代々木のインテリアデザインスクールの日々の出来事 - 2015/08

東京・渋谷/CADスクール・インテリアスクール・インテリアデザイナー・店舗デザイナー・ベクターワークスの学校




[PR]



2015年08月26日(Wed)▲ページの先頭へ
応用コースの課題で南新宿を市場調査
現在、インテリアコースの店舗デザイナーインテリア全日応用クラスは、南新宿を課題地にした作品を制作中。

一足先に、夜間クラス、土曜クラス、日曜クラスは制作に取り掛かって、インテリア全日クラスは昨日からこの課題に取り掛かっています。

minami_shinjuku_9

課題制作にあたってのスタートは市場調査から。

課題が南新宿に建つ商業施設ビルディングに企画から店舗プランニングまでを提案するので現地を調査します。

昨日は曇り空で写真が全体的に暗いですね(^_^;)。でも雨に降られてなくて良かった(^_^)

近年、南新宿は再開発が進み、次々に新しいビルが建設されました。

minami_shinjuku_8

minami_shinjuku_7

南新宿市場調査の一番最初はタイムズスクエア高島屋新宿店に向かいます。

ビルが建つ課題地を高島屋新宿店の向かい側として想定しているからです。

minami_shinjuku_1

課題地の説明のあと、新宿高島屋に入店。

ここでの写真はありません。撮影がNGでした。

minami_shinjuku_4

最上階まで店内を一通り廻って屋上で休憩。

minami_shinjuku_3

minami_shinjuku_2

新宿高島屋の屋上はガーデンテラスになっていて休憩には最適な場所です。

minami_shinjuku_6

屋上から見る新宿御苑。
こうやって見ると新宿は意外に緑が多いところです。

minami_shinjuku_5

休憩をしたあとは、甲州街道を渡って、ルミネ1.2やエストなどを廻って新宿の繁華街を調査しました。

minami_shinjuku_10


インテリアコース応用クラスの作品発表の公開プレゼンテーションは10月11日(日)です。

さてさて、どんな作品が出来上げるのでしょう。楽しみです!!

過去の南新宿の作品はこちらからご覧になれます。→ 



2015年08月23日(Sun)▲ページの先頭へ
麻布十番納涼まつりに行ってきました♪
こんにちは受講生の■■です。

昨日、スクールのみんなと麻布十番納涼まつりに行ってきました。

みなさん、このお祭りってご存知ですか?

私は知らなかったのですが、先生に聞いたら昔からやっているお祭りで、外国人が多いよって。

麻布十番も一度も行ったことがなかったので、それでみんなで行ってみようということになりました。

大江戸線の電車も地下鉄をすごい人出で、地上に上がるところからすでにイカ焼きのいい匂いが・・

20150822_164333_resized
20150822_164341_resized

地上に出てびっくりしました。
すごい人です。
外国人の方も多くて、中国系の人が一番多かったかな?
屋台もたくさん出ています。

azabujuban_mathuri_6

長い列をつくっていたところではカキ氷を売ってました。

暑かったので食べたいものはみんな同じです。

azabujuban_mathuri_8

スイーツ系も売られていますが、やっぱり多いのは海鮮系でした。

でも、みんなの食べたいものがバラバラ(笑)。
azabujuban_mathuri_11
azabujuban_mathuri_14
azabujuban_mathuri_24
azabujuban_mathuri_26


あとで買物をする人と場所取りをする人にに分かれたのですが、買物は苦労しました。

みんなあれも食べたいこれも食べたいとうるさかったです(笑)

azabujuban_mathuri_18


広場ではコンサートもやっていました〜

お祭りといっても屋台ばかりで、ひたすら飲んで食べてばかり・・・

でもとっても楽しかったな♪

また来年も行ってみたいと思いました!!

麻布十番納涼まつりは今日もやっています。


2015年08月22日(Sat)▲ページの先頭へ
店舗デザイナーコースの就職活動
朝はお天気が良かったのですが、夕方から雨になりそうな東京のお天気です。

一部の受講生が、麻布十番祭りに行くのに雨は大丈夫かなと言ってましたが・・・(^_^;)。
みんなとお祭りに行くのかな♪

今日も、就職が決まった連絡をもらったのでご紹介します。

ご紹介するのは昨年店舗デザイナーコースを卒業した受講生です。

彼は、大手の建築設計事務所で営業の仕事をしていました。

大学は経済学部卒でたとえ営業でも建築やインテリアの知識があったほうがいいのかと思い、日曜日に通えるスクールを探していました。
ネット検索で、たまたまK&Yインテリアデザインスクールの「インテリア基礎知識コース日曜クラス」の講座を見つけて、初めは知識だけでもいいのかなと思って説明会へ。

ですが、説明会を聞いているうちにCAD(ベクターワークス)も一緒に習えるインテリアデザイン基礎コースに興味が沸いてとりあえず半年通うことにしました。

通っているうちに初めは建築を中心に勉強したいと思っていたのが、店舗デザインをやってみたくなったそうです。

大手建築事務所での営業の仕事をやっていて将来は設計までできたらいいなと漠然と考えていましたが、マーケティングや企画が必要な店舗のインテリア設計なら経済学部卒でもできると考えたそうです。

そう決心して応用の店舗デザイナーコースまで進みました。

ちょっとだらだらと長くなりましたが、彼の卒業までの経緯です。

それで前職の設計事務所をやめたのは7月末。そのあと、ヨーロッパ建築視察旅行と称して夏休みをしっかりとって9月から新しい会社に初出勤らしいです。

とんとん拍子に進んだように思われる彼の就職活動ですが、実は大変でした(^.^)。

彼は今年の始めごろからから就職活動を始めました。

k&Yインテリアデザインスクールの求人ページやインテリアのお仕事求人サイトもしっかりチェック。あと求人@インテリアデザインも!!

できるだけいろいろな会社に面接に行って自分の適材適所を見つけたほうがいいよのアドバイスどおり、たくさんの会社に作品(ポートフォーリオ)と履歴書を送りました。

何社から面接の連絡を頂いて足を運ぶと、ほとんどのところが作品をちらちらと見ただけで合格。それでいつからこれるの?って、その場で内定をもらえたらしいです。

でも彼は合格を折角頂いたのにその時点で会社をやめていません。
「これから会社に退職届けを出しますが担当している物件もありますので、早くても3ヶ月先になります」と言うと
「すぐに即戦力になる人がほしんだよね」ってと言われたそうです。

ただ彼も自分に合っている会社を探しながらなので、すぐに退職するか中々決心がつかず悩んでました。
やっぱり、会社を退職してから就職活動をしたほうがいいか相談されましたが、そのほうがすぐに決まるとは言いましたが、そうあせらなくてもいいと話しました。

次はデザイン事務所のHPで実例を見て、気に入った(自分が好きな)物件を手掛けている会社が求人を募集していたら、そこに履歴書を送ってみたらとアドバイス。その会社から面接に呼ばれたらきちんと退職まで待ってほしいと話をしたらいいのではとアドバイスしました。

そんな会社は一応求人募集をHPに出してはいるけれど、誰でも良いという訳ではないので、良い人材だと判断してくれたら、退職までの期間は待ってくれます。


それから、彼はアドバイスどおり(彼は真面目です(笑))、HPや雑誌「商店建築」を見て、ピンとくるデザイン事務所を探し出しました。

それで無事希望するデザイン事務所から、内定をいただいたのは5月末。夏休みはばらばらに取るのでみんなが集まる9月から出社することになったそうです。

勤めていた会社にも7月には退職したいと申し出て引き継ぎも終わり、夏休みは一度は行きたいと思っていたヨーロッパ旅行へ。
(スクールにもお土産を貰らいました(^_^))

いつも思いますが、就職活動の悩みを人それぞれです。

就職活動中の卒業生のみなさん、活動に行き詰まったら一人で悩んでないでK&Yインテリアデザインスクールのご相談にきてください(^_^)。








当スクールのインテリアデザイン教育にご興味がある方、または受講を希望される方は、下記のフォームから資料請求、体験授業に是非ともご参加ください

資料請求はコチラ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

http://www.kandy.ne.jp/form/dataclaim/

体験授業、コース説明会のご参加はコチラ
http://www.kandy.ne.jp/school/freelesson.php

インテリアデザイナー・店舗デザイナー・家具・プロダクトデザイナーを目指す人はインテリアデザイン専門の学校


2015年08月20日(Thu)▲ページの先頭へ
「アール・デコの邸宅美術館」展に行ってきました♪
teien_art_21

インテリア全日応用コース受講生の△○です。
昨日、K&Yインテリアデザインスクールの課外授業「美術館へいこう」がありました。

「美術館へいこう」とは、インテリアデザイナー、インテリアコーディネーターにとって感性を磨く、センスを学ぶのはアートを見ることを習慣づけるのが一番!と考えるスクールが定期的に開催しているイベントです。

(※今までの「美術館へいこう」は→こちら

出かけたのは庭園美術館で開催中の「アールデコの邸宅美術館」展です。

忘れないうちに早速その感想を書きました(^_^)。

teien_art_1
今回の展覧会は、旧朝香宮邸そのものを鑑賞する「建築をみる2015」展とコレクターたちが収集した名品を集めた「ART DECO COLLECTORS」展と2つの展覧会です。

teien_art_2
teien_art_3
teien_art_6
teien_art_9
teien_art_11
teien_art_12

まずは建築を中心に見るようにと言われましたので、アールデコ建築をしっかり見ました(^_^)。

旧朝香宮邸で使われている素材(テクスチャー)は全て天然素材で、現在の空間で使われているものはほとんどがプラスチック素材なのでその違いをしっかり見て、と言われましたが、正直違いが良く分かりませんでした(笑)
もう少ししたらわかるようになるのかな・・・(^_^;)

teien_art_16
teien_art_17
teien_art_18
特にしっかり見なさいと言われたのが天井。

今応用コースの課題を3DCGで形を作りながらデザインしているのですが、先生に天井をもう少し工夫してとよく言われます。

天井はフラットに真っ直ぐ、壁は全部一緒の素材を張ってますから。普段自分がいかに天井や壁をみていないかわかります(^_^;)。

teien_art_4
teien_art_5
ラジエーターのカバーは一つ一つデザインがされていました。

シンプルながらちゃんとデザインされた邸宅を見ながら、自分のデザインはアイデアのポケットが小さいと思いました。

まだまだたくさんのものを見なくては良いデザインはできません。

teien_art_8
teien_art_7
旧朝香宮邸で使われていた家具や銀食器も一緒に展示されています。

teien_art_10
teien_art_13
teien_art_14


teien_art_19
teien_art_15
窓辺から見る中庭が素敵でした。

次は新館ギャラリー1へ。カッサンドルという画家のリトグラフのポスターや、アールデコの家具、ルネ・ラリックのガラス製品が展示されていました。ここは写真がNGでした。

旧朝香宮邸も撮影がOKなのは平日のみらしいです。

新館ギャラリー2では、パリの街でアールデコとアールヌーボーを比べる映像が流れていて、その違いが良く分かりました。

teien_art_20


このあと、庭園と白金の街を散歩して帰りました。充実した一日でした(^_^)。

アール・デコの邸宅美術館」展は9月23日(水・祝)まで開催中。→







当スクールのインテリアデザイン教育にご興味がある方、または受講を希望される方は、下記のフォームから資料請求、体験授業に是非ともご参加ください

資料請求はコチラ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

http://www.kandy.ne.jp/form/dataclaim/

体験授業、コース説明会のご参加はコチラ
http://www.kandy.ne.jp/school/freelesson.php

インテリアデザイナー・店舗デザイナー・家具・プロダクトデザイナーを目指す人はインテリアデザイン専門の学校


2015年08月17日(Mon)▲ページの先頭へ
マーケティング講義のプレゼンテーション
昨日まで、お休みしていたK&Yインテリアデザインスクールですが、今日から授業を開始しました。

お休み中、たくさんの資料請求や体験授業・コース説明会のご予約などいただきましたが、順次対応していきますので、今しばらくお待ちください。

さて、今日はお休み前におこなったインテリアコース基礎編(土曜クラス)の受講生による、マーケティング講義のプレゼンテーションの様子をご紹介します。

基礎編クラスはマーケティング講義で商業施設をリノベーションするという課題に対して、企画の立て方、プレゼンテーション方法を学びます。そして最後の授業で行われるのが今回のプレゼンテーション!みんなの前で自分が考えた企画を発表します。

マーケティング02
マーケティング01

プレゼンの直前までイメージボードの作成や、リノベーションする施設の詳細部分を考えたりと、それぞれとても忙しくしていましたね。残念ながら時間に間に合わず、他の方がプレゼンをしている時に一生懸命に考えて発表することになった受講生もいました。

今回のマーケティング授業のプレゼンテーションは自分のやりたい商業施設の企画を単に発表すれば良いと言うわけではありません。

今何が必要とされているか、どうしてここに作る必要があるのか等の時代背景をしっかりと調べて、『哲学・ビジョン・コンセプト』を明確に打ち出し、それに繋がる企画詳細を出さなくてはいけません。
マーケティング06
マーケティング05
アイデアを出すのは簡単そうに思えますが、実は仮説に沿ったアイデアを企画書にするという作業が難しいのです!

今回も、この哲学・ビジョン・コンセプトを導き出す部分でつまずいてしまった受講生や、アイデアが出なかった受講生がいました。初めてこういった作業をするという方が多かったためか、なかなか形にならずとても苦労していましたね。
マーケティング07
マーケティング03
マーケティング04
深い部分まで考え抜かないとありきたりのものを詰め込んだ商業施設になってしまいます。良いアイデアを導き出すためにも、哲学・ビジョン・コンセプトは非常に重要なキーワードになっているということがこの授業を通じて理解できたのではないでしょうか。

これから応用コースに進む受講生は、今回の授業を忘れないようしっかりとまとめておいてくださいね。応用ではもっと大変になりますよ!!



当スクールのインテリアデザイン教育にご興味がある方、または受講を希望される方は、下記のフォームから資料請求、体験授業に是非ともご参加ください

資料請求はコチラ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

http://www.kandy.ne.jp/form/dataclaim/

体験授業、コース説明会のご参加はコチラ
http://www.kandy.ne.jp/school/freelesson.php

インテリアデザイナー・店舗デザイナー・家具・プロダクトデザイナーを目指す人はインテリアデザイン専門の学校


2015年08月16日(Sun)▲ページの先頭へ
デザインとシナリオの関係性
みなさん、こんにちは。

K&Yインテリアデザインスクールはまだ夏休み中です。

今回はちょっと長くお休みをとって明日(土曜日)まで
スクールは休館日です。

みなさん、夏休み楽しんでますか?

わたしのブログで書いたことを、このブログでも共有します。

↓   ↓

一昨日紹介した映画「はじまりのうた」の冒頭でシンガーソングライターが、ライブハウスで歌っていたところを音楽プロデューサーが、その歌声を聞いた瞬間にアレンジが聞こえてくるシーンがあります。

映画なので音ではなくアーティストが演奏しているシーンをビジュアルでうまく表現しています。

このあと、彼らはニューヨークのいろいろな場所で録音をして、3分半の楽曲を作り上げるのですが、音楽プロデューサーにはこの時点でどんな曲が出来上がるのか見えているのです。

それがプロデューサーという仕事です。

このプロデューサーとは何なのか?デザイナー・ディレクターよりも広範囲な権限を有し、制作物の商業的な成否について責任をもつ制作全体を統括する職務。

この職業は、空間、ファッション、グラフィック、アート、音楽、映像のクリエイティブな分野で大概存在します。

K&Yインテリアデザインスクール の企画の授業で、「魔法のシナリオ」と言ってシナリオを書かせる時間があります。

初めはみんななかなか書けず何でこんなもの書くのだろう、デザインと関係ないでしょうと疑問に思っています。ですが、何度も書き直しをさせられるうちに受講生たちもだんだんその意味がわかってきます。

そうです!! これを書くことで自分の中にデザインするシーンが見えてくるのです。

この空間にはどんな人がやってきて、ここでどんな風に過ごして、どんな幸せな気持ちになって帰っていくのだろう。

ここに来た人は来たことで明日からどんな風に生きていくんだろうとシナリオが出来上がっていきます。

もちろん、空間デザインを考える職業訓練スクールなので機能的な内容も織り交ぜたシナリオです。

このシナリオを書くことは、全体を統括するプロデューサーだけでなく、デザイナー、ディレクターたちも共有(理解)しなくては、プロジェクトはまとまりませんので、いろいろなクリエティブな職種に役に立ちます。

映画の音楽プロデューサーはベテランなので、このようなシーンが見えてくるのは当たり前のことですが、デザイナーの卵ちゃんたちにはたいへんなことです(笑)。

ですが、これが見えてくる良い訓練方法があります。

それは、いろいろなところでインスピレーションを受けることです。

音楽を聴いたり、映画を観たり、アートを鑑賞したり、時には人とおしゃべりをしたり。

要するにもっと遊ぼうということです(^_^)。

このブログを読んでいるK&Yインテリアデザインスクール の在校生、卒業生のみなさん、それから、あらゆるデザインやクリエイティブの勉強をしているみなさん、この夏休みはいろいろなところに出掛けてたくさんのインスピレーションを感じましょう。

クリエティブな職業は遊ぶことも訓練なんですよ♪





 当スクールのインテリアデザイン教育にご興味がある方、または受講を希望される方は、下記のフォームから資料請求をどうぞ。また、随時体験授業・コース説明会も開催しています。是非ともご参加ください。

資料請求はコチラ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

http://www.kandy.ne.jp/form/dataclaim/

体験授業、コース説明会のご参加はコチラ
http://www.kandy.ne.jp/school/freelesson.php

お電話でのお問い合せは
03−5358−1351

インテリアデザイナー・店舗デザイナー・家具デザイナー・プロダクトデザイナーを目指す人はインテリアデザイン専門の学校
K&Y INTERIOR DESIGN SCHOOLへ

K&Yインテリアデザインスクールは、インテリアデザイナー・店舗デザイナー・家具デザイナー・プロダクトデザイナーを目指す人のインテリアデザイン専門の学校と建築・インテリアデザイナー、インテリアコーディネーターの為のCAD(ベクターワークス)専門の学校です。




2015年08月08日(Sat)▲ページの先頭へ
今日も就職内定の連絡がありました!!
今日から会社が夏休みというところも多いのでしょうか。今日からお休みだと9連休ですか! いいな(^_^)。

K&Yインテリアデザインスクールは来週月曜から土曜日まで授業はお休みです。授業だけでなく全体が休館しますので、CAD授業のフリー予約やフリーレッスンの方は明日午後6時までの受付ですのでお早めに!!

夏季休暇のお知らせ→

さて、K&Yインテリアデザインスクールには、インテリアの勉強が初めての人が通うインテリアコースと建築やインテリアの職種についているけどCAD(ベクターワークス)が使えない人のためのCADコース、より一層3DCG技術をレベルアップしたい人のShadeコースがあります。それとこの2つのコースは現役大学生たちも多く受講しています。

そんなShadeコースを受講していた卒業生から就職内定をもらった連絡が入りました。その卒業生は美大のインテリア学部の大学生4年生です。

3年生の後半から就職活動に入るため、その前にリアルな3DCGが作れるようになりたいと考え、3年生の夏にShadeコースを受講しました。

その甲斐があって見事に希望する大手の店舗デザイン事務所から内定を頂いたそうです。彼の設計した作品やデザインが良かったからだと思うのですが、ご指導くださった先生たちのお陰ですとわざわざ連絡をくれました。

そういってもらうと本当にうれしいです。

3DCGで作品をつくったことで見栄えが全然違いましたとその卒業生は言っていました。面接の時は、もちろん模型を持っていきましたが、Shadeで作った作品も一緒に持っていきました。こんなにリアルな3DCGを持ってきたのは自分だけで、ここで差をつけましたとも言っていました。
彼はその腕を買われて、この夏はインターンでその事務所のお手伝いをします。

3DCGの操作技術はむずかしいのですが、一度覚えると何でも作れる上にどんどん早く作れるようになります。Shadeコースを受講した方はみなさんそうおっしゃいます。

リアルな3DCGは、今、建築・インテリア業界ではなくてはならないスキルです。スクールではこのスキルを必要不可欠と考えています。この業界で長く働くことをお考えの方は是非、受講を考えてみてください。

景気も良くなり大学生の就職内定率も21年ぶりに最高の数字を示しているそうです。ですが、自分が本当に希望する仕事につける人は少ないです。

もう少しスキルアップできていれば、この会社から内定をもらえたのに・・・・と悔しい思いをしている人も多いことでしょう。

スキルを磨くことでそのあたり上手にコントロールしてほしいと思います。


当スクールのインテリアデザイン教育にご興味がある方、または受講を希望される方は、下記のフォームから資料請求、体験授業に是非ともご参加ください

資料請求はコチラ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

http://www.kandy.ne.jp/form/dataclaim/

体験授業、コース説明会のご参加はコチラ
http://www.kandy.ne.jp/school/freelesson.php

インテリアデザイナー・店舗デザイナー・家具・プロダクトデザイナーを目指す人はインテリアデザイン専門の学校

K&Y INTERIOR DESIGN SCHOOLへ


2015年08月05日(Wed)▲ページの先頭へ
就職が決まりました〜お盆明けから出勤です!!
今日も暑いですね。東京は連日の猛暑。

おはようという前に暑いねで人と会うとこの言葉しか出てきません(^_^;)

そんな中、スクールには爽やかな(?)うれしいニュースが届きました!!

就職活動中の店舗デザイナーコースの卒業生から就職内定を頂いた連絡が朝一番に入りました。会社はアパレルメーカーの店舗出展を多く手掛ける大手のデザイン会社です。
その卒業生自身が販売経験があるので、このようなデザイン会社を希望していました。

土曜日に面接に行くという連絡はもらっていたのですが、日曜日に連絡がなかったので心配しました。ですが、無事内定を決めたそうです。

面接の時、その場で内定通知を頂いたらしいのですが、自分でももう一度ゆっくり考えてお返事したいとその場では返事をせず持ち帰ったそうです。

K&Yインテリアデザインスクールの卒業生は、その場で内定通知を頂く人が多いです。
ポートフォリオを先に送っているので実務の技術レベルは実証済み。あとは面談で人柄ややる気を確認するだけなのでそのパターンが多いです。

ですが、スクールではその場では返事をせず、必ずよく考えてから返事をするように指導しています。

自分の中ではこの会社でよいと決めていましたが、その指導を守ってひとまず持ち帰ったようです(笑)。

会社の中に自分と同じ趣味の方がおられるようで、なんとなくですがここでやっていけそうと感じたそうです。

面接の時は会社の雰囲気はしっかり見るようにと就職ガイダンスでも指導していますので、そのような感覚は大事です。

授業で使っていたマシンがWinで会社がすべてMacなので、その練習に来ると言っていました。詳しいことはそのときにまた聞きましょう。

とりあえず、良かった良かった(^_^)。

あと、別の卒業生からも内定も頂いた連絡が入っています。こちらも8月中旬から働くようです。この時期は多いですね。
まだメールだけなので詳細がわかったらこちらもご紹介します。

それでは、また!


 当スクールのインテリアデザイン教育にご興味がある方、または受講を希望される方は、下記のフォームから資料請求をどうぞ。また、随時体験授業・コース説明会も開催しています。是非ともご参加ください。

資料請求はコチラ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

http://www.kandy.ne.jp/form/dataclaim/

体験授業、コース説明会のご参加はコチラ
http://www.kandy.ne.jp/school/freelesson.php

お電話でのお問い合せは
03−5358−1351

インテリアデザイナー・店舗デザイナー・家具デザイナー・プロダクトデザイナーを目指す人はインテリアデザイン専門の学校
K&Y INTERIOR DESIGN SCHOOLへ

K&Yインテリアデザインスクールは、インテリアデザイナー・店舗デザイナー・家具デザイナー・プロダクトデザイナーを目指す人のインテリアデザイン専門の学校と建築・インテリアデザイナー、インテリアコーディネーターの為のCAD(ベクターワークス)専門の学校です。


2015年08月02日(Sun)▲ページの先頭へ
インテリア基礎知識を勉強するのはむずかしい?
K&Yインテリアデザインスクールのインテリアデザイナー・コーディネーターの為のインテリアデザイン基礎知識講座は、現在、8月9月生を募集しています。

残席のお知らせはこちらから→

この講座は一からインテリアデザインを勉強するのではなく、不得手な部分だけをセレクトすることもできるのでとても通いやすい講座です。

そのため、すでに不動産・住宅リノベーション・建材メーカー・インテリアショップなどで働いている方、建築系大学生(卒業生)、資格は取ったけど家具の3面図の描き方や素材の知識が不十分で転職する際に不安があるインテリアコーディネーターさんなどが多く通われています。

この講座でどんな勉強をしているのかをご紹介しています。
その続きです。

T 製図・構造材
U 家具・造作家具
V マーケティング・プレゼンテーション
W 法規・設備

インテリア基礎知識コースは上記の4つのブロックに分かれています。
(※インテリア基礎知識講座はCADのスキルは必要ありません)

T 製図・構造材 と、U 家具・造作家具の授業内容は前回しました→

次は、V マーケティング・プレゼンテーション

これもマーケティングの基礎を学んだら、調査にためにすぐに街に出掛けます。
(K&Yインテリアデザインスクールは街に出掛けるのが好きです(笑))

表参道
表参道03

マーケティングの調査のスクールブログはこちらから→

街並みや、その街にどんな人々が集まってるのかを調査した後は、スクールに戻ってアナライス・スタディ。

街はどうだったかをディスカッションして、新しい企画提案をするためにブレインストーミング(アイデア・課題抽出)で企画書作成。ちゃんとイメージボードも制作します。

マーケティング02
それをみんなの前でプレゼンテーション(※K&Yインテリアスクールではこのようなプチプレゼンは授業の中で頻繁にあります。)

マーケティング03

企画の流れがうまくないと、「なぜそうなるんですか?」とか、「なぜそれが必要なんですか?」と突っ込まれます(^_^;)。

初めての企画作りは、良いアイデアは出ているのですが、なかなかうまく人に伝えることがでません。このとき、人に自分の考えを伝えることがどんなに難しいことをみんなは感じます。

どんなにすばらしいアイデアでも、人に伝わらなければそれは良い企画とは言えません。自分で発表したり、人のを聞いたりすると、自分のどこが悪いのかがわかりますし徐々にプレゼンがうまくなります。

人前で上手に話せなかった男性が、この講座を受講して頭が整理できて、それからずいぶんうまく話せるようになったと報告がありました(^.^)。

次は、W 法規・設備

建築法規や設備の基本の勉強をして、初めてのプラニングをします。CIMG2113
CIMG2111
いろいろな資料を参考にしながらレイアウトプランを考えます。
intriror-10

レイアウトプランを完成させたあとはインテリアコーディネーションレクチャー。

CIMG2121
P6300005
センスのいいコーディネーションボードを作るにはこつがあります。
intriror-8
intriror-9
きれいなセンスいいカラースキーム&マティリアルボードが完成しました。

P6300004
最後に、ここでもプレゼンテーションです。

この講座を受講されたリノベーションの営業の方は、講座終了後、自分でプランニングが出来るようになって今ではほとんどの物件でプランニングをしているとおっしゃっていました。

ここまでが、インテリア基礎知識の授業内容の一部です。いかがでしたか?

短期間でこれだけの知識を身に着けるには、効率よくまとめられたカリキュラムで実務経験のある講師から学ぶことが一番だと思います。

このようにK&Yインテリアデザインスクールは、実務に則ったカリキュラムをインプットとアウトプットを繰り返しながら学習していく少人数制の授業です。


 当スクールのインテリアデザイン教育にご興味がある方、または受講を希望される方は、下記のフォームから資料請求をどうぞ。また、随時体験授業・コース説明会も開催しています。是非ともご参加ください。

資料請求はコチラ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

http://www.kandy.ne.jp/form/dataclaim/

体験授業、コース説明会のご参加はコチラ
http://www.kandy.ne.jp/school/freelesson.php

お電話でのお問い合せは
03−5358−1351

インテリアデザイナー・店舗デザイナー・家具デザイナー・プロダクトデザイナーを目指す人はインテリアデザイン専門の学校
K&Y INTERIOR DESIGN SCHOOLへ

K&Yインテリアデザインスクールは、インテリアデザイナー・店舗デザイナー・家具デザイナー・プロダクトデザイナーを目指す人のインテリアデザイン専門の学校と建築・インテリアデザイナー、インテリアコーディネーターの為のCAD(ベクターワークス)専門の学校です。


不得手な部分をセレクトできる通いやすい講座。
K&Yインテリアデザインスクールのインテリアデザイナー・コーディネーターの為のインテリアデザイン基礎知識講座は、現在、8月9月生を募集しています。

残席のお知らせはこちらから→

この講座は一からインテリアデザインを勉強するのではなく、不得手な部分だけをセレクトすることもできるのでとても通いやすい講座です。

そのため、すでに不動産・住宅リノベーション・建材メーカー・インテリアショップなどで働いている方、建築系大学生(卒業生)、資格は取ったけど家具の3面図の描き方や素材の知識が不十分で転職する際に不安があるインテリアコーディネーターさんなどが多く通われています。

今日はこの講座でどんな勉強をしているのかをご紹介。

T 製図・構造材
U 家具・造作家具
V マーケティング・プレゼンテーション
W 法規・設備

インテリア基礎知識講座は上記の4つのブロックに分かれています。
(※インテリア基礎知識講座はCADのスキルは必要ありません)

まずは、 T 製図・構造材
intriror-1
intriror-2
intriror-3

製図は、床、壁、天井の仕上げ材の勉強と一緒に、インテリア図面に必要な平面図・展開図・天井伏図の描き方を学習しながら手描きで図面を完成させます。

上の図面を見るととてもむずかしいそうに感じるかもしれませんが、描き方の基本と順番を学べば誰でも描くことができます。

6e57ca8019aaae5a
14
17
この授業では、同時に建築物の構造、素材などを現場写真を見ながら勉強していきますので、今描いてる線が何を表しているのかよくわかります。

図面を描くことがむずかしいと思うのは、この線が何を表してるのかが分からないからです。

最初、図面資料をみんなに渡すと、これが本当に描けるようになるのか不安な声を上げますが、完成したときは達成感で大満足の笑顔になります(^_^)。これが描けたことで製図ってきちんと学べはそんなに難しくないんだなと感じ自信が付くと思います。これから勉強がどんどん楽しくなりますよ♪

インテリアコーディネーター資格試験の勉強をしている方が、問題集だけを解いても言葉だけではぜんぜん分からなかったのが、この勉強で良く分かるようになりましたと言ってました。

あと、資格試験で必要な手描き図面の勉強にもなりますからね(^.^)。



次は U 家具・造作家具
intriror-4

家具図面は上面図、正面図、側面(断面)図という3面図法で完成させなくてはいけません。演習で家具図面の描き方を学んで、家具の素材(木、ガラス、プラスティック、鉄、銅)を勉強していきます。

そのあと街に家具の見学に出掛けます♪

P6180145
このスクールブログでもよく紹介するインテリアショップ・ショールーム見学に出掛けた様子はこちらから→

この授業が一番楽しいと基礎クラスのみんなは言います。

出掛ける前に、名作椅子や家具の基礎知識を身につけたから出掛けますので、見学に行って勉強した家具を見ると感動するようです(笑)

そのあとはオリジナルプランの家具をデザインします。
intriror-7
intriror-6


図面の演習で描くときと違って、自分のプランを図面に起こすことは難しいです。でも、街に出掛けていろいろな家具をじっくりと見ているので、初めての家具デザインにしては立派なものをみんなは完成させます。

このようにK&Yインテリアデザインスクールは、実務に則ったカリキュラムをインプットとアウトプットを繰り返しながら学習していく少人数制の授業です。

次は、V マーケティング・プレゼンテーション、W 法規・設備の授業の様子をご紹介していきます♪





当スクールのインテリアデザイン教育にご興味がある方、または受講を希望される方は、下記のフォームから資料請求をどうぞ。また、随時体験授業・コース説明会も開催しています。是非ともご参加ください。

資料請求はコチラ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

http://www.kandy.ne.jp/form/dataclaim/

体験授業、コース説明会のご参加はコチラ
http://www.kandy.ne.jp/school/freelesson.php

お電話でのお問い合せは
03−5358−1351

インテリアデザイナー・店舗デザイナー・家具デザイナー・プロダクトデザイナーを目指す人はインテリアデザイン専門の学校
K&Y INTERIOR DESIGN SCHOOLへ

K&Yインテリアデザインスクールは、インテリアデザイナー・店舗デザイナー・家具デザイナー・プロダクトデザイナーを目指す人のインテリアデザイン専門の学校と建築・インテリアデザイナー、インテリアコーディネーターの為のCAD(ベクターワークス)専門の学校です。


   




新着トラックバック/コメント


カレンダ
2015年8月
           
         

アーカイブ
2006年 (30)
3月 (5)
4月 (6)
6月 (1)
8月 (1)
10月 (5)
11月 (4)
12月 (8)
2007年 (82)
1月 (13)
2月 (7)
3月 (8)
4月 (7)
5月 (8)
6月 (10)
7月 (10)
8月 (7)
9月 (8)
10月 (1)
11月 (2)
12月 (1)
2008年 (79)
1月 (3)
2月 (9)
3月 (4)
4月 (9)
5月 (5)
6月 (3)
7月 (3)
8月 (7)
9月 (10)
10月 (8)
11月 (10)
12月 (8)
2009年 (154)
1月 (11)
2月 (13)
3月 (12)
4月 (18)
5月 (12)
6月 (9)
7月 (11)
8月 (9)
9月 (10)
10月 (12)
11月 (21)
12月 (16)
2010年 (174)
1月 (9)
2月 (15)
3月 (11)
4月 (13)
5月 (10)
6月 (10)
7月 (11)
8月 (17)
9月 (20)
10月 (13)
11月 (19)
12月 (26)
2011年 (208)
1月 (19)
2月 (11)
3月 (14)
4月 (19)
5月 (11)
6月 (19)
7月 (22)
8月 (23)
9月 (25)
10月 (20)
11月 (13)
12月 (12)
2012年 (181)
1月 (11)
2月 (11)
3月 (15)
4月 (16)
5月 (9)
6月 (10)
7月 (6)
8月 (11)
9月 (7)
10月 (14)
11月 (55)
12月 (16)
2013年 (156)
1月 (15)
2月 (13)
3月 (12)
4月 (16)
5月 (6)
6月 (6)
7月 (6)
8月 (10)
9月 (10)
10月 (19)
11月 (19)
12月 (24)
2014年 (158)
1月 (7)
2月 (12)
3月 (12)
4月 (14)
5月 (15)
6月 (22)
7月 (19)
8月 (16)
9月 (11)
10月 (8)
11月 (12)
12月 (10)
2015年 (101)
1月 (8)
2月 (8)
3月 (10)
4月 (19)
5月 (9)
6月 (9)
7月 (11)
8月 (10)
9月 (6)
10月 (7)
11月 (4)

アクセスカウンタ
今日:467
昨日:1,028
累計:1,727,178