代々木のインテリアデザインスクールの日々の出来事 - 2015/04

東京・渋谷/CADスクール・インテリアスクール・インテリアデザイナー・店舗デザイナー・ベクターワークスの学校




[PR]



2015年04月29日(Wed)▲ページの先頭へ
国内外で活躍中の卒業生たち。
今日は国内外で活躍中のK&Yインテリアデザインスクールの卒業生をご紹介。

初めは現在、ベトナム・タイ・マレーシアで日本食の飲食店を経営する卒業生がタイに新しくお店をオープンさせたメールが届きましたのでご紹介します。

20150428_201347

20150428_201410

20150428_201433


僕も、タイのシラチャ(パタヤの近くの日本人街です。)に、新しいお店をオープンしました。
お店の名前は「鶏右衛門」で、地鶏焼き鳥屋さんです!
先生に教わった事をフルに生かしているつもりです(笑)

GW後半は、残念ながら奥さんはタイ、僕はベトナムにいる予定です。。

おそらく7月ごろ2人で一時帰国すると思いますので、
その時にぜひお時間いただけますか??


と、こんな内容のメールが届きました。
元気でやっているようです(^_^)。

彼はお爺様、お父様が会社経営者の3代目。いままでやっていた事業ではこの先不安だということで、数年前から飲食業を始めました。それも海外で。

たまたまお爺様の会社の工場がマレーシアにあり、小さいときから土地勘があったのでそこで一号店を出店。その店がそこそこ繁盛したので2号店を出してふと考えたそうです。それまで、店舗デザインをデザイナーに頼んでいましたがそれを自分でやりたいと・・・。
そこで、短期間で店舗デザインが学べるスクールを探して、デザインとコンセンプチュアルがしっかり学べるK&Yインテリアデザインスクールのインテリア全日コースに入学しました。

卒業したのは1年前ですが、それでお店のデザインができるようになりお店をオープンさせました。すごいですね。
工事の施工屋さんの協力もあったとは思いますが、行動力のある彼の実力だと思います。

自分の考えていることが形になって大変満足しているようでした。
このあとも次々にお店をオープンさせる予定です。

あと、久しぶりにフェイスブックを開くと、次々に卒業生たちが手掛けた物件が紹介されています。

飲食店、フォッションブティック、ホテル、旅館、ヘヤーサロン、ウェディングホールと、写真で紹介できないのが残念なくらいすばらしい物件を手掛けています。
短い文面ですが、完成までの苦労話も記載されてそれを読むだけで良くがんばったねと褒めてあげたいとおもいました。

この15年間、仕事とスクール運営の両立はとてもたいへんでしたが、みんなが活躍している姿を見るたびに幸せな気分になります♪。本当にスクール運営を続けてきて良かったと思います。




当スクールのインテリアデザイン教育にご興味がある方、または受講を希望される方は、下記のフォームから資料請求、体験授業に是非ともご参加ください

資料請求はコチラ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

http://www.kandy.ne.jp/form/dataclaim/

体験授業、コース説明会のご参加はコチラ
http://www.kandy.ne.jp/school/freelesson.php

インテリアデザイナー・店舗デザイナー・家具・プロダクトデザイナーを目指す人はインテリアデザイン専門の学校





2015年04月28日(Tue)▲ページの先頭へ
ゴールデンウィークの休館日のお知らせ
===ゴールデンウィークの休館日のお知らせ===

K&Yインテリアデザインスクールのゴーデンウィークの休館日は、5月4日(月)〜5月9日(土)までです。

この期間の受講のお申し込み、資料請求・体験授業のご予約・お問合せに関するメールは、5月10日(日曜日)に順次対応させていただきます。予めご了承下さい。

※体験授業、資料請求をご希望の方へ
資料請求、体験授業のご予約は、下記ページをご利用下さい。

資料請求の方は ⇒ ⇒ ⇒ コチラ
体験授業・コース説明会のお申込は ⇒ ⇒ ⇒ コチラ



2015年04月26日(Sun)▲ページの先頭へ
六本木アートナイトに行って来ました♪A
昨晩、六本木アートナイトに行って来ました♪

六本木アートナイトとは、様々な商業施設や文化施設が集積する六本木の街に、アート作品のみならず、デザイン、音楽、映像、パフォーマンスなどを含む多様な作品が街なかに点在し、普段とは違う六本木を感じられる非日常的な体験が作り出され、東京を代表するアートイベントです。

六本木ヒルズから国立新美術館を廻って次は東京ミッドタウンへ向かいました。

P4250077
途中でこんな形でイベントに参加しているお店もありました。

P4250080
ガーデンカフェではみんな気持ち良さそうにくつろいでいます。


21-21 DESIGN SIGHIで「単位展〜あれくらい それくらい どれくらい」を鑑賞をしようと思っていましたが、ここはものすごい行列で断念。

そのまま芝生広場に向かいます。P4250082
ここでは「六本木アートナイト」のロゴマークをかたどった明かりが・・・

P4250093
東京ミッドタウンのガレリアに入ると、このあと開催されるイベントのために人がぎっしり床に越し掛けていました。

館内もいろいろな展示がありました。
P4250101


東京ミッドタウンアトリウムでもたくさんのイベントやインスタレーションをやっています。

P4250103
アートトラックプロジェクトのハル号
P4250104
P4250109
P4250110
P4250111
ミラーボール搭載のアケボノ号も街を歩いている途中見かけましたが、写真を撮る事はできませんでした。

P4250117
これはロボットが休憩中。

P4250118
P4250119
これは武蔵野美術大学のラウンジ企画で、偶然あったお客様の顔をタブレット上で自分の顔にするというパフォーマー。

私たちが一番おもしろいと思ったのはこの企画。
P4250121
P4250123
P4250124
モニターが掲げてある円形の内側にまた円形にアイフォンが設置してあり、そのアイフォンがコマドリ撮影して、それを時間差で外側のモニターで映し出すという参加型パフォーマンスです。
2人〜5人のグループで参加して、みんなはぐるぐる廻ったり、じっと立っていたりします。その間にアイフォンが一周しながらコマドリ撮影してくれます。みんなが思い思い動くのでそれを見ていているだけでおもしろかった・・・(笑)。

P4250125
P4250126
P4250130
レゴブロックで作られたオブジェ。

最後はこれ・・・
P4250137
P4250140
P4250141

ちょっと怖かったです(笑)。


今年は路上パフォーマーや街中インスタレーションが少なかったような気がしましたが、それなりにお祭り気分で楽しめました。

普通アート鑑賞は美術館などで静かにしますが、このようにみんなで騒ぎながら鑑賞するのも楽しくてとても良いと思います。アートをより身近に感じることができますので、生活の中にどんどんアートが浸透していくことは、街や企業、団体などの社会全体の活性化となるのではないでしょうか。

今年このツアーに参加できなかった方は、是非来年参加してみてください!!





スクールでは、デザインを勉強する上でアートを鑑賞するのも大事と考えています。イベントに参加するために
常にこのような参加ツアーを企画しています。


当スクールのインテリアデザイン教育にご興味がある方、または受講を希望される方は、下記のフォームから資料請求、体験授業に是非ともご参加ください

資料請求はコチラ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

http://www.kandy.ne.jp/form/dataclaim/

体験授業、コース説明会のご参加はコチラ
http://www.kandy.ne.jp/school/freelesson.php

インテリアデザイナー・店舗デザイナー・家具・プロダクトデザイナーを目指す人はインテリアデザイン専門の学校





六本木アートナイトに行って来ました♪@
昨晩、六本木アートナイトに行って来ました♪

六本木アートナイトとは、様々な商業施設や文化施設が集積する六本木の街に、アート作品のみならず、デザイン、音楽、映像、パフォーマンスなどを含む多様な作品が街なかに点在し、普段とは違う六本木を感じられる非日常的な体験が作り出され、東京を代表するアートイベントです。

土曜日の授業が終わって、インテリアコースの各クラス希望者のみんなと行って来ました。

夕方の六本木はすでに混んでいて地下鉄から地上に出るのもままならず状態でした。みんな迷子にならないでねって声を掛け合いながら、まずはメイン会場の六本木ヒルズヘ

コースはメイン会場の六本木ヒルズ→国立新美術館→東京ミッドタウンという順番で廻りました。

途中こんなものをみつけました。光るお花畑です
P4250006
20150425_181453
太陽電池式の小さなライト「リトル・サン」
P4250009


20150425_181608
六本木ヒルズまで来ると「NARUTO」がお出迎え。これはアートナイトと関係なく森センターアーツギャラリーで6月28日(日)までの展示会です(^_^)。

くもあし広場まで来ると少しだけ空いていました。中を進んでいくと何かが見えます。P4250013
P4250012

20150425_182601
20150425_182551
20150425_182652新作発表をかねての響アートラウンジ。
今、ハイボールブームですね。このブースではお酒を楽しんでいる人もいました。

ここは、私たちは写真だけにして先に進みます。
P4250034
P4250035
アリーナメイン会場は人でいっぱい。

背の高い男子たちはよく見えるけど背の低い女子たちは見えない〜(笑)

P4250056
アリーナ会場でライブイベントを楽しんだあとは毛利庭園のオブジェ近くで軽くビールで乾杯。このあたりに飲食店の屋台がたくさんでています。

P4250049
P4250051
P4250055
こんな不思議な格好の人たちも見かけます(笑)。みんなイベントを楽しんでいます(^_^)

次は国立新美術館へ向かいました。P4250059
P4250060
館内に入るとパフォーマンスイベントをやっていたのですが、人が多くて観れないので外にでて音なしで観ていました(笑)

お庭にはこんなオブジェが・・・
暗くてあまり綺麗に撮れていませんが・・
P4250068
「Bloom」たくさんの巨大な花がゆっくり開閉花していました。
P4250072
「キャンディ」のミラーボール。

国立新美術館のあとは東京ミッドタウンに向かいました。

ブログは続きます。


スクールでは、デザインを勉強する上でアートを鑑賞するのも大事と考えています。イベントに参加するために
常にこのようなイベント参加ツアーを企画しています。


当スクールのインテリアデザイン教育にご興味がある方、または受講を希望される方は、下記のフォームから資料請求、体験授業に是非ともご参加ください

資料請求はコチラ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

http://www.kandy.ne.jp/form/dataclaim/

体験授業、コース説明会のご参加はコチラ
http://www.kandy.ne.jp/school/freelesson.php

インテリアデザイナー・店舗デザイナー・家具・プロダクトデザイナーを目指す人はインテリアデザイン専門の学校


2015年04月25日(Sat)▲ページの先頭へ
明日の夜は六本木アートナイト見学ツアー♪
六本木の街を舞台にした一夜限りのアートの饗宴「六本木アートナイト2015」が2015年4月25日(土) 10:00 〜 26日(日) 18:00 の日程で開催されます。

このアートの饗宴「六本木アートナイト」は2009年に始まり、今回で6回目を迎える「六本木アートナイト」

スクールでは、デザインを勉強する上でアートを鑑賞するのも大事と考えています。それで毎年「六本木アートナイト見学ツアー」を開催しています。希望者を募ってみんなで出掛けます♪

アート見学と言ってもお祭りなのでみんなと一緒だと、とても楽しいです♪

是非、みんなで出掛けましょう〜

K&Yインテリアデザインスクールの在校生・卒業生の方でこのツアーに参加する方は明日(土)17:45までにスクール2階にお集まりください。できれば参加したいと先にご連絡いただけるとありがたいです。



六本木アートナイトとは〜
様々な商業施設や文化施設が集積する六本木の街に、アート作品のみならず、デザイン、音楽、映像、パフォーマンスなどを含む多様な作品が街なかに点在し、普段とは違う六本木を感じられる非日常的な体験が作り出され、東京を代表するアートの祭典として年々発展を続けているアートイベント。

詳しくは→→http://www.interior-joho.com/news/detail.php?id=2870http://www.interior-joho.com/news/detail.php?id=2870




当スクールのインテリアデザイン教育にご興味がある方、または受講を希望される方は、下記のフォームから資料請求、体験授業に是非ともご参加ください

資料請求はコチラ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

http://www.kandy.ne.jp/form/dataclaim/

体験授業、コース説明会のご参加はコチラ
http://www.kandy.ne.jp/school/freelesson.php

インテリアデザイナー・店舗デザイナー・家具・プロダクトデザイナーを目指す人はインテリアデザイン専門の学校


2015年04月23日(Thu)▲ページの先頭へ
Shadeでつくるデザイナーズ家具
朝はあんなにお天気が良かったのに、代々木は夕方から急に雨になりました。昼間クラスの受講生たちはほとんど傘をもっていなかったらしくあわてて帰りました。

これから、夜間のShadeコース授業が始まります。その授業が始まる前にShade授業でこんなことができるいう情報をちょっとだけご紹介。

Shadeは3DCGソフトで、なんでも作れるのはみなさんご存知だと思います。アニメの人物も作れるすぐれたソフトです。

特に、ベクターワークスではできない曲線の塊が自由に作れます。今では建築・インテリア業界のプレゼンテーションもShadeでつくる3DCGが主流になってきました。

有名なデザイナーズ家具は曲線の多い造作物です。

たとえばみなさんが一番良く知っているフリッツ・ハンセンの椅子たち。

379409190_c2946331e6

セブンチェア

egg%20elegance%20leather%20walnut[1]
エッグチェア

Swan Chair_image
スワンチェア


yjimageX0LI3F7D
51a6a1acfb04d664e5000d3a__w_540__s_fit

こんなハイメ・アジョンの新作チェアもほとんど曲線ばかりです。



しかし、Shadeではこのむずかしい曲線の椅子たちも簡単に作れます。簡単という言葉は語弊がありますが、ちゃんとしたレクチャーを受ければ誰でも作れるようになります。

SERIES 7_image
Egg Chair_image
Swan Chair_image
FAVN_image
RO_image


自分でプランしたインテリアにこのデザイナーチェアがあればもっとかっこよくなると考る人も多いと思います。でもいくら簡単に作れるといっても一つ一つ作っているとたいへんです。

ここから内緒のお話です。

このデザイナーチェアたちは、実は自分で作らなくてもWEB上からダウンロードすれば手に入ります。今はメーカーが常に新作をデータで一般公開していますので、簡単に手に入るのです。

Shadeの授業では基本操作レクチャーでチェアの作り方の授業がありますが、たくさん作れないので、実は受講生の方もこの方法で空間を完成させています。特に仕事のときはとても便利ですという方が多いようです。

これらのツールがあると本当に便利でクライアント様にも好評だとか。

今、デザイン事務所でベクターワークス3Dを使ってお仕事をされている方は、スキルアップでShadeをマスターすることをお薦めします。より完璧なデザインプレゼンテーションができること間違いなしです!!




当スクールのインテリアデザイン教育にご興味がある方、または受講を希望される方は、下記のフォームから資料請求、体験授業に是非ともご参加ください

資料請求はコチラ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

http://www.kandy.ne.jp/form/dataclaim/

体験授業、コース説明会のご参加はコチラ
http://www.kandy.ne.jp/school/freelesson.php

インテリアデザイナー・店舗デザイナー・家具・プロダクトデザイナーを目指す人はインテリアデザイン専門の学校

K&Y INTERIOR DESIGN SCHOOLへ


2015年04月18日(Sat)▲ページの先頭へ
春の公開プレゼンテーションが開催されました。
2015年4月12日にK&Yインテリアデザインスクールでは、2015年春の公開プレゼンテーションが開催されました。

このプレゼンテーションはインテリアコースの応用クラスの受講生の作品発表の場の公開プレゼンテーションです。
公開プレゼンテーション02
プレゼンテーション

今回の公開プレゼンテーションの計画地は『原宿』!!
この計画地に店舗デザイナーコースは、『これからの物販店の在り方を考える』をテーマとした店舗の提案を行いました。
また、家具・プロダクトデザインコース『日本を感じさせるプロダクト』をテーマとしたデザインを提案しました。
公開プレゼンテーション

プレゼンテーション02

今回の応用コースの受講生たちは、仕事をしている人もそうでない人も、全員時間があればとにかくスクールに来て課題制作をしていましたね。朝から晩までいる時もあれば、夜に1〜2時間だけやりに来る時も!
本当に大変な3ヶ月間だったと思います。本当にお疲れ様でした。
プレゼンテーション03
今回のプレゼンで卒業となった方は、指摘を受けた部分を早めに修正して、就職活動に必要なポートフォリオを完成させてくださいね。


今回の公開プレゼンテーションで発表された作品は、K&YインテリアデザインスクールのHPで公開していますので、お時間のある方は是非ご覧ください。
プレゼンテーション作品はコチラ
↓↓↓
http://www.kandy.ne.jp/event/event_8_42.htm

過去の各コースの作品はコチラ
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
http://www.kandy.ne.jp/works/



当スクールのインテリアデザイン教育にご興味がある方、または受講を希望される方は、下記のフォームから資料請求、体験授業に是非ともご参加ください

資料請求はコチラ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

http://www.kandy.ne.jp/form/dataclaim/

体験授業、コース説明会のご参加はコチラ
http://www.kandy.ne.jp/school/freelesson.php

インテリアデザイナー・店舗デザイナー・家具・プロダクトデザイナーを目指す人はインテリアデザイン専門の学校

K&Y INTERIOR DESIGN SCHOOLへ


2015年04月17日(Fri)▲ページの先頭へ
今日はミラノ中心街のショールームや展示会場を廻ります
ミラノサローネ視察ツアーも今日で3日目!
今日はミラノ中心街にあるメーカーショールームや展示会場を中心に廻ります。

まずはnendoの会場から廻ります。
nendo02
今年のnendoの展示会場は、ペルマネンテ美術館全館で大規模な個展を開催していました。ここに展示されているものは100点以上あるそうです。しかも2014年、2015年の作品だけなんだとか!
nendo
こちらは2014年に発表されたもので「rain bottle」。
日本の雨には様々な呼び方がありますよね。霧雨や五月雨、夕立など。ボトルの中に、この日本の雨を表現しているそうです。

次は「Kartell(カルテル)」と「Moroso(モローゾ)」です。
kartell
Kartellはロー・フィエラ本会場とは全く違ったものでした。しかし・・・会場内の撮影を忘れてしまうという大失態・・・すみません。
気を取り直して、次はMoroso(モローゾ)へ!!
Moroso
Moroso02
Morosoは昨年の作品が展示されているだけで、新作はないそうです。これは、Frontがデザインした「Anomaly, pouf」。

そして、カリモクニュースタンダードにも足を運びました。
KarimokuNewStandard_
ミラノの個人宅に訪れたような雰囲気の展示でした。
次は「Magis(マジス)」です。
Magis
鳥をモチーフにしたスツール。可愛いですね。

次は、「FritzHansen(フィリッツハンセン)」です。
FritzHansen
地下に、セブンチェアの新色バリエーションが展示されていました。
FritzHansen02
2階に上がると、ここも各お部屋に別れていてインテリアコーディネーションされていました。

楽しみにしていた視察ツアーもあっという間に過ぎてしまいました。
今年のミラノサローネで感じたのは、どこのメーカーもライフスタイル提案がしっかりされていたと言う事。様々なコーディネーションがされていたのでとても勉強になりました。


今回、ブログで紹介し切れなかった情報は、5月17日開催予定のミラノサローネ報告会で報告させていただきますね。卒業生・在校生であれば参加が可能ですので、お時間のある方は是非お越しください。

ミラノサローネ報告会の詳細はコチラ
↓↓↓
http://www.kandy.ne.jp/event/milan.php?mode=detail&id=508
※このミラノサローネ報告会への参加は、K&Yインテリアデザインスクールの在校生及び卒業生に限らせていただきます。
※受講申込みをされた方で、受講料を支払済みの方は在校生に含みます。



当スクールのインテリアデザイン教育にご興味がある方、または受講を希望される方は、下記のフォームから資料請求、体験授業に是非ともご参加ください

資料請求はコチラ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

http://www.kandy.ne.jp/form/dataclaim/

体験授業、コース説明会のご参加はコチラ
http://www.kandy.ne.jp/school/freelesson.php

インテリアデザイナー・店舗デザイナー・家具・プロダクトデザイナーを目指す人はインテリアデザイン専門の学校


2015年04月16日(Thu)▲ページの先頭へ
ミラノサローネ2日目の午後からはメーカーショールームを廻ります!
午前中に、トルトーナ地区で展示会を行っていたmoooiとスーパースタジオ等を見た後、午後からはメーカーのショールムを回ります。2015年のミラノサローネはどこも面白い展示ばかりで、ついつい見入ってしまいます。

まずは「Poltrona Frau(ポルトローナフラウ)」のショールームポルトローナフラウ

その後、ミニマムインテリアのB&Bのショールームです。
B&B

休憩する暇もなく次へ次へ急ぎます!
次は「Cassina(カッシーナ)」
cassina
椅子がクルクル廻っています!
cassina02
ここで廻っているのは、ル・コルビジェのシェーズロング!!ビックリしました!!
次はショールームが新しくなった「Driade(ドリアデ)」です。
driade
以前のショールームと全くイメージが変わりました。
次は「Cappellini(カッペリーニ)」のショールームです。
ロー・フィエラの本会場には、パンダが居ましたが・・・
cappellini
ここには居なかったですね。
壁と床が黄色の大胆なコーディネートでしたがシックにまとまっていました。

そしてショールーム廻りの最後は、イタリアの照明メーカー「Artemide(アルテミデ)」です。この照明はPhilippe Rahmのデザインでしょうか。
アルテミデ02
不思議な光りですね。アルテミデ


今日の最後はミラノ大学!!
この大きなオブジェはMHD(モエヘネシーディアジオ)の「Veuve Clicquot(ヴーヴクリコ)ブランド」です。
Veuve-Clicquot
そして、日本企業のキッチンハウス
キッチンハウス
「ENERGY FOR CREATIVITY」展に隈研吾氏による会場構成でキッチンハウスが初出展していました。


駆け足で紹介してきましたが、その他の詳細な情報は、5月17日開催予定のミラノサローネ報告会で報告させていただきますね。卒業生・在校生であれば参加が可能ですので、お時間のある方は是非お越しくださいね。

ミラノサローネ報告会の詳細はコチラ
↓↓↓
http://www.kandy.ne.jp/event/milan.php?mode=detail&id=508
※このミラノサローネ報告会への参加は、K&Yインテリアデザインスクールの在校生及び卒業生に限らせていただきます。
※受講申込みをされた方で、受講料を支払済みの方は在校生に含みます。



当スクールのインテリアデザイン教育にご興味がある方、または受講を希望される方は、下記のフォームから資料請求、体験授業に是非ともご参加ください

資料請求はコチラ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

http://www.kandy.ne.jp/form/dataclaim/

体験授業、コース説明会のご参加はコチラ
http://www.kandy.ne.jp/school/freelesson.php

インテリアデザイナー・店舗デザイナー・家具・プロダクトデザイナーを目指す人はインテリアデザイン専門の学校


ミラノサローネ2日目!トルトーナ地区から展示会を見に行きます!
ミラノサローネ2日目!
今日はトルトーナ地区とブレア地区の展示会を見て回ります。トルトーナ地区では毎年楽しみにしている「moooi(モーイ)」が展示を行っています。今年はどのような展示構成になっているのでしょうか??
早速向かいます!

moooi(モーイ)」の展示会場に到着です。
moooi03

moooi01

moooi(モーイ)独特の世界観が表現されています。moooi02

トルトーナのmoooi(モーイ)の展示会場はインテリアの展示と言うより、アートの展覧会のようですね。
moooi05
moooi04

やっぱりmoooi(モーイ)の展示会場はすごかった!

moooi(モーイ)の展示会場の次は、スーパースタジオの旭硝子へ足を運びます。
旭硝子

幻想的な硝子パーテーションの世界でした。写真では中々上手に撮ることができず・・・残念です。
その他にもスーパースタジオには色々な展示がありました。面白かったです。
スーパースタジオ


次は、トラムに乗ってSAN BABILAに移動です。
そちらでは、メーカーのショールームをめぐる予定です。

また、改めて記事をアップしますのでお楽しみに!!
それでは・・・


当スクールのインテリアデザイン教育にご興味がある方、または受講を希望される方は、下記のフォームから資料請求、体験授業に是非ともご参加ください

資料請求はコチラ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

http://www.kandy.ne.jp/form/dataclaim/

体験授業、コース説明会のご参加はコチラ
http://www.kandy.ne.jp/school/freelesson.php

インテリアデザイナー・店舗デザイナー・家具・プロダクトデザイナーを目指す人はインテリアデザイン専門の学校


2015年04月15日(Wed)▲ページの先頭へ
2015年のミラノサローネがいよいよ開幕!!
今年もやってきましたミラノサローネ!!
インテリア好きにはたまらない一週間がいよいよスタートです。2015年はどんなデザインが発表されるのかドキドキワクワクです。

ミラノサローネは、毎年、イタリアのミラノで4月に開催される世界でも最大規模のインテリア家具見本市!この時期に合わせてイタリアを訪れるという方も多いのではないでしょうか。
K&Yインテリアデザインスクールの卒業生も、ミラノサローネを見た後にヨーロッパ各地へ行くそうです。

まず初日に訪れたのは、ミラノサローネ見本市本会場のロ―・フィエラです。
1日では見て回れないほどの広さの会場に、さまざまなメーカーのブースが並んでいます。イタリアを訪れる前にどのメーカーのブースを見たいかなど、ある程度のルートを決めておかないと本当に見たかったメーカーのブースを見ることが出来なかった!!なんて事にもなります。要注意ですね。
毎年会場入口は大混雑です。
milano_salone2015

無事に会場入りし、まずは大本命「kartell(カルテル)」から見て回ります。
kartell02
kartell
毎年、豪華な印象のkartellですが、今年はシックな会場となっています。
そして、パントンチェアのミニチュアがならぶ「Vitra(ビトラ)」!vitra
かわいいですね!
次は「edra(エドラ)」です。キラキラしてますね。Edra
この椅子は、JacopoFogginiのデザインした椅子「Gina」です。

そして、「Magis(マジス)」のブースです。
Magis
おとぎの国のような会場構成。
Poltrona Frau(ポルトローナフラウ)」からはミニチュアを紹介します。
Poltrona-Frau
ミニチュアなのに豪華!!
そして、「Cappellini(カッペリーニ)」からはパンダを紹介。
cappellini

なぜパンダ??とビックリしましたが、これはPaola Navoneのデザインで「PANDA LUX」でした。
と、初日の午前中はこれぐらいにしてここでランチです。
午後からもたくさん回る予定なので、エネルギー補給です。!!


エネルギー補給完了!!早速、ブースを回ります。だんだん混雑してきましたね。今年の各ブースのデザインはとてもユニークなものが多いですね。
こちらは、「BD BarcelonaDesign(バルセロナデザイン)」のブースです。BarcelonaDesign01
お猿さんのオブジェの上に椅子が載っています。この椅子はJaime Hayonの「GARDENIAS」?BarcelonaDesign02
この前で、皆さん記念撮影をしていましたね。

そして、角材で組み木をされたインスタレーションは「moroso(モローゾ)」のブースです。
moroso
moroso(モローゾ)は最後になりましたがかなり混んでいましたね。

ブログでは紹介しきれない情報もまだまだたくさん有りますが、それは5月17日に開催するミラノサローネ報告会でお伝えいたしますね!今回の報告会は、卒業生・在校生の方であれば参加が可能なので、参加を希望する卒業生・在校生の方は、電話かメールで予約をしてくださいね。

ミラノサローネ報告会の詳細はコチラ
↓↓↓
http://www.kandy.ne.jp/event/milan.php?mode=detail&id=508
※このミラノサローネ報告会への参加は、K&Yインテリアデザインスクールの在校生及び卒業生に限らせていただきます。
※受講申込みをされた方で、受講料を支払済みの方は在校生に含みます。



当スクールのインテリアデザイン教育にご興味がある方、または受講を希望される方は、下記のフォームから資料請求、体験授業に是非ともご参加ください

資料請求はコチラ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

http://www.kandy.ne.jp/form/dataclaim/

体験授業、コース説明会のご参加はコチラ
http://www.kandy.ne.jp/school/freelesson.php

インテリアデザイナー・店舗デザイナー・家具・プロダクトデザイナーを目指す人はインテリアデザイン専門の学校


2015年04月12日(Sun)▲ページの先頭へ
ミラノサローネは日本ブーム?A
今日は晴れましたね。寒い日が続いていたのでちょっとほっとします。

今日はスクールはインテリアコース応用クラスの作品の発表の日公開プレゼンテーションです。階下のコンピューター室はプレゼンターたちが緊張しながら最後の作品チェックなどに勤しんでいます。今回はみんな準備万端のようです(^_^)。

そして、明日からミラノサローネ視察ツアーに出掛けます。このツアーは在校生だけが参加するわけではなく、いままでK&Yインテリアデザインスクールの卒業生なども参加します。今回も懐かしい顔ぶれや昨年のようにロンドンからの留学組も途中参加します。

今からみんなに会えるのが楽しみです♪

前回のブログで日本の木工家具のブームがきているのでは?と書きましたが、もう一つ昨年ミラノサローネで感じことがあります。

それは、いろいろなところで日本を感じさせるものがありました。

たとえば
P4080062

これは家具メーカー『カルテル』の展示会場。
P4080065

壁面全部がゴールドの会場にはびっくりさせられました。
s13

これって日本の金屏風から触発されたものでは?

あと、モローゾの会場も
P4110112
P4110118

日本の衝立&屏風をイメージしたものでは?

などと思いながら会場を廻っていました。


あと、昨年は木製の新作家具も多かったように感じました。
P4080099
P4080101
P4090218
P4090274
P4090287
P4110139


と、このように何か仮説を立てながら会場を廻るのも一つの楽しみ方です(^_^)。

それでは、来週ミラノサローネ行かれる方は世界のデザインイベントミラノサローネを思いっきり楽しんできてください。

そして、今年のミラノサローネ視察ツアーに参加できなかった在校生・卒業生ためにK&Yインテリアデザインスクールでは、『2015ミラノサローネ報告会』を開催します。

すでにインテリアのお仕事をしている卒業生はもちろんのこと、インテリアの勉強を始めた在校生にとってもとても有意義な、どこよりも早いインテリアの最新情報をお伝えします。


「2015年 ミラノサローネ報告会」

日時  : 2015年5月17日(日)(14:00-15:00)
会場  : K&Y INTERIOR DESIGN SCHOOL
参加資格 : K&Yインテリアデザインスクールの在校生及び卒業生
(※受講申込みをされた方で、受講料を支払済みの方も含みます。)

参加ご希望の方はスクールまでメールまたはお電話でご連絡ください。




2015年04月11日(Sat)▲ページの先頭へ
ミラノサローネは日本ブーム?@
今日も雨になりましたね。ここ2.3日は寒い日が続いてますが、皆さんは体調は崩していませんか?

来週から私たちはミラノサローネ視察ツアーに出掛けます。

私は授業やミラノサローネ勉強会で、日本の木工加工技術レベルの高さをいつも話しています。それを証明するこんな話があります。

最近中国人バイヤーが日本のインテリアショップを一軒一軒まわり、日本製(メイドインジャパン)の椅子を探しているという話をよく耳にします。理由は日本製(メイドインジャパン)の椅子が良く売れるから。

日本には中国製の家具も多いので、これはどこで作られているか細かく聞いてくるそうです。

インテリア雑誌『ELLE DECOR』や『Casa BRUTUS 』でも、こぞって、日本の木の椅子特集を組んでいます。

imagesWXRXQS7G
114114113625


マルニ木工の「HIROSHIMA」や飛騨産業株式会社の杉圧縮柾目材を用いた『KISARAGI(如月)』など、近年、日本製で世界の名作椅子と肩を並べられる逸品が次々と誕生しています。これらの椅子はデザイン性が高くフォルムも美しい。

昔はちょっとかっこ悪いと感じた木の椅子ですが、これをうまくコーディネーションしたおしゃれなカフェやレストランも増えてきました。

304c6e038e8d596af27a6f342586335c
latour
main_monocle[1]


今、日本の上質なものを作り上げる木工加工技術とスタイリッシュなデザイン性のある椅子は、世界でも注目の的です。

日本製(メイドインジャパン)椅子ブームは確かにきています。私たちは来週ミラノサローネでその様子を垣間見ることができるのではと思っています。なぜならミラノサローネには日本の家具メーカーもたくさん出展します。昨年もそんなメーカーのブースにはたくさんの人が集まっていました。

世界のインテリアやデザインを一同に見ることができるミラノサローネ。今回この視察ツアーに参加できなかった在校生・卒業生の方のために、その報告会を5月17日(日)に開催予定です。詳細はまた後ほど・・・・

この報告会は毎年開催しています。その他視察ツアーに出掛けるためにミラノサローネ勉強会も開催しています。こんなデザインリソースをたくさんもっているのがK&Yインテリアデザインスクールの強みです(^_^)。


当スクールのインテリアデザイン教育にご興味がある方、または受講を希望される方は、下記のフォームから資料請求、体験授業に是非ともご参加ください

資料請求はコチラ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

http://www.kandy.ne.jp/form/dataclaim/

体験授業、コース説明会のご参加はコチラ
http://www.kandy.ne.jp/school/freelesson.php

インテリアデザイナー・店舗デザイナー・家具・プロダクトデザイナーを目指す人はインテリアデザイン専門の学校







2015年04月08日(Wed)▲ページの先頭へ
今日も遅くまで・・・・
東京は今日も雨ですね。それにとても寒い・・・気温は5℃。

4月の気温とは思えないお天気です。ときどき4月でも雪が降ることがありますが、そういえば数年前に私たちがミラノサローネ視察ツアーに出掛けているときに、東京は大雪になったときがありました。東京からの連絡でこんなに雪が積もりましたと写真が送られてきたときはびっくりしました。

話は変わって、ミラノ視察ツアーの前にスクールでは大事なイベントがあります。インテリア応用コースの公開プレゼンテーションです。

そして、その準備で忙しくしているインテリア応用コースの受講生たち。

P4010006
P4010016
P4080004
P4080005

彼らはちょっとでも時間があれば足蹴にスクールに通い、自分たちが納得いくまで作品作りに励んでいます。

卒業したらこの作品をポートフォーリオ(作品)として就職活動をしますので、彼らも真剣です。

そのためにスクールは毎日夜遅くまで彼らの熱い気持ちで熱気ムンムンです(笑)

この公開プレゼンテーションはスクールの在校生・卒業生ならどなたでもご参加できます。若干お席が空いておりますので、参加ご希望の方はスクールまでご連絡をください。


公開プレゼンテーションの詳細は
===============================
日時 2015年4月12日(日)15:00〜(予定)
場所 K&Y INTERIOR DESIGN SCHOOL
===============================


当スクールのインテリアデザイン教育にご興味がある方、または受講を希望される方は、下記のフォームから資料請求、体験授業に是非ともご参加ください

資料請求はコチラ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

http://www.kandy.ne.jp/form/dataclaim/

体験授業、コース説明会のご参加はコチラ
http://www.kandy.ne.jp/school/freelesson.php



現在、インテリアコーディネーター・インテリアデザイナー・店舗デザイナー・家具デザイナーを目指す方にとって、レベルの高い技術や知識、そしてプレゼンテーション技術を身に付けられることで人気の高いインテリアコースの、4月生を若干名追加募集受付中。最終募集日は2015年4/10(金)です。

少人数制のコースですので、引き続き定員となり次第締切りとなります。

2015年7月生の募集もすでに行っていますので、7月生のお申し込み次第で4月生が締切りになる場合もありますのでご了承ください。

お申し込みをご検討中の方はお早めに!!

各コースの詳細はコチラから。

インテリアコーディネーターとして働くときに困らない知識とCADスキルを身につけたい人が通うインテリアデザインコース(基礎編)

住宅デザインも店舗デザインも両方できるデザイナーになりたい人が通うインテリア全日コース

オフィスや住宅リノベーションのインテリアデザイナーになりたい人が通う→インテリアデザイナーコース

商業施設や新ビジネスの企画プランナーを目指す人が通うインテリアプロデュースコース

人々に安らぎや夢を与える空間や商業施設をデザインする空間デザイナーになりたい人が通う→店舗デザイナーコース

家具から日用品まで生活を豊かにする日常で使うプロダクトデザイナーになりたい人が通う→家具デザイン・プロダクトデザインコース



インテリアデザイナー・店舗デザイナー・家具・プロダクトデザイナーを目指す人はインテリアデザイン専門の学校


2015年04月05日(Sun)▲ページの先頭へ
就職ガイダンスを開催します。
今日はあいにくの雨。この土日は天気があまりよく有りませんね。桜が満開だというのにこの天気では、お花見を満喫できませんね。

さて、3ヶ月に一度開催される公開プレゼンテーションもいよいよ来週となりました。今日もプレゼンをする受講生達は作品の制作に没頭しています!

卒業生達はこのプレゼンテーションが終わるといよいよ就職活動開始となります。

いったい何から始めれば良いのか、職務経歴書の書き方がイマイチ分からないなど、たくさんの疑問や不安があると思います。
スクールでは、そんな不安を少しでも解消するため、定期的に就職ガイダンスセミナーを開催しています。
今回の開催日は2015年4月23日(木)16:10〜です。
主に近々の卒業生が対象ですが在校生も参加できます。1月・4月に入学されたばかりの方ももちろん参加できます。就職活動の一環として、早めに準備しておくのもいいと思います。

第34回目となる就職ガイダンスのテーマは、『職務経歴書と自己PRの書き方』

初めて書くという方にはとても難易度の高いものに感じてしまう職務経歴書。しかし、この職務経歴書が書類選考の上ではとても重要な書類になりますので、 適当に書くわけにはいきません。またそこに書く自己PRも、他の人と同じような文面では当然書類選考を通過することはできません。

このガイダンスを受けて、他の人とは少し違う、自分だけの職務経歴書と自己PRを完成させましょう!!

今回のテーマの他に、履歴書・職務経歴書の書き方、面接指導などがあります。

※このセミナーはK&Yインテリアデザインスクールの受講生に限らせていただきます。
------------------------------------------------
■ 日時  :2015年4月23日(木) 16:10〜17:30
■ 場所  :K&Yインテリアデザインスクール
■ テーマ :「職務経歴書と自己PRの書き方」
■ 講師  :戸田講師
■ 参加費 :無料
■ 定員  :10名

※参加される方は、記入した履歴書・職務経歴書をお持ちください。
------------------------------------------------

この就職ガイダンスに参加することで、就職内定率が格段とアップします!!
K&Yインテリアデザインスクール就職活動中の卒業生は必ず参加します。

このようなサポートが充実していることが、K&Yインテリアデザインスクールは就職率の高さを誇示できるのだと思います。


就職関連の情報はこちら
↓ ↓ ↓
http://www.kandy.ne.jp/job/index.shtml
求人情報はこちら
↓ ↓ ↓
http://www.kandy.ne.jp/ky/cgi/jobinfo.cgi

☆ ★ ☆ ブログ『就職が決まりました』☆ ★ ☆
http://blog.livedoor.jp/kandy2006


2015年04月04日(Sat)▲ページの先頭へ
さすが、インテリアプロデュースコースの卒業生!!
今日も卒業生の話をしましょう。

というのは、偶然にも昨日の夕方、またもや卒業生が突然アポなしでやってきました(笑)。突然アポなしで来たのはスクールの近くで仕事があって、予定が早く終わったので・・・ということだったらしいです。
(卒業生のみなさん! スクールに顔を見せにきてくれるのはとてもうれしいのですが来る前に電話をください(^_^;))

今日ご紹介する卒業生は昨日の続きってわけではないですが、K&Yインテリアデザインスクールを卒業したらどんな未来がまっているのだろうと想像が付かない方たちに、それを実践している二人をご紹介します。

彼は9年前の卒業生で受講したコースはインテリアプロデュースコース卒業後、デザイン事務所で店舗デザイナー、店舗企画のプロデュース&ディレクター職を経て、5年前に法人として本格的にスタート。結婚、子供の誕生など事あるごとに小まめに連絡をくれます。

まずは昨年生まれた次男君は大きくなった?などの家族の話から始まり、最近会社はどう?など近況報告から。

毎日忙しくしており会社は順調のようです。彼の会社の仕事依頼ほとんどがホームページかららしいです。

スクールの卒業生の会社キートスのHPはこちら→http://www.kiitos-design.com/

さすが、インテリアプロデュースコースの卒業生!!
久しぶりに彼の会社のホームページを見ましたが、デレクションがしっかりされた構成で依頼者が分かりやすく見やすいホームページでまとめられています。

WEBコーディングは専門業者にお願いしましたが、それ以外の構成やデレクションはすべて彼がやって、ページ1枚1枚のデザインはデザイナーである奥さんがやったそうです。

実は奥さんもK&Yインテリアデザインスクールの卒業生です。彼と奥さんはスクールで出会っでお付き合いをしていましたが、卒業後は別々の会社に勤務。結婚後会社設立と同時にデザイナーとして十分実力も供わった彼女はフリーランスとして独立。そのあとも彼の会社をサポートするデザイナーとして活躍しています。

1歳と3歳の男の子の母親である彼女は、彼の会社や以前務めていた会社からデザインの依頼があると、自宅で子育てをしながら業務をこなしています。

同業者として、結婚、子育て、仕事と二人三脚でがんばっている二人です。

それから、こんな店舗デザイン系のWEBサイトでも彼のことが紹介されています。

http://hanpro.biz/kiitos-design/

「すごいじゃない〜あなたの会社のことをすごくうまく紹介しているわ〜。本当に二人はよくがんばっているわね」って褒めると、最近褒められることがないので、すごくうれしいですと笑顔いっぱいで言ってました。

スクールの卒業生はこのようにして、自分ががんばっていることを自慢にやってきます(^_^)。こんな自慢ならどんどんしてほしいです(笑)。

スクールの卒業生の活躍をご紹介しましたがどうでしたか?インテリアデザインの勉強をしたらどんな未来が待ちうけているのか少しでもわかってもらえましたか?



当スクールのインテリアデザイン教育にご興味がある方、または受講を希望される方は、下記のフォームから資料請求、体験授業に是非ともご参加ください

資料請求はコチラ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

http://www.kandy.ne.jp/form/dataclaim/

体験授業、コース説明会のご参加はコチラ
http://www.kandy.ne.jp/school/freelesson.php



現在、インテリアコーディネーター・インテリアデザイナー・店舗デザイナー・家具デザイナーを目指す方にとって、レベルの高い技術や知識、そしてプレゼンテーション技術を身に付けられることで人気の高いインテリアコースの、4月生を若干名追加募集受付中。最終募集日は2015年4/10(金)です。

少人数制のコースですので、引き続き定員となり次第締切りとなります。

2015年7月生の募集もすでに行っていますので、7月生のお申し込み次第で4月生が締切りになる場合もありますのでご了承ください。

お申し込みをご検討中の方はお早めに!!

各コースの詳細はコチラから。

インテリアコーディネーターとして働くときに困らない知識とCADスキルを身につけたい人が通うインテリアデザインコース(基礎編)

住宅デザインも店舗デザインも両方できるデザイナーになりたい人が通うインテリア全日コース

オフィスや住宅リノベーションのインテリアデザイナーになりたい人が通う→インテリアデザイナーコース

商業施設や新ビジネスの企画プランナーを目指す人が通うインテリアプロデュースコース

人々に安らぎや夢を与える空間や商業施設をデザインする空間デザイナーになりたい人が通う→店舗デザイナーコース

家具から日用品まで生活を豊かにする日常で使うプロダクトデザイナーになりたい人が通う→家具デザイン・プロダクトデザインコース



インテリアデザイナー・店舗デザイナー・家具・プロダクトデザイナーを目指す人はインテリアデザイン専門の学校






2015年04月03日(Fri)▲ページの先頭へ
就職が決まりました!!〜4月から働いています。A
今日は気温はそこそこあるのに風が強いですね。そのせいかちょっと寒く感じます。

昨日はリノベーションの会社に就職した卒業生をご紹介しましたが、今日は店舗&住宅デザイン事務所に就職した卒業生のお話です。

彼女がK&Yインテリアデザインスクールを卒業したのは3年前。幸運なことにインテリア全日コース卒業と同時に、有名なデザイン事務所に就職しました。もちろん彼女の実力もありますが、なかなか中途では入れるところではないのでとてもラッキーでした。

そこでの仕事は海外のホテル内にある店舗物件が多く、とても勉強になったとのこと。ですが、組織が大きいと自分たちがやる仕事はプロジェクトの一部になります。たとえば海外物件の場合は、現地とのメールやファックスのやりとりだけで終わったり、プレゼンテーション準備のシート制作サポートなどが続きます。

それはそれで全てが初めての経験なのでとてもおもしろかったのですが、総合的に物件にかかわることがないので、仕事に慣れてくるとスクールで勉強したような、企画から制作までを自分ひとりでできるようになりたいと考えることが多くなったそうです。

そこで2年半務めた会社を退職しました。まわりから折角入った大手の会社なのにもったいないと止められてそうですが、将来は結婚して子供ができても仕事は続けられるフリーランスで仕事をしたいと考えていたので、早く自分でなんでもこなせるように仕事を覚えたかったそうです。

小さい会社でもいい、物件ごとに自分が関われる仕事をしたいと次の職探しを始めました。

その間長年の夢だったヨーロッパ長期旅行にも行ったりして退職期間を満喫していました。スクールにもお土産を持ってきてくれましたね。なんだったかは忘れましたが(笑)確かチョコレートだったかな・・(^_^;)。

やはり経験者は違います。経験者ということで就職内定はすぐにでました。代官山のスタッフ5人の小さな会社ですが、住宅・店舗を両方手掛ける会社で、住宅にも興味があったので、面接のときその場で採用決定を言われたら彼女も即答だったらしいです(笑)。
会社の雰囲気もわき合い合いしていたところが良かったそうです。お給料も経験者ということで前職より20%アップ。(^_^)

良かったですね。就職内定がでたあと、彼女はそのことを自慢に来ましたよ(笑)。4月から初出勤です。

K&Yインテリアデザインスクールは開校して15年経ちますが、このように転職をしながらステップアップしていく卒業生が多いです。もちろん、ずーと同じ会社でがんばっている卒業生もいますが。

あと、女性は結婚・出産があり、退職した会社から無理のない範囲で図面や3D制作のお仕事を在宅で請け負って仕事をしている人もいます。

インテリアデザイナーという職業は仕事を覚えて一人前になるまでがたいへんですが、一旦身についたものはなくなることがありませんし、そのあとに続くものはすべてが経験者ということになります。フリーランスという独立や在宅も可能な職業です。

私たちが考える幸福な仕事とは、誰かからやらされ感があるものではなく、自らがコントロールしながら進められる仕事こそが幸福な仕事と考えます。

まさしくそれがデザイナーのお仕事なのです。


K&Yインテリアデザインスクールには卒業生からのメールをまとめたみんなのメールというページがあります。→こちらから

K&Yインテリアデザインスクールの卒業生の就職実績は→こちらから



現在、インテリアコーディネーター・インテリアデザイナー・店舗デザイナー・家具デザイナーを目指す方にとって、レベルの高い技術や知識、そしてプレゼンテーション技術を身に付けられることで人気の高いインテリアコースの、4月生を若干名追加募集受付中。最終募集日は2015年4/10(金)です。

少人数制のコースですので、引き続き定員となり次第締切りとなります。

2015年7月生の募集もすでに行っていますので、7月生のお申し込み次第で4月生が締切りになる場合もありますのでご了承ください。

お申し込みをご検討中の方はお早めに!!

各コースの詳細はコチラから。

インテリアコーディネーターとして働くときに困らない知識とCADスキルを身につけたい人が通うインテリアデザインコース(基礎編)

住宅デザインも店舗デザインも両方できるデザイナーになりたい人が通うインテリア全日コース

オフィスや住宅リノベーションのインテリアデザイナーになりたい人が通う→インテリアデザイナーコース

商業施設や新ビジネスの企画プランナーを目指す人が通うインテリアプロデュースコース

人々に安らぎや夢を与える空間や商業施設をデザインする空間デザイナーになりたい人が通う→店舗デザイナーコース

家具から日用品まで生活を豊かにする日常で使うプロダクトデザイナーになりたい人が通う→家具デザイン・プロダクトデザインコース





当スクールのインテリアデザイン教育にご興味がある方、または受講を希望される方は、下記のフォームから資料請求、体験授業に是非ともご参加ください

資料請求はコチラ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

http://www.kandy.ne.jp/form/dataclaim/

体験授業、コース説明会のご参加はコチラ
http://www.kandy.ne.jp/school/freelesson.php

インテリアデザイナー・店舗デザイナー・家具・プロダクトデザイナーを目指す人はインテリアデザイン専門の学校


2015年04月02日(Thu)▲ページの先頭へ
就職が決まりました〜4月から働いています。
今日の東京は、風がちょっとだけ冷たかったようですが良く晴れて花見日和でしたね。桜の季節もあとわずかです。短い期間ですが、まだ楽しめそうです。

昨日、K&Yインテリアデザインスクールには2人の卒業生が遊びに来てくれました(^.^)。

一人は4月から住宅リノベーションの会社で働き始めた卒業生です。彼は機械・設備系の大学を卒業して、オートCADで設備図面制作のオペーレーターをやっていました。そのあと設計やデザインの仕事に興味をもって、そういった仕事をするにはどうしたらいいのかを調べていくうちに、同じCADでもベクターワークスが使えなければ就職が出来ないことを知りました。それで昨年末に会社をやめて、K&YインテリアデザインスクールにVectorWorks(ベクターワークス)をマスターするために入学しました。

受講したのはCADインテリアデザイナーコースです。それを週4日通えるようにスケジュールを組んで、約2ヶ月でCADのVectorWorks(ベクターワークス)、グラフィックソフトのIllustrator(イラストレーター)・Photoshop(フォトショップ)を完全にマスターしてポートフォリオを制作しました。

初めは、住宅リノベーションのデザイン・設計会社へ就職活動をしていましたがとても厳しかったようです。やはり経験やデザインの勉強をしていないので、履歴書、ポートフォリオ(作品)を送って面接には呼ばれても、なかなか良い返答がもらえませんでした。スクールにもそのことで相談に来ていました。

そこでハウスメーカーや工務店の営業や設計施工まで範囲を広げて就職活動をやってみました。そしたら、地元埼玉の企業から面接の連絡がありました。彼も面接に行くまではやっぱり営業とかをやらなければいけないのかなあと考えていましたが、面接をされた方とお話をしていると、自分がVectorWorks(ベクターワークス)、グラフィックソフトのIllustrator(イラストレーター)・Photoshop(フォトショップ)をマスターしていることを考慮してくださり、ある程度仕事を覚えたら設計のほうに移動できるというお話で内定をもらい無事採用になりました。

それから、その会社の方はK&Yインテリアデザインスクールの方をご存知で、昔、会社のどなたかがスクールにVectorWorks(ベクターワークス)を習いに来られていたそうです。縁がある話で、だから、彼の実力もよくわかってもらえたそうだとか・・・うれしい話ですよね(^_^)

初めは仕事の全体の流れを知るために先輩と一緒に顧客まわりの営業や現場管理をやるそうです。それで慣れてきたら設計部に配置されるとかいろいろなお話をうれしそうに話してくれました。

昨日は、新卒者と中途採用者の合同入社式があり、そのあとオリエンテーションで早く帰れたのでと、報告に来てくれました。「来週からは本格的に先輩と一緒に現場を廻るので忙しくなりそうです。だからどうしても今日挨拶にいこうと思って・・・・」と、突然やってきたので、「うれしんだけど来る前に電話を頂戴・・・(^_^;)」と言う会話を何度かわしたことか・・(笑)。


夢が一つ叶って良かったですね。

われわれもこんな話を聞くのが一番うれしいです!

もう一人の卒業生の話は、また明日書きますね。これもとってもうれしい話です♪



当スクールのインテリアデザイン教育にご興味がある方、または受講を希望される方は、下記のフォームから資料請求、体験授業に是非ともご参加ください

資料請求はコチラ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

http://www.kandy.ne.jp/form/dataclaim/

体験授業、コース説明会のご参加はコチラ
http://www.kandy.ne.jp/school/freelesson.php

インテリアデザイナー・店舗デザイナー・家具・プロダクトデザイナーを目指す人はインテリアデザイン専門の学校


2015年04月01日(Wed)▲ページの先頭へ
こんなうれしい情報が・・
今日から4月ですね。

今日から新しい会社で仕事初めという方も多いのではないでしょうか。K&Yインテリアデザインスクールにも何人か4月から仕事をスタートの人がいます(^.^)。初めはとても緊張すると思いますが、慣れるまでがんばってください。

K&Yインテリアデザインスクールには、入学のためのコース説明会のために多くの方が来校されますが、先週いらした方からこのようなうれしい情報を頂きました。

以前スクールブログで、スクール(学校)選びは慎重にしましょうと書いたことがあります。

それは、他校で学ばれていた方がK&Yインテリアデザインスクールのコース説明会(見学)にいらっしゃることが多々あります。あとで後悔しないように、勧誘の電話や、ひとつのインテリアスクール(学校)の説明会で決めず、しっかり自分で考えて選んでほしいです。って書いたのを読んで、その方は他校の説明会もいくつか廻られたそうです。

それで、授業内容やコストパフォーマンス(授業料)、授業時間などを細かく比べて、K&Yインテリアデザインスクールが一番バランスがとれていたということでした(^u^)。

授業の流れも、基礎でインテリア基礎知識とCADやグラフィックソフトの操作技術がバランスよく授業内容に組み込まれており、時間数も長く、応用コースでレベルの高い作品制作がしっかりできるインテリアデザインスクールはここだけでした!!。とおしゃっていました。

これは希望する職種にも寄りますが、 嬉しい情報です!!

何度も書きます。スクール選びは慎重に決めましょう!!(^u^)



インテリアコーディネーター・インテリアデザイナー・店舗デザイナー・家具デザイナーを目指す方にとって、レベルの高い技術や知識、そしてプレゼンテーション技術を身に付けられることで人気の高いインテリアコースの、4月生を若干名追加募集をいたします。最終募集日は2015年4/10(金)です。

少人数制のコースですので、引き続き定員となり次第締切りとなります。

2015年7月生の募集もすでに行っていますので、7月生のお申し込み次第で4月生が締切りになる場合もありますのでご了承ください。

お申し込みをご検討中の方はお早めに!!

各コースの詳細はコチラから。

インテリアコーディネーターとして働くときに困らない知識とCADスキルを身につけたい人が通うインテリアデザインコース(基礎編)

住宅デザインも店舗デザインも両方できるデザイナーになりたい人が通うインテリア全日コース

オフィスや住宅リノベーションのインテリアデザイナーになりたい人が通う→インテリアデザイナーコース

商業施設や新ビジネスの企画プランナーを目指す人が通うインテリアプロデュースコース

人々に安らぎや夢を与える空間や商業施設をデザインする空間デザイナーになりたい人が通う→店舗デザイナーコース

家具から日用品まで生活を豊かにする日常で使うプロダクトデザイナーになりたい人が通う→家具デザイン・プロダクトデザインコース




当スクールのインテリアデザイン教育にご興味がある方、または受講を希望される方は、下記のフォームから資料請求、体験授業に是非ともご参加ください

資料請求はコチラ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

http://www.kandy.ne.jp/form/dataclaim/

体験授業、コース説明会のご参加はコチラ
http://www.kandy.ne.jp/school/freelesson.php

インテリアデザイナー・店舗デザイナー・家具・プロダクトデザイナーを目指す人はインテリアデザイン専門の学校


   




新着トラックバック/コメント


カレンダ
2015年4月
     
   

アーカイブ
2006年 (30)
3月 (5)
4月 (6)
6月 (1)
8月 (1)
10月 (5)
11月 (4)
12月 (8)
2007年 (82)
1月 (13)
2月 (7)
3月 (8)
4月 (7)
5月 (8)
6月 (10)
7月 (10)
8月 (7)
9月 (8)
10月 (1)
11月 (2)
12月 (1)
2008年 (79)
1月 (3)
2月 (9)
3月 (4)
4月 (9)
5月 (5)
6月 (3)
7月 (3)
8月 (7)
9月 (10)
10月 (8)
11月 (10)
12月 (8)
2009年 (154)
1月 (11)
2月 (13)
3月 (12)
4月 (18)
5月 (12)
6月 (9)
7月 (11)
8月 (9)
9月 (10)
10月 (12)
11月 (21)
12月 (16)
2010年 (174)
1月 (9)
2月 (15)
3月 (11)
4月 (13)
5月 (10)
6月 (10)
7月 (11)
8月 (17)
9月 (20)
10月 (13)
11月 (19)
12月 (26)
2011年 (208)
1月 (19)
2月 (11)
3月 (14)
4月 (19)
5月 (11)
6月 (19)
7月 (22)
8月 (23)
9月 (25)
10月 (20)
11月 (13)
12月 (12)
2012年 (181)
1月 (11)
2月 (11)
3月 (15)
4月 (16)
5月 (9)
6月 (10)
7月 (6)
8月 (11)
9月 (7)
10月 (14)
11月 (55)
12月 (16)
2013年 (156)
1月 (15)
2月 (13)
3月 (12)
4月 (16)
5月 (6)
6月 (6)
7月 (6)
8月 (10)
9月 (10)
10月 (19)
11月 (19)
12月 (24)
2014年 (158)
1月 (7)
2月 (12)
3月 (12)
4月 (14)
5月 (15)
6月 (22)
7月 (19)
8月 (16)
9月 (11)
10月 (8)
11月 (12)
12月 (10)
2015年 (101)
1月 (8)
2月 (8)
3月 (10)
4月 (19)
5月 (9)
6月 (9)
7月 (11)
8月 (10)
9月 (6)
10月 (7)
11月 (4)

アクセスカウンタ
今日:467
昨日:1,028
累計:1,727,178