代々木のインテリアデザインスクールの日々の出来事 - 2010/07

東京・渋谷/CADスクール・インテリアスクール・インテリアデザイナー・店舗デザイナー・ベクターワークスの学校




[PR]



2010年07月25日(Sun)▲ページの先頭へ
時間と共に変化する住宅 U
きのうはK&Yインテリアデザインスクールの運営会社である、まちづくり創造集団『アトリエK&Y』のプレゼン資料をご紹介しました。

東京近郊の都市に建つファミリー向けの複合型住宅のプランをデベロッパー向けにプレゼンテーションしたもので、このプランは、30代子育て世代にターゲットをしぼった住宅の提案でまだ小さい3人男の子を抱えた共働き夫婦が、子供たちの成長とともに住まいも変化するのを想定して、収納家具の組み合わせによって、5年後、10年後、の変化する住宅のプランです。

まずはその続きで5年後、のプランです。




小学3年生になったお兄ちゃんの個室です




下の二人は仲良く机を並べてお絵かきや勉強をします。まだ、子供たちの遊ぶ空間はたっぷりあります。



そして、10年後のプランです








子供たちはそれぞれ大きくなたので、小さいときから使っていた収納家具を使って子供3人の個室を作りました。



マティリアルボード&カラースキームボードです


ファニチャーボード。既製家具、オリジナル家具合わせたボードです


このプランは、前回のK&Yインテリアデザインスクール夏の公開プレゼンテーションインテリアデザイナーコースの課題として使わせていただきました。

そのときは、今回の課題の開発地が『自由が丘』だったために、自由が丘の住宅プランとして受講生の方は制作しています。

このように、K&Yインテリアデザインスクールインテリアコースの課題は、実務で使われているものを時々使います。

まだまだ、受講生の作品と、プロの作品では歴然とした差はありますが、それを見て制作するということはそれだけ、プロのレベルに近づけるということです。

だから、K&Yインテリアデザインスクールの受講生作品のレベルが高いのも、こういったプロの指導と作品を見ているからとうなずけるはずです。


こんな実践型の勉強をしているのがK&Yインテリアデザインスクールです。




インテリアデザイナー・家具・プロダクトデザイナーを目指す方はインテリアデザインの学校
K&Y INTERIOR DESIGN SCHOOL(K&Yインテリアデザインスクール)へGO!!☆!







時間と共に変化する住宅 T


今日はK&Yインテリアデザインスクールの運営会社である、まちづくり創造集団『アトリエK&Y』のプレゼン資料をご紹介します。


まちづくり創造集団『アトリエK&Y』とは、K&Yインテリアデザインスクールの代表である矢野校長のデザイン会社で、商業施設や住空間に新提案をするプロデュースと、空間(インテリア)とWEBで地域活性化プロジェクトを推進するデザイン事務所です。

東京近郊の都市に建つファミリー向けの複合型住宅のプランをデベロッパー向けにプレゼンテーションしたものを今回お借りして掲載します。

このプランは、30代子育て世代にターゲットをしぼった住宅棟と商業施設が併設したエリア開発です。










まだ小さい3人男の子を抱えた共働き夫婦が、子供たちの成長とともに住まいも変化するのを想定して、収納家具の組み合わせによって、5年後、10年後、の変化する住宅を考えました。

まずは、現在











子供たちが小さいときは、部屋の中でも思いっきり遊べるように広々とした1LDKのプランです。

今日の掲載はここまで・・・・・明日、5年後、10年後のプランを掲載します!!



このプランは、前回のK&Yインテリアデザインスクール夏の公開プレゼンテーションインテリアデザイナーコースの課題として使わせていただきました。

そのときは、今回の課題の開発地が『自由が丘』だったために、自由が丘の住宅プランとして受講生の方は制作しています。

このように、K&Yインテリアデザインスクールインテリアコースの課題は、実務で使われているものを時々使います。

まだまだ、受講生の作品と、プロの作品では歴然とした差はありますが、それを見て制作するということはそれだけ、プロのレベルに近づけるということです。

だから、K&Yインテリアデザインスクールの受講生作品のレベルが高いのも、こういったプロの指導と作品を見ているからとうなずけるはずです。


こんな実践型の勉強をしているのがK&Yインテリアデザインスクールです。




インテリアデザイナー・家具・プロダクトデザイナーを目指す方はインテリアデザインの学校
K&Y INTERIOR DESIGN SCHOOL(K&Yインテリアデザインスクール)へGO!!☆!







2010年07月19日(Mon)▲ページの先頭へ
コンペティション投票受付中
第3回エントリー作品投票受付中!!是非ご投票ください。

「K&Y INTERIOR DESIGN SCHOOLdesign competition」は、VectorWorks・Shade作品を通じて、未来を担う若い才能の発掘と作品発表の場を提供することを目的としてスタートさせました。テーマ・表現・使用するアプリケーションは自由とし、学生らしい大胆なチャレンジ精神の発表を、WEBという新しい場に求めました。

皆様のご投票により、グランプリが決定します。お一人お一人が審査員です。賛同できる作品がありましたら、何卒、ご投票のほどをお願い申し上げます。ご投票いただいた皆様に抽選で一万円相当のプレゼントをご用意しております。それではごゆっくりご覧ください。

作品観覧・投票はこちら
↓  ↓  ↓
http://www.kandy.ne.jp/compe/nominate6_03.htm


第2回エントリー作品の投票期間は終了しました。たくさんのご投票ありがとうございました。結果は、10月の公開プレゼンテーションの際に発表致します。


2010年07月17日(Sat)▲ページの先頭へ
研修期間を終え、正社員になります!!
昨日、インテリア全日コースの卒業生から電話があり、今、勤めているプロデュース会社でセミナーがあるので是非K&Yインテリアデザインスクールのみなさんいらしてくださいと連絡がありました。

その事務所の先生は、それはそれは有名な空間プロデューサーの先生です。

数々の企画されたイベントで町おこしなどをされる方でもあります。

その方のお兄様もとても有名な建築家です。

確か、このプロデューサーの先生が企画したのが東京ミッドタウンで、それに付随するデザインミュージアムの建築家がお兄様です。


わたしも是非とも参加したかったのですが、仕事があったので残念でした。
それから、電話をくれた卒業生も、来月から、無事研修期間を終え正社員になるそうです。

そう答えてくれる声は、本当に仕事を楽しんでいる元気そうな声でした。。

こういった知らせを聞くのが私も就職担当してうれしいです!!


そして、ただいまK&Yインテリアデザインスクールでは、
第6回デザインコンペティション
開催中です!!



皆様のご投票でグランプリ作品が決定します!!
こちらから作品をご覧になり、投票にご協力ください!!
ご投票いただいた皆様に抽選で一万円相当のプレゼントをご用意しております♪

投票はコチラ


2010年07月16日(Fri)▲ページの先頭へ
平成生まれの新入学生


今週から、K&Yインテリアデザインスクールインテリアコースでは7月生が入学して新コーススタートです。

今回は若い新入学生が多く、特にインテリア全日コースは二人の平成生まれが入学しました。


インテリア全日コースは、教育の一環として毎週のように都内の美術館、ショールームに出掛けます。

やはり平成生まれの若い人たちがいると賑やかですね。。


ギャラリー間にデビット・アジャイ展を見にいた帰りにミッドタウンでお茶しました(*^_^*)

K&Yインテリアデザインスクールは、インテリアデザイン専門のビジネススクールで、一度社会経験を積んで、それでも夢をあきめきれず、再度勉強をしようとする社会人の方を対象にしたスクールですので、年齢も幅広く10代から40代くらいまでの方が方が通われています。それで、ちょっと平均年齢も高いのですが、この平成生まれの入学生がはいったおかげでぐーっと平均年齢も若返りました(笑)。。。


こういった幅広い年齢の夢をもった若者が集まるスクールっていいものです(*^。^*)










2010年07月13日(Tue)▲ページの先頭へ
デザインコンペティション 最終投票期間 お見逃しなく!!
ただいまK&Yインテリアデザインスクールでは、
第6回デザインコンペティション開催中です!!
最終章ですので、これで投票は終了です!!投票される方はお急ぎを!!



このインテリアデザインコンペティションは2005年から開催せれており、主にK&Yインテリアデザインスクールの学生たちが競い合う学生コンペです。

5/11〜6/10までは、第一次投票期間として、6作品がエントリーされ、競い合いました。

6/11〜7/10までは、第二次投票期間として、7作品がエントリーされ、競い合いました。
たくさんのご投票ありがとうございました。
結果は、10月の公開プレゼンテーションの際に発表致します。

そして7/11〜8/10までは
最終の投票期間です!!

新たに7作品がエントリーされました。
現在投票受付中の作品はコチラ
















マーケティングからデザイン力までの評価を受けグランプリを獲得した卒業生はいままさに現役で活躍している卒業生たちばかりです。
その他、たくさんの卒業生が店舗デザイン業界や有名デザイン事務所で活躍しています。
今年は一体誰の作品がグランプリをとるのでしょう!?


皆様のご投票でグランプリ作品が決定します!ご投票いただいた皆様の中から抽選で、プレゼントもご用意しております。
ご投票をよろしくお願いします☆


投票はコチラ





2010年07月12日(Mon)▲ページの先頭へ
代々木の隠れ家的レストラン
今日は、久々にお薦めのレストランを
ご紹介したいと思いますヾ(。´∀`。)o

K&Yインテリアデザインスクールから徒歩2〜3分のところにある
イタリアンレストラン「La libera ラ・リベラ 」です。



K&Yインテリアデザインスクールのスタッフたちも大好きなお店で、
受講生の中にもファンが増えつつあります(。・ω・。)ノ

代々木界隈でも人気店らしく、
ランチタイムは女性客でいっぱい(゚∀゚)♪
ディナータイムも先日予約しようとしたら、
満席とのことで入れませんでした(; ゚ ロ゚)

大通りに面しているわけでもなく、静かな住宅街なのに、
この人気はすごいですね(*´∀`)b

というのもやはり料理が美味しいからでしょうか!


つい先日もK&Yインテリアデザインスクールのスタッフの
誕生祝を兼ねてお邪魔しました。

いつもはAランチ(スープ+サラダ+パスタ)なのですが、
バースデーのスタッフだけはBランチ(スープ+サラダ+前菜の盛り合わせ+パスタ)!!
゚+(艸゚Д°)イイナ!!
上の写真がBランチの前菜です★

まずこのスープとサラダが絶品です!!
日替わりのスープはクリーム仕立てで、この日はパンプキンでした。
ランチ用なので、少ししかないのですが、
もっともっと飲みたくなる魅力的なスープです♪

サラダも新鮮鎌倉野菜を使用していて、シャッキシャキでとても美味しいです!!

こういうオプションへの気配りに女性は弱いですよね(b゚v`*)

残念ながらパスタの写真を取り忘れたので、パスタの画像はないのですが・・・
食べるのに夢中でした(笑)
いつも日替わりが3種類用意されていて、その中からチョイスできます!
トマト系・クリーム系・オイル系の三種です。

日によっては、他では食べられないようなソースがあったりして
毎日通っても飽きません。

さらにシェフやスタッフも若いメンズだから、
奥様方に人気なのでしょうかね(笑)

受講生の方は、授業の日にでも行ってみてくださいね!!
(あまりにも混んでしまうと私たちがいけなくなって困りますが・・・笑)



「La libera ラ・リベラ 」


住所:東京都渋谷区代々木1-23-7 第三瑞穂ビル 1F
TEL:03-3375-6422
営業時間:11:30〜14:30 18:00〜23:00(L.O.22:00)



2010年07月11日(Sun)▲ページの先頭へ
2010年 夏の公開プレゼンテーション作品公開
2010年7月4日(日)に開催された、第23回公開プレゼンテーションの作品をアップ致しました。

このプレゼンテーションは各分野のプロフェッショナルの育成コースである当スクールのインテリア全日コースインテリアデザイナーコースインテリアプロデュースコース店舗デザイナーコースの受講生が3ヶ月間の成果を発表する公開プレゼンテーションです。

今回の課題テーマは・・・
『30代子育て世代向けの住まいと生活提案 in 自由が丘』
インテリアデザイナーコースは、30代子育て世代の住宅プランの提案です。5年後・10年後・15年後を想定しての家族の変化で、住まいも変化できるプランです。
インテリアプロデュースコースは、自由が丘という立地に、集合住宅+店舗の併設という新ビジネスのプランの提案です。
インテリア全日コース店舗デザイナーコースは、30代子育て世代に向けての飲食店の提案です。

作品はこちら
↓ ↓ ↓
http://www.kandy.ne.jp/event/event_8_23.htm
(一部の作品をアップしました。引き続きアップ致しますのでしばらくお待ちください。)


2010年07月09日(Fri)▲ページの先頭へ
黒人建築家 デビット・アジャイ講演会 OUTPUT
1966年タンザニア生まれのイギリス気鋭の黒人建築家、David Adjaye(デイビッド・アジャイ)の講演会が昨日ギャラリー間の主催で津田塾ホールで行われました。



ギャラリー間とは、トイレのメーカーのTOTOが運営する建築専門のギャラリーです。

ギャラリー間では、展示物が変わる時にこういった講演会を開催するのですが、これが無料で抽選ときているので、毎回席を取るのに苦労します。

今回もやっととれて6枚だったので、K&Yインテリアデザインスクールの学生とスタッフをつれて行ってきました。

今回の講演会はDavid Adjaye(デイビッド・アジャイ)の建築をひとつひとつ紹介するものでした。

David Adjaye(デイビッド・アジャイ)の建築は、光にこだわるデザインで、ひとつがひとつ洗練されていて、光と素材の扱い方がとても統一感があるものでした。

決して派手ではないのですが、洗練された統一感を感じさせます。彼が光にこだわったのはやはり、アフリカとロンドンという間逆の光を受ける土地で育ったせいでしょうか。

彼の建築は、光で時間軸を感じさせ、今ここにいるという実感が常に湧いてくる空間です。空間の暖かさを感じさせます。

他の大御所の建築家に比べ、それほど多くのプロジェクトを手がけていないにも関わらず、すでにヨーロッパでは注目を浴びているそうです。

彼の建築は日本人のデザイナーの感覚と似ています。

作品全体が日本人が好きな建築だと思います。

それは、なぜかなと考えていたら、彼は10年ほど前に日本の京都に留学をして、茶室建築の研究をしていたそうです。

それを、聞いて納得しました。

現在、六本木のギャラリー間では9月18日まで彼の作品展を開催していますので、みなさんもぜひ行ってみてください。

きっとあなたも彼の建築が好きになるはずです。。。。。


■開催時間
11:00−18:00
金曜日は19:00まで
■休館日
日曜・月曜 ・祝日
夏期休暇:
8月8日(日)〜8月16日(月)
■入場無料







2010年07月06日(Tue)▲ページの先頭へ
2010 夏の公開プレゼンテーションが終わって・・・・
毎日 暑いですね。。。それも嫌〜な蒸し暑さです。。。

雨も局地的に豪雨になったりで各地に被害がでているみたいですが、被害にあわれた皆様にはお悔やみを申し上げます。この雨もまだまだ続くそうです。くれぐれも豪雨には気をつけましょう!!



さて、この間の日曜日にK&Yインテリアデザインスクールでは、恒例の『夏の公開プレゼンテーション』を開催しました。

公開プレゼンテーションの詳しい内容はこちらへリンクしてください。いままでの作品などのご覧になれます。

K&Yインテリアデザインスクールは開校して今年で10年目です。

そして、この公開プレゼンテーションも23回目を迎えて、いまでは多くの卒業生をインテリア業界へ送り出してきました。


ときどき卒業生が遊びにきて、今携わっている仕事のことをあれこれ聞くのが本当に楽しみです。決して楽ではない仕事だし、現状はどこの分野でもそうですが、このインテリア業界も厳しいはず・・・・でも、そんなところは見せず、みんな本当にたのしそうです。

『好きなことをやっている人にかなうものない』とあのパナソニックの創立者松下幸之助はよく言ってたそうです。そして、それを楽しんでいる人が一番!!らしいです(笑)。。。

本当にそう思います(^。^)

卒業生たちをみていると本当にそう思いました!!






プレゼンテーションのあとは講師、在校生、卒業生 みんなで打ち上げです






2010年07月05日(Mon)▲ページの先頭へ
公開プレゼンテーションレポート
 7月4日(日)にK&Yインテリアデザインスクールで開催された
第23回公開プレゼンテーションが無事終了致しました。
多くの方にお越しいただき本当にありがとうございました。

 プレゼンテーションはインテリアデザイナーインテリアコーディネーター店舗デザイナープロダクトデザイナーにとって必要不可欠なものです。
K&Yインテリアデザインスクールでは、受講生のみなさんにこういった経験をしていただくために年4回の公開プレゼンテーションを開催しています。

 今回のプレゼンテーションのために設定した計画地は自由が丘!!
この自由が丘の課題は初めて行うもので、インテリア全日コース、店舗デザイナーコース、インテリアデザイナーコース(住宅編)、インテリアプロデュースコース、の各受講生達は非常に苦労して企画を絞り込んでいました。

その甲斐があってか、どの受講生も個性があり、非常に面白い作品ばかりになりました。
今回発表された作品は修正した後、K&Yインテリアデザインスクールのホームページ
に掲載いたしますのでお楽しみに。

過去の作品はこちら
↓  ↓  ↓
http://www.kandy.ne.jp/event/event_8_22.htm



現在、受講生達の作品などを集めてコンペティションを開催しています。
是非そちらもご覧ください。
↓ ↓ ↓
http://www.kandy.ne.jp/compe/nominate6_02.htm


   




新着トラックバック/コメント


カレンダ
2010年7月
       

アーカイブ
2006年 (30)
3月 (5)
4月 (6)
6月 (1)
8月 (1)
10月 (5)
11月 (4)
12月 (8)
2007年 (82)
1月 (13)
2月 (7)
3月 (8)
4月 (7)
5月 (8)
6月 (10)
7月 (10)
8月 (7)
9月 (8)
10月 (1)
11月 (2)
12月 (1)
2008年 (79)
1月 (3)
2月 (9)
3月 (4)
4月 (9)
5月 (5)
6月 (3)
7月 (3)
8月 (7)
9月 (10)
10月 (8)
11月 (10)
12月 (8)
2009年 (154)
1月 (11)
2月 (13)
3月 (12)
4月 (18)
5月 (12)
6月 (9)
7月 (11)
8月 (9)
9月 (10)
10月 (12)
11月 (21)
12月 (16)
2010年 (174)
1月 (9)
2月 (15)
3月 (11)
4月 (13)
5月 (10)
6月 (10)
7月 (11)
8月 (17)
9月 (20)
10月 (13)
11月 (19)
12月 (26)
2011年 (208)
1月 (19)
2月 (11)
3月 (14)
4月 (19)
5月 (11)
6月 (19)
7月 (22)
8月 (23)
9月 (25)
10月 (20)
11月 (13)
12月 (12)
2012年 (181)
1月 (11)
2月 (11)
3月 (15)
4月 (16)
5月 (9)
6月 (10)
7月 (6)
8月 (11)
9月 (7)
10月 (14)
11月 (55)
12月 (16)
2013年 (156)
1月 (15)
2月 (13)
3月 (12)
4月 (16)
5月 (6)
6月 (6)
7月 (6)
8月 (10)
9月 (10)
10月 (19)
11月 (19)
12月 (24)
2014年 (158)
1月 (7)
2月 (12)
3月 (12)
4月 (14)
5月 (15)
6月 (22)
7月 (19)
8月 (16)
9月 (11)
10月 (8)
11月 (12)
12月 (10)
2015年 (101)
1月 (8)
2月 (8)
3月 (10)
4月 (19)
5月 (9)
6月 (9)
7月 (11)
8月 (10)
9月 (6)
10月 (7)
11月 (4)

アクセスカウンタ
今日:463
昨日:1,028
累計:1,727,174