代々木のインテリアデザインスクールの日々の出来事 - 2013/09

東京・渋谷/CADスクール・インテリアスクール・インテリアデザイナー・店舗デザイナー・ベクターワークスの学校




[PR]



2013年09月29日(Sun)▲ページの先頭へ
楽しい課外授業♪〜新宿リビングデザインセンターOZOEN
先週の日曜日の課外授業の続きです。

インテリア基礎日曜コースのみんなは、リクシルショールームに行った後は、三井ビルで開催されている、エマニュエル・ムホーさんの展覧会に行ってきました。先週、インテリア全日コースのみんながレセプションパーティーに参加させてもらった「新宿クリエイターズ・フェスタ」のエマニュエル・ムホー展/100色です。♪

新宿ショールーム 025
新宿ショールーム 020
新宿ショールーム 022
新宿ショールーム 023
ここに着いたのが早かったので、この日はまだ誰も居ず、みんで寝っころがって、ああでもないこうでもないと言って楽しんで鑑賞しました(^_^)

そのあとは、新宿パークタワーにある、リビングデザインセンターOZONEに向かいました。リビングデザインセンターOZONEは建築・インテリア業界の人だったら誰もが知っているこれから家を建てようとする人たちが多く集まる商業施設です。
まだ行ったことがなくて、建築がインテリア好きな人、これから勉強をしようと思っている人は是非言ってみてください。とっても楽しい場所です。

まずはコンランショップで素敵なインテリアを鑑賞♪
20130922_114645
新宿ショールーム 027
新宿ショールーム 028
コンランショップのインテリアはいつ見ても素敵です♪

リビングデザインセンターOZONEの3階特設会場ではこんなイベントをしていました。
新宿ショールーム 035
私の家時間 〜秋を楽しむ5つのヒント〜
新宿ショールーム 034
新宿ショールーム 031
新宿ショールーム 029


お昼はこのビルにある地下のおしゃれなお店でランチ。中がちょっと暗すぎて撮った写真が全部ぶれていましたので見せられるのはこれだけ(^_^;)。
新宿ショールーム 040
パーティションの写真です。こおお店のデザインはスーパーポテトというとっても有名な店舗デザイン事務所です。

ランチを食べた後は1階にある東京ガスショールームへいきました。
新宿ショールーム 049
新宿ショールーム 051
新宿ショールーム 052

ここでは、靴を脱いで床暖房の快適さを直に触れながら住宅を鑑賞。東京ガスショールームも素敵なインテリアでした。

東京ガスショールームをあとにして、この日は代々木にK&Yインテリアデザインスクールまで歩いて戻って、そのあとはみんなはCADの授業でした(^.^)。

朝早くからいろいろ歩いてちょっと疲れましたが、午後の授業がコンピューターの授業だったので受講生のみんなは居眠りせずにしっかり勉強していました!!(笑)


2013年09月25日(Wed)▲ページの先頭へ
ダブルスクールの大学生から就職内定の連絡が入りました!!
K&Yインテリアデザインスクールにも、大学生の方がダブルスクールで多く通われています。

どんな学生さんが通われているかというと、大学では補えないCAD(ベクターワークス)やCGソフト、イラストレーター・フォトショップのレベルアップのために来る建築・美大・デザインの学生さんや、大学の進学の時にどうしても建築やインテリアのコースに進むことに決心ができず、でもやっぱり就職を考えると夢をあきらめられないという、法学部や文系のコースに進んだ学生さんたちです。

インテリアコースの週一コース(夜間コース、土曜コース、日曜コース)なら、大学の授業と重ねて、みなさん無理なく通うことができます。

そんな学生さんで、まさに就職前線真っ最中の方がいらっしゃいます。すでにエントリーをすませて2時面接、3時面接まで進み、次は、役員面談で内定という段階です。内定が出るまでは落ち着かないですね。早く嬉しい内定が出るといいのですが、こればかりは待っているしかないです(^u^)。と思っている矢先にうれしい報告がありました!!.

本当にうれしいニュースです。

今年の就職率は、前年よりよくなったといいますが、やっぱり最終内定を頂くまではハラハラどきどきしました!

このブログで、この業界(インテリア系)への就職活動のためには、ダブルスクールで通うなら2年生からがいいですというようなことを書きました。なぜなら、会社訪問などの就職活動は、だいたいの企業が3年生の2月くらいから始めます。エントリーシートからの応募も同じくらいです。そのとき、この業界の応募は必ずエントリーシートとポートフォーリオ(作品)を添付をしなければいけません。その準備はやはり早い方がよいのです。

今回内定をもらった卒業生は3年生の4月から入学しましたので、一般のエントリー受付より遅い企業になりました。でも、その卒業生は規模的には今回決まった20人くらいの会社を希望していたのでよかったそうです。本当にうれしそうでした。

企業によっては、4月すぎくらいから本格的に募集を始めているというところもありますし、それから中小のデザイン事務所では12月募集開始もあります。それなので、現在スクールに通っている人は、3年生4年生もいます(^_^;)。遅くはないです。ですが余裕があるといいですね(笑)。

将来の仕事でやっぱりインテリアデザインの仕事につきたいと考えている大学生のみなさん!!
4月や7月からの受講に決心がつかなかった方、間に合わなかった方は、是非、10月からきてください!!(^u^)

当スクールのインテリアデザイン教育にご興味がある方、または受講を希望される方は、下記のフォームから資料請求、体験授業に是非ともご参加ください

資料請求はコチラ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

http://www.kandy.ne.jp/form/dataclaim/

体験授業、コース説明会のご参加はコチラ
http://www.kandy.ne.jp/school/freelesson.php

インテリアデザイナー・店舗デザイナー・家具・プロダクトデザイナーを目指す人はインテリアデザイン専門の学校

K&Y INTERIOR DESIGN SCHOOLへ


2013年09月24日(Tue)▲ページの先頭へ
楽しい課外授業♪〜LIXILリクシルショールーム
台風の影響で取りやめになった先週の日曜日のインテリアデザイン基礎コースの課外授業を、おとといの日曜に行ってきたので、その様子をご紹介にます。

今回の課外授業は新宿ショールームを中心に廻りました。

新宿ショールーム 001
日曜日はこんなにお天気が良かったんですよ♪新宿ショールーム 003
新宿ショールーム 004
新宿ってビルばっかりのイメージがありますが、以外に緑の並木道が多いところです。爽やかな風が吹く中、みんなで散歩しながら、最初は LIXILリクシル東京ショールームへ行きました。

みなさん、リクシルってご存知ですか?
以前TVで「リクシルって知ってる?」のCMが流れていましたよね。

株式会社 LIXILは、トステム・INAX・新日軽・サンウエーブ・TOEX(旧 東洋エクステリア)という住まいのトップブランドがひとつになって生まれた住まいと暮らしの総合住生活企業です。したがって、ここのショールームも汐留パナソニックショールームのように住宅を建てるときに必要な住宅設備機器が揃っています。

新宿ショールーム 005
新宿ショールーム 007
新宿ショールーム 008
新宿ショールーム 009
まずは、インテリア好きなら、必ず見たい素敵なインテリアコーディネーションのお部屋から覗いてみました。 LIXILリクシルはサッシメーカーさんやエクステリアメーカーが多い会社です。なので、インテリアコーディネーションというより、インテリア&エクステリアコーディネーションまでの展示で、これがビルの中ではなくて、外部に面した住宅だったら、とっても気持ちがいいだろうなという感じでした。
新宿ショールーム 011
20130922_101734
20130922_102139
さすが、サッシ屋さん、外壁のサイディングやゴージャスな玄関ドアがいっぱい〜
新宿ショールーム 012
新宿ショールーム 013
新宿ショールーム 014
シックでおしゃれなインテリアもありました。
新宿ショールーム 015
新宿ショールーム 016
こんなゴージャスなバスルームもありますよ(笑)新宿ショールーム 017

キッチンの展示もたくさんあったのですが、そこは写真を撮るのを忘れていました。インテリアデザイン基礎(日曜)コースのクラスは今はインテリア基礎知識の講義授業2ブロックを受講中で、家具の分類・構造・機能性を知る、 「名作椅子の鑑賞」、材料・素材(木材・プラスティック編)、家具図面演習1 「システムキッチンを描こう」などの授業が終わって、来週はいよいよ家具デザインをプランニングします。それで、キッチンコーナーに居座って素材のレクチャーをみんなにしていたら、ここの写真を撮るのを忘れていました(笑)。

家具のデザインは材質からデザインまでを全部自分で考えるんですよ。楽しみです(^.^)。だから、このレクチャーをみんな真剣に聞いていました!.

このあとは、新宿三井ビルで開催中のエマニュエル・ムホーさんの展覧会に立ち寄って、それから新宿パークタワーのリビングデザインセンターOZONEに向かいました!

課外授業はまだまだ続きます。


2013年09月20日(Fri)▲ページの先頭へ
インテリアコーディネーションとは?
課外授業、就職のことと続いたので、今日はインテリアコースの受講生たちがどんな授業をしているのかをご紹介します。

K&Yインテリアデザインスクールは、大まかにコースが2つに分かれていて、CAD(ベクターワークス)やShedeのPC操作スキルを学ぶCADコースと、インテリアの勉強をCADとインテリア知識を総合的に学ぶインテリアコースがあります。

インテリアコースは、全日コースが修業期間6ヶ月、週一日だけ通う土曜または日曜コース、夜間19:00〜22:00週2回通う夜間コースが修業1年です。

先週の土曜日に土曜コースの授業風景です。

P9140010
P9140009

現在、彼らはインテリア基礎知識の第4ブロック(法規・設備)の授業を受講しています。この授業は単独で受講できる授業です。
前回の授業で法規・設備のレクチャーを終えて、初めてのオリジナルプランニングの時間です。スケール感がまだ定かではない彼らはゾーニングのチェックをうけて、一生懸命プラニングしています。
P9140012
P9140014

K&Yインテリアデザインスクールでは、CADなどのPCスクールの授業カリキュラムの時間を多くとっていることで有名ですが、インテリア基礎知識の授業ではみんな手描きで考えます。こんな基礎の勉強をしっかりやることですばらしいプランニングが出来るのです。
P9140013

みんな真剣にスケール(ものの大きさ)を考えてレイアウト(平面プラン)していきます。

この授業は初めてプランニングを考える授業なので、マーケティング授業でやるコンセプトなどは重要視せずにレイアウト(平面プラン)とインテリアコーディネーションを中心に学びます。

レイアウト(平面プラン)と言ってもスケールの感覚や動線計画もしっかりチェックされるので、みんな何度も書き直しします。この授業が終わった後は消しゴムのくずがいっぱいでます(笑)

レイアウト(平面プラン)ができたら次はインテリアコーディネーション!

P9140016

みんなはこれが一番楽しいのでは?でも、これはインテリアデザインの中でもセンスが問われる一番大事なところです。

インテリアをコーディネートするためには、床、壁、天井はもちろんのこと、家具、照明、カーテン、グリーン、インテリア小物を決めて、それらのデザイン、素材(テクスチャー)、色、価格と様々な要素や条件を考慮して創りあげていく必要があります。

いっぺんにそれらを考えていくには、初めてのプランニングをやっている彼らにはたいへんです。

そこで、インテリアのプロが教える、インテリアコーディネーション術です。こうすれば頭が整理できてセンスいい
インテリアコーディネーションができるというレクチャーです(^_^)。

P9140015

今回は、インテリアコーディネーション担当の竹本先生が産休中なので、K&Yインテリアデザインスクールの矢野校長の授業です。矢野校長は何でもできますからね(笑)。
P9140025
P9140028

私たちの仕事は、クライアントの要望を具現化しなければいけない仕事です。そのためにはクライアントとイメージを共有しなければいけない・・・に始まって、最終的なコーディネートは“どんなスタイル”を目指すのか、“キーワード”と“イメージ”を決める。などのことを話していました。
P9140037
P9140040
画像を見せながら、みんなにどんなイメージを感じるかなどをインタビューしていました。初めに必ず言葉で落とし込んでその共通を見つけ出す。それが見つけ出せればクライアントとイメージを共有できる。みたいな話もしていましたね(笑)。
P9140028
P9140031

それから、いろいろな画像でインテリアコーディネーションの共通スタイルを見ました。確かに画像でまとめてあるとインテリアスタイルには共通の法則スタイルがあるようです。
みんなそういう風に整理するのかと関心していました。応用コースCAD授業を担当している私も大変勉強になりました(^_^.)。
P9140041


この授業のご紹介は、今日はここまでです。

次回の授業で彼ら受講生たちは実際に家具や照明を選んでコーディネーションボードを作り上げます。その様子もご紹介できるようでしたらまたブログにアップします!


当スクールのインテリアデザイン教育にご興味がある方、または受講を希望される方は、下記のフォームから資料請求、体験授業に是非ともご参加ください

資料請求はコチラ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

http://www.kandy.ne.jp/form/dataclaim/

体験授業、コース説明会のご参加はコチラ
http://www.kandy.ne.jp/school/freelesson.php

インテリアデザイナー・店舗デザイナー・家具・プロダクトデザイナーを目指す人はインテリアデザイン専門の学校

K&Y INTERIOR DESIGN SCHOOLへ





2013年09月19日(Thu)▲ページの先頭へ
就職が決まった人、悩んでいる人・・・
今週は秋晴れが続きて毎日がとても気持ちがいいです。

昨日、店舗デザイナー(応用)コースを休学している受講生から連絡があり、就職が決まったと言う連絡がありました。彼は店舗デザイナー(応用)コースを4月から休学していていました。現在勤めていた会社の勤務時間体制が変わったので、半年は通学することができないと言うことが理由です。

それでまた10月から復学の準備を進めていた時、ふと求人サイトを見て、応募してみたい企業があったそうです。それで応募したら無事内定をもらえたと言う、うれしいニュースを報告してくれました。彼の場合、すでに応用コースの前半は受講していたのでポートフォーリオ(作品)はありました。

しかし私たちが薦めているのはやっぱり応用コースの前半で制作した作品より、後半で制作したもののほうが完成度は高いので、それを中心にポートフォーリオ(作品)をまとめるように指導しています。それをもって受講生は就職活動をします。応用前半で制作した作品で就職が決まるのは本当に稀で、彼は運が良かったのか、それとも彼の実力なのか・・・(笑)と講師陣みんなで喜んでました。彼は10月から新しいところで仕事をします。

それから、もうひとつの報告もありました。
こちらはすでに卒業した受講生ですが、内定をもらったのだけど決めかねているという報告です。その受講生はすでに何社か内定をもらったのに、なかなか決められない報告を何度かしてきます。゜(´Д`)゜。まだ会社をやめていないので、じっくり決めたいらしいです。まあそれもいいでしょう。選べるうちが花です。

このように、K&Yインテリアデザインスクールの卒業生は2.3社内定をもらうことが多いです。内定をたくさんもらうとまた違った悩みが生まれます。うれしい悩みのような贅沢な悩みのような・・・(笑)。スクールのコース説明会では他校を卒業したのに就職の面接すら呼ばれないという人も多く来校するというのに、この悩みはやっぱり贅沢です。
でも、これは本人にとって将来の大事なことなので、私たちは彼らが決めるまで見守るしかありません。

8月から9月に掛けても業界の求人数は減らず、それどころかどんどん多くなってきているようです。どこの企業も今年の末から来年にかけての案件が動いているらしく、それの準備で人材確保に忙しいようです。スクールには引き続きうれしい報告が入りそうです(^_^)。

また、うれしい報告があったらご紹介します!!


当スクールのインテリアデザイン教育にご興味がある方、または受講を希望される方は、下記のフォームから資料請求、体験授業に是非ともご参加ください

資料請求はコチラ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

http://www.kandy.ne.jp/form/dataclaim/

体験授業、コース説明会のご参加はコチラ
http://www.kandy.ne.jp/school/freelesson.php

インテリアデザイナー・店舗デザイナー・家具・プロダクトデザイナーを目指す人はインテリアデザイン専門の学校

K&Y INTERIOR DESIGN SCHOOLへ



2013年09月17日(Tue)▲ページの先頭へ
楽しい課外授業〜美術館で鑑賞できなかった“美術館へいこう”
各地に多大なる被害をもたらした台風18号も、列島も駆け抜けて本日はすばらしい晴天となりました。
この美しい晴天を見て、自然の猛威の前では私たちは何もできないのかと改めて考えさせられましたが、それに打ち勝つには、一日一日を精一杯がんばって生きていくしかないのでしょう。

さて、まじめな話の次は、がらりと変わって、楽しい課外授業♪の続きです。

美術館へいこう08

楽しい課外授業の最後は六本木に移動して、ギャラリー鑑賞です。

まずは、乃木坂にあるTOTOギャラリー間で開催されている建築家クリスチャン・ケレツ氏の日本初の個展鑑賞です。

美術館へいこう05
美術館へいこう06
美術館へいこう04
美術館へいこう07

建築家クリスチャン・ケレツ氏の建築は、究極のミニマリズムです。構造がこれで支えられるのかと思えるくらい不思議な空間ですが、自由な発想からできたものだということが模型をみるとわかりやすく伝わってきます。
7 087
7 094

みんな熱心に見ています。
建築があまりわからない人でも書籍、写真集、CG映像があるので、楽しめます。

建築の勉強をやっている学生で、オリンピックの開催に向けて何かしらこのイベントに携わりたい、と思っているという人が多くなったと聞きます。
やはり、大きなイベントが目の前にあることは、自分の目標になります。

もちろん私たちインテリア業界も忙しくなり、この大きなイベントに携わる人々が大勢でてきます!
この波に乗り遅れないようみんなも一生懸命勉強しましょう。

この展覧会は、今月28日(土)まで開催していますので、建築を勉強している人はもちろんのこと、インテリアを勉強している人も是非鑑賞してください。

そのあとTOTOギャラリー間の同じビルの1階、地下1階にあるセラ・トレーディングのショールームを見学して、ミッドタウンの21-21DESIGN SIGHTへ移動しました。
7 099


21-21DESIGN SIGHTは現在「カラーハンティング展 色からはじめるデザイン」開催中です。

美術館へいこう02


21-21DESIGN SIGHTのカラーハンティングポスター前で恒例の写真撮影。
ここで事件が起きました!
写真をとっているとき誰かが館内暗いですねっていいました。すると一人が、ここに火曜日は休館日って書いてありますよって・・・・・・(・_・;)
そうでした!
21-21DESIGN SIGHTはこの日は休館日でした。

ここまで来たのにみんなにごめんなさい・・

7 110

20130910_162911

てな訳で、「カラーハンティング展 色からはじめるデザイン」は各自で行ってもらうことにして、最後はミッドタウンの広大な公園を見ながら休憩してから帰りました!!(笑)

一日いろいろなところへ行って楽しかったですね。





2013年09月16日(Mon)▲ページの先頭へ
楽しい課外授業♪〜パナソニックリビングショールーム編
とうとう台風18号は本土上陸で列島横断中です。竜巻、突風、豪雨と次々に被害のニュースが入ってきます。東京も朝から電車の遅れなど影響がでているようです。今はできるだけ早く通りすぎて被害がこれ以上広がらないことを祈るだけです。

さてブログはインテリア全日コースの課外授業の続きです。

インテリア全日コースの受講生たちが、羽田の次に行った場所は汐留のパナソニックリビングショウルーム。
このパナソニックリビングショウルームはパナソニックの住宅設備の全商品が揃っているショールームです。

panasonic02
照明のコーナーにはたくさんの照明器具ありました。まぶしい〜。
panasonic04
ひとつひとつスイッチをつけて照明の明るさをチェックできます。panasonic06
水流、水圧を直に手の感触でみることができるコーナーです。こんなちょっとしたことでもすごい〜ってみんな感動してました(笑)panasonic05
panasonic07
panasonic03
panasonic08
最後はリビングシアタールームでウーハーサラウンドに感動!!(笑)

インテリア全日コースのクラスは住空間のプランニング授業もたっぷりありますので、たいへん勉強になります。実物をメジャーで計ったり、素材を直に触ったりして、しっかりメモをしてみんな勉強熱心です。

本当に楽しそうですね。
楽しんでくれて良かった良かった(^.^)

いろいろな設備や素材を触って確認する。こんな授業は机上では学べない貴重なものです。こんな授業を大切にしているのがK&Yインテリアデザインスクールのインテリアコースの授業です。

K&Yインテリアデザインスクールのインテリア全日コースの課外授業はまだまだ続きます。(^_^)




2013年09月15日(Sun)▲ページの先頭へ
楽しい課外授業〜羽田デザイナーズチェア編
今朝の東京は台風18号の影響で局地的大雨が続いています。

今日はインテリアのインテリア基礎日曜コースは、午後から課外授業で、都内のインテリアショップ、インテリアショールーム廻りですが、課外授業を続行するか決めかねています。

K&Yインテリアデザインスクールの受講生は遠くから通っている人も多く、夕方暴風雨で帰れなくなると大変なので、お天気次第では中止も止む得ません。

それで、その課外授業とはどんなものなのか、その様子を今日はご紹介します。

先週、インテリア全日コースのみんなは課外授業に行って来ました♪

その前の週はエマニュエル・ムホーさんの展覧会に行ったし、お出かけ授業が続いています。でも、みんなこんなお出かけ授業は大好きなんですよね♪

さて、彼らはどこに行ったかというと、まずは羽田空港に向かいました。羽田に向かうときのモノレールの中でみんなすでにテンションが高くなっていました。羽田に行っても飛行機には乗りませんよ!(笑)。みんな遠足のような修学旅行のような気分です。

7 018
羽田は2020年東京オリンピック決定のお祝いムードです。この羽田に行ったのは発表2日後で、こんな垂れ幕やエスカレーターの手すりにポスターが貼ってあるにみんなでびっくりしました。すでに用意がしてあった?そんなはずはないですよね(笑)。でもこの2日でポスターを刷って貼ったのにもみんなでびっくり(笑)。デザインスクールらしい話題で盛り上がりました(^.^)。
7 023

なぜ、羽田に行ったのかというと、羽田第2ターミナルに世界のデザイナーズチェアがづらりと並んだ、素敵なフードコート「UPPER DECK TOKYO」があります。
7 025
7 026
7 027
7 028

そこには、世界中から集められた約170種類のもの椅子がずらりとピックアップ!
みんな大興奮!!
だって、先日家具の授業で勉強した名作チェアの本物が見られたからです!!
みんなの、『これはあれあれ』『これはえーとこの間勉強したばっかりの・・・』という発言がおかしい。
本当にこの間勉強したばかりなのにもう忘れている(^_^;)(笑)
全体的にはこのフードコードレストランにあわせて、シックな色合いのチェアが多かったです。
7 029

7 030
まずはたくさんの椅子で座り心地を確認。そのあとここでみんなで食事をしました。7 019
フードコートレストランなので好きな椅子に座って食事ができます。ここには各国のおししいものがなるのでどこの国にしょうかなと迷います(^_^)。7 021
紙コップがかわいい♪
7 031
7 032
7 033

受講生のみんなは、お気に入りの椅子を見つけては座って試すことができて、たのしい時間でした。

インテリアや家具を勉強している方は、ぜひ羽田第2ターミナルへ行って名作チェアの座りごこちを試して下さい!!
いろいろな椅子に座って、触って素材などを確認する。こんな授業は机上では学べない貴重なものです。こんな授業を大切にしているのがK&Yインテリアデザインスクールのインテリアコースの授業です。

インテリア全日コースのみんなは今10月13日(日)に開催される公開プレゼンテーションの為の作品制作で毎日がいっぱいいっぱい状態です。ですから、そんなときにこんな課外授業があると、気分転換になってアイデアもでてきて良いんですよ!

そして、このあともまだまだ課外授業は続きます。。。


2013年09月11日(Wed)▲ページの先頭へ
ワークショップ『凹凸』が開催されます。
K&Yインテリアデザインスクールでは、、毎回好評のワークショップを9月22日(日)に開催致します。

今回のテーマは、『凹凸』についてです。
凹凸形状から得る現象や効果を理解し、新しいユニバーサルデザインを模索します。
work_shop05

CIMG1883

プロダクトデザイナー家具デザイナーは、デザインの提案、制作図面、などを作成し、試作品のチェックからデザイン修正と製品の完成までを管理します。デザイン提案は3DCGが主流になっていますが、実物の表現技術という面で原寸模型を作ることもあります。

その中で最も重要となってくるのが家具の構造や素材の知識。デザインする時はもちろんですが模型制作をする時や実物を制作する時も、その構造知識がとても重要となってきます。

それらの知識を得るためには今回のワークショップのように実際に模型を制作して学ぶことが一番だと思います。お時間がある方は是非ご参加ください。

もちろん家具づくりに興味がある方、将来家具を作ってみたい方にもご参加頂きたいと思います。
初心者の方大歓迎です!!!!!


※このワークショップはK&Yインテリアデザインスクールの受講生はもちろん、家具に興味がある方ならどなたでも参加して頂くことができるワークショップです。

<ワークショップ詳細>
=================================== 
日時 :2012年9月22日(日) 13:30〜16:00
テーマ: 「凹凸」 
     凹凸形状から得る現象や効果を理解し、
     新しいユニバーサルデザインを模索します。

場所   : K&Yインテリアデザインスクール
定員  : 6名
参加費 : 1,500円
================================

お申込みはコチラ
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
http://www.kandy.ne.jp/form/workshop/



当スクールのインテリアデザイン教育にご興味がある方、または受講を希望される方は、下記のフォームから資料請求、体験授業に是非ともご参加ください

資料請求はコチラ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

http://www.kandy.ne.jp/form/dataclaim/

体験授業、コース説明会のご参加はコチラ
http://www.kandy.ne.jp/school/freelesson.php

インテリアデザイナー・店舗デザイナー・家具・プロダクトデザイナーを目指す人はインテリアデザイン専門の学校

K&Y INTERIOR DESIGN SCHOOLへ


2013年09月07日(Sat)▲ページの先頭へ
「新宿クリエイターズ・フェスタ」。エマニュエル・ムホー展/100色
昨日夕方から、K&Yインテリアデザインスクールインテリア全日コースの受講生たちは、新宿で開催されている「新宿クリエイターズ・フェスタ」エマニュエル・ムホー展/100色に行ってきました♪
7 053

100u以上ある空間に100色の紙が吊られている展覧会会場は圧巻でした。
7 046

7 045

紙が吊られている下に1メートルくらいの空間があって、そこに入り込んで下から見る風景が言葉に表せない感動があります。
7 049
7 050
7 051
7 056


色の魅力を最大限に表現するデザインで、今たいへん注目をされているエマニュエル・ムホーさんは、東京に事務所を構えているフランス人建築デザイナーで、ABCクッキングスクールや巣鴨信用金庫のデザインを手がけています。

連日続く課題作りで、肉体的にも精神的にも追い込まれている(?)インテリア全日コースの受講生たちには(笑)、ちょっとリフレッシュできて、ちょっと刺激を受けた展覧会鑑賞となりました。

エマニュエル・ムホーさんのことを詳しく知りたい方は、K&Yインテリアデザインスクールの母体会社アトリエK&Yが運営しているサイト「インテリア情報サイト」での特集記事でご紹介していますので、こちらも是非読んでみて下さい。
  ↓  ↓  ↓
東京在住のフランス人建築デザイナーエマニュエル・ムホー

明日は、そのエマニュエル・ムホーさんと受講生たちが写真を撮らせてもらったり、お話をさせてもらっている様子をご紹介しますね(^_^)。

お楽しみに!!


   




新着トラックバック/コメント


カレンダ
2013年9月
         

アーカイブ
2006年 (30)
3月 (5)
4月 (6)
6月 (1)
8月 (1)
10月 (5)
11月 (4)
12月 (8)
2007年 (82)
1月 (13)
2月 (7)
3月 (8)
4月 (7)
5月 (8)
6月 (10)
7月 (10)
8月 (7)
9月 (8)
10月 (1)
11月 (2)
12月 (1)
2008年 (79)
1月 (3)
2月 (9)
3月 (4)
4月 (9)
5月 (5)
6月 (3)
7月 (3)
8月 (7)
9月 (10)
10月 (8)
11月 (10)
12月 (8)
2009年 (154)
1月 (11)
2月 (13)
3月 (12)
4月 (18)
5月 (12)
6月 (9)
7月 (11)
8月 (9)
9月 (10)
10月 (12)
11月 (21)
12月 (16)
2010年 (174)
1月 (9)
2月 (15)
3月 (11)
4月 (13)
5月 (10)
6月 (10)
7月 (11)
8月 (17)
9月 (20)
10月 (13)
11月 (19)
12月 (26)
2011年 (208)
1月 (19)
2月 (11)
3月 (14)
4月 (19)
5月 (11)
6月 (19)
7月 (22)
8月 (23)
9月 (25)
10月 (20)
11月 (13)
12月 (12)
2012年 (181)
1月 (11)
2月 (11)
3月 (15)
4月 (16)
5月 (9)
6月 (10)
7月 (6)
8月 (11)
9月 (7)
10月 (14)
11月 (55)
12月 (16)
2013年 (156)
1月 (15)
2月 (13)
3月 (12)
4月 (16)
5月 (6)
6月 (6)
7月 (6)
8月 (10)
9月 (10)
10月 (19)
11月 (19)
12月 (24)
2014年 (158)
1月 (7)
2月 (12)
3月 (12)
4月 (14)
5月 (15)
6月 (22)
7月 (19)
8月 (16)
9月 (11)
10月 (8)
11月 (12)
12月 (10)
2015年 (101)
1月 (8)
2月 (8)
3月 (10)
4月 (19)
5月 (9)
6月 (9)
7月 (11)
8月 (10)
9月 (6)
10月 (7)
11月 (4)

アクセスカウンタ
今日:467
昨日:1,028
累計:1,727,178