木は意外に緑の多いところです。どこへ行くにも便利で無機質なオフィス街ではないので仕事と生活の両方が楽しめる街。
ロケーションリサーチのあとに教室に戻って代々木の街とは?・・・のディスカッションでこんな意見が多かったです。
街の様子は実際にその場所に行ってみないとわからないものです。このようなリサーチで信頼できる情報を収集することができますし、それが企画の良否を大きく左右します。

これはプランを作る上でとても重要なことです。






当スクールのインテリアデザイン教育にご興味がある方、または受講を希望される方は、下記のフォームから資料請求をどうぞ。また、随時体験授業・コース説明会も開催しています。是非ともご参加ください。

資料請求はコチラ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

http://www.kandy.ne.jp/form/dataclaim/

体験授業、コース説明会のご参加はコチラ
http://www.kandy.ne.jp/school/freelesson.php

お電話でのお問い合せは
03−5358−1351

インテリアデザイナー・店舗デザイナー・家具デザイナー・プロダクトデザイナーを目指す人はインテリアデザイン専門の学校
K&Y INTERIOR DESIGN SCHOOLへ

K&Yインテリアデザインスクールは、インテリアデザイナー・店舗デザイナー・家具デザイナー・プロダクトデザイナーを目指す人のインテリアデザイン専門の学校と建築・インテリアデザイナー、インテリアコーディネーターの為のCAD(ベクターワークス)専門の学校です。


2015年07月11日(Sat)▲ページの先頭へ
南新宿代々木散策〜周辺リサーチ
先週からインテリアコース応用クラスの新しい課題の周辺リサーチ様子をご紹介しています。

今日はインテリア全日応用クラスの周辺リサーチです。インテリア全日応用クラスは代々木の街に住宅プランを提案する課題です。

それのために代々木の周辺リサーチをしました。

代々木は、東は明治神宮、千駄ヶ谷があり、その先は原宿。北は甲州街道を超えると新宿、南へ行くと富ヶ谷、代々木上原で、おしゃれな街に挟まれたエアーポケットのような街です。そのためか、代々木という街の名前は知っているけど、この駅に降りたことがないという人が多いですね(笑)。

その代々木の街を一周してきました。

まずは南新宿方面へ
shinjuku_1
代々木と言えば、専門学校が多いというイメージですが、それを代表するのが「山野美容専門学校」

shinjuku_14
ここは代々木ゼミナール。昔は代々木駅近くにありましたが、今は新宿寄りに高層のビルを構えています。

shinjuku_16
代々木は新宿が近くにありますので高級マンションが多いです。家賃も高そう〜

shinjuku_17
単身者用のマンションも多いです。

shinjuku_9
これはとても古い建物で巨大なマンションです。昔はとても有名な高級マンションだったそうです。

shinjuku_2
この日は曇り空でちょっと暗くて分かりにくいですが、遠くに新宿高島屋が見えます。

shinjuku_3
マンハッタンのようなドコモビルも近くです。

全体を見渡したあとは、課題が代々木に住宅プランの提案なので暮らしている人々の日常を調べます。

shinjuku_12
ワンコインのお弁当やさん。代々木は住まいというより働く人が多いので、こんなお弁当屋さんは助かりますね(^.^)

shinjuku_13
shinjuku_10

新宿はエスニック料理屋さんが多いですが、トルコ料理屋さんはめずらしいですね。美味しそう〜(^_^)。

shinjuku_19
生活意識の高い方が多く住まわれているのでオーガニックのスーパーも見かけました。

歩いているとこんなものを見つけました。
shinjuku_4
shinjuku_6
1929年から続いている人形劇団プーク。

shinjuku_7
shinjuku_18
カフェもあります。

新宿や代々木は住むというより働く場所の利用が多いところだとは思いますが、近年の都市開発で住まいとしての街の利用も多くなりました。ちょっと路地裏に入ると代々木はまだまだノスタルジーが残る街です。

次回はは千駄ヶ谷の街を廻りましたのでご紹介します。お楽しみに♪






当スクールのインテリアデザイン教育にご興味がある方、または受講を希望される方は、下記のフォームから資料請求をどうぞ。また、随時体験授業・コース説明会も開催しています。是非ともご参加ください。

資料請求はコチラ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

http://www.kandy.ne.jp/form/dataclaim/

体験授業、コース説明会のご参加はコチラ
http://www.kandy.ne.jp/school/freelesson.php

お電話でのお問い合せは
03−5358−1351

インテリアデザイナー・店舗デザイナー・家具デザイナー・プロダクトデザイナーを目指す人はインテリアデザイン専門の学校
K&Y INTERIOR DESIGN SCHOOLへ

K&Yインテリアデザインスクールは、インテリアデザイナー・店舗デザイナー・家具デザイナー・プロダクトデザイナーを目指す人のインテリアデザイン専門の学校と建築・インテリアデザイナー、インテリアコーディネーターの為のCAD(ベクターワークス)専門の学校です。


2015年07月07日(Tue)▲ページの先頭へ
現地調査は机上の10倍は勉強になる
K&Yインテリアデザインスクールインテリアコース7月生の基礎コース、応用コースがスタートしました。

先週、インテリア応用7月生コースの土曜クラスが新しいか課題のため、南新宿に現地調査に出掛けました。そのブログの続きです。

ロケーションリサーチは交通機関や往来する人々、競合ショップの類似業種、業態をリサーチするためと、周辺建物のサイン(看板)、歩道、街路樹、建物の規模や形状、ショップの内装の仕上げなど様々なもの見て廻れるのでたいへんな勉強になります。
街を廻るときに、それらを意識するしないでは、雲泥の差があります。

それではそれにはどんなものがあるのか天井から見ていきましょう。
P7040023
P7040026
P7040031
P7040018
天井には照明をつけるのがあたり前なんですが、意外にどんなものがどんな風につけてあるのかを気にしたことがありません。それに天井にはいろいろなものがついていたり、デザインもいろいろです。

次は壁
P7040042
P7040037
P7040038
壁もただの塗り壁だけでなく、木だったりレンガだったりいろいろなものが使われています。オブジェをつけるとまた雰囲気が変わります。

サイン&サンプル
P7040036
P7040033
P7040039
P7040040
サインやサンプルは見ただけでデレクションしていかなくてはいけないのでとても大事なものです。

待合(休憩コーナー)
P7040035
休憩コーナーはいまや商業施設にはかかせないものです。ゆっくり休憩できる椅子はどんなものでしょう。

P7040041
P7040002
この行列はなんだろうと考えたり、マーケティングの勉強もしました。

意識しながらいろいろなものを見ると本当に勉強になります。実際にものを見たり触ったりすることが、教室の机だけで勉強する10倍も効果があるということはこんなことなんですよ(^_^)。






当スクールのインテリアデザイン教育にご興味がある方、または受講を希望される方は、下記のフォームから資料請求をどうぞ。また、随時体験授業・コース説明会も開催しています。是非ともご参加ください。

資料請求はコチラ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

http://www.kandy.ne.jp/form/dataclaim/

体験授業、コース説明会のご参加はコチラ
http://www.kandy.ne.jp/school/freelesson.php

お電話でのお問い合せは
03−5358−1351

インテリアデザイナー・店舗デザイナー・家具デザイナー・プロダクトデザイナーを目指す人はインテリアデザイン専門の学校
K&Y INTERIOR DESIGN SCHOOLへ

K&Yインテリアデザインスクールは、インテリアデザイナー・店舗デザイナー・家具デザイナー・プロダクトデザイナーを目指す人のインテリアデザイン専門の学校と建築・インテリアデザイナー、インテリアコーディネーターの為のCAD(ベクターワークス)専門の学校です。




7月生課題スタート〜ロケーション周辺リサーチ
K&Yインテリアデザインスクールインテリアコース7月生の基礎コース、応用コースがスタートしました。

昨日、インテリア応用7月生コースの土曜クラスが新しいか課題のため、南新宿に現地調査に出掛けました。

その続きです。

P7040013
P7040017

新宿駅周辺の商業施設LUMINE新宿店 とLUMINEエスト店 を廻りました。

P7040015
P7040011

周辺をリサーチしていくと、新宿の休日は全体的に観光客が多いのですが、欧米からというより新宿の雑多な雰囲気が人口密度の高いアジアの人に人気がありそれも若者が中心だということが分かりました。

P7040004
P7040005
P7040008
P7040009
P7040019
P7040029
P7040030

両方の商業施設の全フロアの廻りました。

客層や置かれている商品、展示の仕方などマーケティングリサーチをしながら、デザインを考える上で彼らがもっとも悩むマティリアルやテクスチャーの使い方、インテリアコーディネーションまでを確認することができました。
「マティリアルをこんな使い方をしてもいいのね」とか「素材は何でも使ってみるべきですね」というような新たな発見など口々に言い合ってました。

リサーチは、机上の勉強より数倍の効果がありますね。






当スクールのインテリアデザイン教育にご興味がある方、または受講を希望される方は、下記のフォームから資料請求をどうぞ。また、随時体験授業・コース説明会も開催しています。是非ともご参加ください。

資料請求はコチラ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

http://www.kandy.ne.jp/form/dataclaim/

体験授業、コース説明会のご参加はコチラ
http://www.kandy.ne.jp/school/freelesson.php

お電話でのお問い合せは
03−5358−1351

インテリアデザイナー・店舗デザイナー・家具デザイナー・プロダクトデザイナーを目指す人はインテリアデザイン専門の学校
K&Y INTERIOR DESIGN SCHOOLへ

K&Yインテリアデザインスクールは、インテリアデザイナー・店舗デザイナー・家具デザイナー・プロダクトデザイナーを目指す人のインテリアデザイン専門の学校と建築・インテリアデザイナー、インテリアコーディネーターの為のCAD(ベクターワークス)専門の学校です。


2015年07月05日(Sun)▲ページの先頭へ
7月生応用課題スタート〜現地調査に出掛けました。
とうとう7月に入りましたね。2015年も半分が過ぎ、時が経つのはジェット機より早いと感じる今日この頃です(^_^;)。

さてK&Yインテリアデザインスクールは早くもインテリアコース7月生の基礎コース、応用コースがスタートしました。

昨日、インテリア応用7月生コースの土曜クラスが新しいか課題のための現地調査に出掛けました。

今回の課題地は南新宿。南新宿は東京の方は良くご存知だと思いますが、スクールがある代々木と目と鼻の先ですので、現地まで歩いて行きました。

まずは現地で周辺の説明を聞いて、隣の新宿高島屋店の中を調査。

20150704_115336_resized

この現地調査は課題を制作をする上でとても大事な作業です。高島屋の中にはどんなお店が入店していのか、客層は?などをリサーチします。

そして、高島新宿店を一周した後はちょっと早いのですが、ランチ。

20150704_115530_resized

時間は11時30分でランチにはちょっと早いかな?と思いましたが、このあとお店は満席になり私たちがお店を出る頃は長い行列ができていました。

20150704_115424_resized

その長い行列ができていたお店は、ジャーナルスタンダー新宿店の3階にあるハンバーガーカフェ.S. BURGERS CAFE 新宿

20150704_121038_resized

20150704_121955_resized

20150704_121537_resized

キャッシュオンの前払い方式ですが、決してファーストフードのように値段は安いわけではないです。ですが、野菜たっぷりでボリュームたっぷりのお肉の美味しさが若者を中心に人気があります。

「このお店はいつも混んでいて人気があるのよ。なぜだと思う・・」など、食事をしながら、マーケティングのことも考えます。ランチもりっぱなリサーチの勉強です。

ランチのあとは、甲州街道を渡って新宿駅周辺のリサーチへと出掛けました。






当スクールのインテリアデザイン教育にご興味がある方、または受講を希望される方は、下記のフォームから資料請求をどうぞ。また、随時体験授業・コース説明会も開催しています。是非ともご参加ください。

資料請求はコチラ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

http://www.kandy.ne.jp/form/dataclaim/

体験授業、コース説明会のご参加はコチラ
http://www.kandy.ne.jp/school/freelesson.php

お電話でのお問い合せは
03−5358−1351

インテリアデザイナー・店舗デザイナー・家具デザイナー・プロダクトデザイナーを目指す人はインテリアデザイン専門の学校
K&Y INTERIOR DESIGN SCHOOLへ

K&Yインテリアデザインスクールは、インテリアデザイナー・店舗デザイナー・家具デザイナー・プロダクトデザイナーを目指す人のインテリアデザイン専門の学校と建築・インテリアデザイナー、インテリアコーディネーターの為のCAD(ベクターワークス)専門の学校です。


2015年06月25日(Thu)▲ページの先頭へ
43回目となる公開プレゼンテーションを開催!!
2015年7月12日(日)に夏の公開プレゼンテーションがいよいよ開催されます。今回で、43回目となるK&Yインテリアデザインスクール公開プレゼンテーション!!

プレゼンテーションは、インテリアデザイナー店舗デザイナー家具・プロダクトデザイナーインテリアコーディネーターだけでなくあらゆるビジネスの場で必要不可欠なものとなっています。

自分自身の考え(デザイン)を相手にうまく伝えるためには非常に重要な手段でもあるプレゼンテーションを、スクールでは積極的に取り入れ、より実践に近い形のカリキュラムを実施してきました。
デザインを勉強した最終項目として、そのプレゼンテーション技術を必ず身につけてほしいとK&Yインテリアデザインスクールでは考えています。

そのプレゼンテーションが2015年7月12日(日)に開催されます。

このプレゼンテーションは、年4回春、夏、秋、冬に開催されるインテリアコース<応用編>受講生の為の公開プレゼンテーションです。


今回の公開プレゼンテーションの計画地は神楽坂!!
この計画地に、『神楽坂に小江戸商店街をつくる』をテーマとした店舗の提案を行います。
=====================================
日時 2015年7月12日(日)15:30〜(予定)
場所 K&Y INTERIOR DESIGN SCHOOL
=====================================


前回までの公開プレゼンテーション作品はこちら
↓ ↓ ↓
http://www.kandy.ne.jp/works/interior/


2015年06月22日(Mon)▲ページの先頭へ
アクタス新宿店〜楽しいインテリアショップ巡り♪
先週からインテリアコースのインテリア基礎クラスのショールーム・インテリアショップ巡りの様子をご紹介しています。

この授業はインテリアデザイン基礎知識の2ブロック目の家具・造作家具の授業です。

今日はインテリアコースのインテリア基礎夜間クラスの受講生達のショールーム・インテリアショップ巡りの様子をご紹介。

夜間クラスの授業は19:00からです。この時間に開いているインテリアメーカーのショールームはないので、インテリアショップ巡りだけですが、これも時間的に場所が限られますので見学場所を決めるのにいつも苦労します(^_^;)

まずは伊勢丹新宿店5階フロアーのインテリア()を見学したあとは、近くにあるアクタス新宿店へ。

P6180156
P6180157

アクタス新宿店には名作チェアがたくさんありますので、ここでクイズ形式でチェアの名前とデザイナーを言い当てっこしました(笑)。

P6180155

P6180152

もちろん前の授業でスケッチしたノートをこっそり盗み見しながら応えていましたが・・・(^_^)。まだ全部は思えていませんよ〜と文句がでました(笑)

P6180158

アクタス新宿店はキッチンの展示もありますのでたいへん勉強になります。

このあとは時間が余ったので、近くのカフェで勉強会。と言いながら夜間クラスは食事をしていないので食べながらとなり、勉強会の雰囲気とはなりませんでしたが・・・(^_^;)

また、みんなと行きたいですね〜と解散したのはなんと11時。でもそれはそれでとても楽しいインテリアショップ見学会の締めくくりとなりました〜。





当スクールのインテリアデザイン教育にご興味がある方、または受講を希望される方は、下記のフォームから資料請求をどうぞ。また、随時体験授業・コース説明会も開催しています。是非ともご参加ください。

資料請求はコチラ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

http://www.kandy.ne.jp/form/dataclaim/

体験授業、コース説明会のご参加はコチラ
http://www.kandy.ne.jp/school/freelesson.php

お電話でのお問い合せは
03−5358−1351

インテリアデザイナー・店舗デザイナー・家具デザイナー・プロダクトデザイナーを目指す人はインテリアデザイン専門の学校
K&Y INTERIOR DESIGN SCHOOLへ

K&Yインテリアデザインスクールは、インテリアデザイナー・店舗デザイナー・家具デザイナー・プロダクトデザイナーを目指す人のインテリアデザイン専門の学校と建築・インテリアデザイナー、インテリアコーディネーターの為のCAD(ベクターワークス)専門の学校です。



2015年06月21日(Sun)▲ページの先頭へ
伊勢丹新宿店〜楽しいインテリアショップ巡り♪
先週からインテリアコースのインテリア基礎クラスのショールーム・インテリアショップ巡りの様子をご紹介しています。

この授業はインテリアデザイン基礎知識の2ブロック目の家具・造作家具の授業です。

今日はインテリアコースのインテリア基礎夜間クラスの受講生達のショールーム・インテリアショップ巡りの様子をご紹介。

夜間クラスの授業は19:00からです。この時間に開いているインテリアメーカーのショールームはないのでそれは見学できません。それなのでインテリアショップ巡りだけですが、これも時間的に場所が限られますので、見学場所を決めるのにいつも苦労します(^_^;)

P6180129

この日は新宿に行きました。

P6180124

みんな仕事帰りに参加するので、ここの1階で待ち合わせ。

P6180126

P6180128

今年3月、5階インテリアフロアーを大掛かりにリニューアルした伊勢丹新宿を見学します。国際的なデザイナー森田恭通氏がインテリアデザインを手掛けました。

P6180130
P6180134

遅れて来る人たちを待っている間、こんなご愛嬌で遊んでみました(笑)。みんな仕事帰りなのに元気です(^_^)

P6180136
P6180138

デパートの中に入るとインテリアがやっぱりすご〜い。森田恭通ワールドです。

壁に貼ってある大理石を触ってこれが本物かわからな〜い、なんて声が・・・・大声を出している人は誰ですか(^_^;)。

もちろん本物ですよ・・・先生はちょっとはずかしかった・・・。

P6180140
P6180141

ここでも、いろいろなチェアに座ってみました。座っても良いチェアには座ってみましょう。でも係りの人に一言確認をとりましょうね(^.^)。

P6180142
P6180145


伊勢丹では、小物類もたくさん見てみました(^_^)


あと、とっても勉強になったのがこれ!!
P6180133
P6180148
P6180146
P6180149
P6180150
P6180151


デパートは至るところに素敵なディスプレイがあります。こんな美しいアートのディスプレイをみることはセンスを磨くのにたいへん役に立ちます。

伊勢丹新宿店だけでもボリュームあるインテリア展示を見学しましたが、このあとはアクタス新宿店に向かいました。

インテリア基礎コース夜間クラスのインテリアショップ見学会はまだまだ続きます。







当スクールのインテリアデザイン教育にご興味がある方、または受講を希望される方は、下記のフォームから資料請求をどうぞ。また、随時体験授業・コース説明会も開催しています。是非ともご参加ください。

資料請求はコチラ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

http://www.kandy.ne.jp/form/dataclaim/

体験授業、コース説明会のご参加はコチラ
http://www.kandy.ne.jp/school/freelesson.php

お電話でのお問い合せは
03−5358−1351

インテリアデザイナー・店舗デザイナー・家具デザイナー・プロダクトデザイナーを目指す人はインテリアデザイン専門の学校
K&Y INTERIOR DESIGN SCHOOLへ

K&Yインテリアデザインスクールは、インテリアデザイナー・店舗デザイナー・家具デザイナー・プロダクトデザイナーを目指す人のインテリアデザイン専門の学校と建築・インテリアデザイナー、インテリアコーディネーターの為のCAD(ベクターワークス)専門の学校です。


1 2 3 4 5 6 7 8 9 10    全300件




新着トラックバック/コメント


カレンダ
2017年12月
         
18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

アーカイブ
2006年 (30)
3月 (5)
4月 (6)
6月 (1)
8月 (1)
10月 (5)
11月 (4)
12月 (8)
2007年 (82)
1月 (13)
2月 (7)
3月 (8)
4月 (7)
5月 (8)
6月 (10)
7月 (10)
8月 (7)
9月 (8)
10月 (1)
11月 (2)
12月 (1)
2008年 (79)
1月 (3)
2月 (9)
3月 (4)
4月 (9)
5月 (5)
6月 (3)
7月 (3)
8月 (7)
9月 (10)
10月 (8)
11月 (10)
12月 (8)
2009年 (154)
1月 (11)
2月 (13)
3月 (12)
4月 (18)
5月 (12)
6月 (9)
7月 (11)
8月 (9)
9月 (10)
10月 (12)
11月 (21)
12月 (16)
2010年 (174)
1月 (9)
2月 (15)
3月 (11)
4月 (13)
5月 (10)
6月 (10)
7月 (11)
8月 (17)
9月 (20)
10月 (13)
11月 (19)
12月 (26)
2011年 (208)
1月 (19)
2月 (11)
3月 (14)
4月 (19)
5月 (11)
6月 (19)
7月 (22)
8月 (23)
9月 (25)
10月 (20)
11月 (13)
12月 (12)
2012年 (181)
1月 (11)
2月 (11)
3月 (15)
4月 (16)
5月 (9)
6月 (10)
7月 (6)
8月 (11)
9月 (7)
10月 (14)
11月 (55)
12月 (16)
2013年 (156)
1月 (15)
2月 (13)
3月 (12)
4月 (16)
5月 (6)
6月 (6)
7月 (6)
8月 (10)
9月 (10)
10月 (19)
11月 (19)
12月 (24)
2014年 (158)
1月 (7)
2月 (12)
3月 (12)
4月 (14)
5月 (15)
6月 (22)
7月 (19)
8月 (16)
9月 (11)
10月 (8)
11月 (12)
12月 (10)
2015年 (101)
1月 (8)
2月 (8)
3月 (10)
4月 (19)
5月 (9)
6月 (9)
7月 (11)
8月 (10)
9月 (6)
10月 (7)
11月 (4)

アクセスカウンタ
今日:252
昨日:368
累計:1,728,379