代々木のインテリアデザインスクールの日々の出来事 - 2010/06

東京・渋谷/CADスクール・インテリアスクール・インテリアデザイナー・店舗デザイナー・ベクターワークスの学校




[PR]



2010年06月25日(Fri)▲ページの先頭へ
情熱大陸 吉岡徳仁と K&Yのデザイナーの卵たち


先週の日曜日の『情熱大陸』を見ましたか?

プロダクトデザイナー吉岡徳仁さんの特集でした。

今年のミラノサローネでの活躍を中心に、吉岡徳仁ワールドを堪能できる30分でした。

ミラノサローネのことや世界的に活躍するデザイナーを、地上波のテレビで特集を組んでくれることは喜ばしいことです。

このように世界的に活躍する日本人デザイナーをもっともっと紹介してほしいです!!


そして、これからの若きデザイナーも世界を視野に入れて頑張るべきです。

今、インターネットという情報ツールを使って、世界の企業は日本の高度な技術を持つ中小企業に目をつけてます。

でも、デザインは自国のデザイナーで製品作りを という構図が出来上がっているそうです。

それは、日本のデザイナーの危機です!!

まずは、日本にもすばらしいデザイナーがいることを、日本人に知ってほしいと思いました。

安くて丈夫な自動車や家電製品で世界中から信頼されている日本から、成熟した豊かな国へと歩き出すためにも、これからの若きデザイナーの育成は大切なことです。

それだけ、デザインは幸せで豊かな社会を作り上げていくものです。

10年後、20年後のデザイナーの活動の場と可能性はつぶされてはいけません。



下の写真はK&Yのデザイナーの卵たちが自分でデザインしたTVボードを、一生懸命、Shadeを使って3DCGに制作中です。






そして、完成品がこちらです。









デザインも個性豊かなものができあがりました。

3DCGも本物のように見えますね(^。^)


さてさて、ここから世界的に羽ばたくデザイナーがでてくれるのでしょうか? (笑)。。。。



こんな実践型の勉強をしているのがK&Yインテリアデザインスクールです。




インテリアデザイナー・家具・プロダクトデザイナーを目指す方はインテリアデザインの学校
K&Y INTERIOR DESIGN SCHOOL(K&Yインテリアデザインスクール)へGO!!☆!












2010年06月21日(Mon)▲ページの先頭へ
第27回 美術館へ行こう
インテリアデザイナー、インテリアコーディネーターにとって感性を磨く、センスを学ぶのはアートを見ることを習慣づけるのが一番です!! スクールではこのようなイベントを定期的に開催しています。

建築やインテリアの枠にとらわれず、様々なものを自分のデザインに取り入れられるように、美術品・アート等の美術館へ見学に行ったり、講演会に参加しています。

7月のデザインイベント「美術館へ行行こう」は、ギャラリー間で行われる『デイヴィッド・アジャイ展 OUTPUT』へ出かけます。


デイヴィッド・アジャイ氏は、今世界でもっとも注目を集める若手建築家のひとりです。タンザニア生まれのアジャイ氏の作品には、祖国アフリカの多様な文化風土や美術をはじめ、現代アートや音楽、留学先の日本で学んだ茶室建築にいたるまで、実に多方面からの影響が反映されています。

アジャイ氏の建築の特徴は、素材と色彩の大胆な組み合わせと光の操作によって、シークエンスごとに移り変わる多様な空間体験を生み出している点にあります。それは、日々変化する生きた都市の状況を建築体験として表現することであり、氏がこれまで経験してきたきたさまざまな光――アフリカ大陸の強烈な直射光、イギリスの淡い日射し、日本建築から学んだ陰影の美など――から導かれた、彼自身の体験にも基づくものと言えるでしょう。

本展覧会「OUTPUT」では、「光と都市」をテーマに、アジャイ氏の建築活動を紹介します。アジャイ・アソシエイツ開設10年目に開かれる本展は、日本でアジャイ氏を紹介する初の展覧会となります。初期の代表作から最新プロジェクトまで氏の主要な作品を網羅し、建築模型、図面、実作の写真が一堂に集められます。デイヴィッド・アジャイ氏の現在の到達点を紹介(OUTPUT)するとともに、今後の方向性も示唆してくれるものとなるでしょう。


-----------------------------------------------------------------------
『デイヴィッド・アジャイ展 OUTPUT』 日時  : 2010年7月15日 14:00〜
会場  : ギャラリー間
入場料 : 無料
-----------------------------------------------------------------------


就職が決まりました!!&就職ガイダンスが終了!!
2010年6月20日 14:00〜 就職ガイダンスを開催いたしました。

今回は、それほど多くの受講生が参加したわけではありませんでしたが、
皆さん真剣に耳を傾けて聞いていました。

今回のテーマは『面接官との対話』でした。
ポートフォオをいくつもの企業に送り、苦労してようやく面接に呼ばれても
その場でうまく話せなければ採用される可能性は低くなってしまいます。
もちろん、技術が優れていても、自分自身のアピールができなければ同じことになってしまいます。
どうして面接の時に急にしゃべれなくなってしまうのでしょうか??
それは、事前の準備が何もされていないからです。もちろん、質問内容を完璧に予測することはできませんが、ある程度の予測をしておき、それについて準備しておけば、自分の頭の中も整理でき、イレギュラーの質問にも対応できると思います。
そこで、今回は面接で頻繁に質問されるものをピックアップし、その質問意図や回答の仕方などをレクチャー致しました。

そして事前の準備で重要なことがもうひとつ!!
職務経歴書を書いて、一度他の人に見てもらうということです。
就職活動をするK&Yインテリアデザインスクールの受講生には、履歴書・職務経歴書を書いて持ってくるように話をしています。もちろん、今回のガイダンス参加者にもお伝えしました。

それはなぜか?!
自分自身が完璧!!と思っていても、他の人が読むと文章がつながらなかったり、自分独特の言い回しがあったりで、意外に読みにくい文章になっていることが多いのです。
そこで、事前に講師がチェックをし、修正をしていくのです。しっかりとした文章が書かれていれば、それだけで印象が違ってきます。
事前に持ってくる受講生と、そうでない受講生とでは就職の内定率にも差が出てしまうのです。
受講生・卒業生の皆さんには、一度書いて持ってきてほしいですね。

就職関連情報はこちら↓ ↓ ↓
http://www.kandy.ne.jp/job/index.shtml

===就職が決まりました。===

ガイダンスが終わるのと同時に、CADコースで通っていた卒業生が来校しました。
4月からデザイン事務所で働いているとの報告でした。
2ヶ月程、研修がありなかなか来れなかったそうです。
まだまだ知らないことが多いため、毎日遅くまで仕事をしているそうです。

せっかく入れた事務所です。頑張ってほしいですね!!




2010年06月18日(Fri)▲ページの先頭へ
LED照明とコイズミ照明(株)ショールーム


話は前後しますが、先日K&Yインテリアデザインスクールインテリア全日コースの受講生たちと一緒にコイズミ照明(株)のショールームに行ってきました。

現在、私のアトリエで進めている物件で、コイズミ照明(株)のLEDを提案しているために、LEDのことをコイズミ照明(株)の営業の方にご相談にのってもらっている最中です。

みなさんもご存じだとは思いますが、昨年東芝が白熱電球製造を中止して、近年中に白熱電球からLEDに入れ替え宣言をしているように、これからは照明器具もLEDタイプのものが増えてくることでしょう。

しかし、まだまだLEDには問題があり、ただ単に電気代の節約になるからって、喜んですべてを白熱電球からLEDに替えましょうとはいきません。

そこで、私たちもLEDの利点を考えつつ、問題点も理解しながらクライアント様にご提案していかなくてはいけません。そのためのお勉強も必要です。

ちょうどコイズミ照明(株)のショールームLEDの展示会があるのでいらしてください、とお誘いを受けましたので、それならK&Yインテリアデザインスクールの学生を一緒にいいですかってことになり、みんなをつれて秋葉原にあるショールームまでいきました。



担当の清水さんや部長さんにいろいろなお話をお伺いすることができて、みんなものすごく勉強になったと思います。でも本当にわかったか疑問ですが・・・・(笑)

みなさんはLEDのことをどのくらい知ってますか?

LEDとは4世代のあかりのことです。
LED(Light Emitting Diode:発光ダイオード)を直訳すると、「光を発生する半導体(ダイオード)」で、電気を流すと発光する半導体の一種です。
蛍光体に続く、人類が手に入れた第4世代のあかりとして期待されています。

しかし、LEDは直下型の明かりとしては有効ですが、白熱灯や蛍光灯のように天井の点光源として使うにはちょっと暗く、それを克服するために、反射板などを使って広く使えるように開発が進められています。

そのためにデザインもまだまだで、LEDの照明というと私たちは、ちょっとドテッとしているなあという感覚のものがあります。

早く素敵なデザインのLED照明器具が出てくるのが待たれます。

照明デザインといえば、コイズミ照明(株)では、23年前から、若きデザイナー育成のためにコイズミ国際学生照明コンペを開催しています。このコンペにK&Yインテリアデザインスクールの卒業生も挑戦しています。

いつも金賞をとらないかなと祈ってますが、まだとってません(笑)。


K&Yインテリアデザインスクールでは、授業の課題制作をベクターワークスというCADソフトを使って進めていますが、この一つのソフトで2Dから3Dまでができて、3D作成はライティングの調整までが本当のライティング調整と同じようにできます。

だから受講生の方たちは、少なからず照明のライティング調整は勉強しているので
説明がちょっとむずかしくても理解できたと思います。

でも、照明ってむずかしいです。。でもおもしろいのが照明です。

だって、インテリアの良し悪しは本当に照明で決まります!!

それって、3Dで作品を完成させるとよくわかります。

そんな実践型の勉強をしているのがK&Yインテリアデザインスクールです。




インテリアデザイナー・家具・プロダクトデザイナーを目指す方はインテリアデザインの学校
K&Y INTERIOR DESIGN SCHOOL(K&Yインテリアデザインスクール)へGO!!☆!








2010年06月16日(Wed)▲ページの先頭へ
加賀麩 不室屋 パート2
ついに梅雨突入で、じめじめした毎日で嫌ですね〜(´ДÅ)
梅雨生まれの私ですが、梅雨は嫌いです(笑)

さてそんな中、今週のおやつは・・・
以前にもご紹介した金沢の
「加賀麩 不室屋」おやつ麩です★



サクサクのスナック風麩菓子おやつで、ほんのり甘いメープル味と
チーズ+ごま味がありました。普通のスナック菓子より軽い感じで
美味しかったです。

こちらは、インテリア全日コースの卒業生の土田さんからいただきました。
ご出身が金沢で、帰省されていたそうです!!

土田さんはお知り合いの方から美容室の内装デザイン+
VectorWorks(ベクターワークス)での内装パース作成を依頼されたらしく、
卒業後もフリータイムを使って、スクールで作業をされています。
K&Yインテリアデザインスクールで習得した技術を即、
活かすことができて良かったです!!
頑張ってくださいね♪

インテリア全日コースといえば・・・
現在はインテリアデザイン業界で必須のグラフィックソフト
Illustrator(イラストレーター)、Photoshop(フォトショップ)の演習授業で
カタログ作成をしています。
自分で何か題材を決め、その商品・ブランドのカタログを作成します。

インテリアデザインと同じくらいグラフィックデザインも奥が深いです。
フォントの種類やサイズを変えるだけで、全くイメージが違ってきます。


こちらが単に文字をならべただけ

これを整理していくと、下のように見やすいグラフィックになります。


インテリア全日コースの皆さんも悪戦苦闘しながら、作成しています!!
どんなカタログができるか非常に楽しみです(^_^)

インテリアデザイナー・家具・プロダクトデザイナーを目指す方はインテリアデザインの学校
K&Y INTERIOR DESIGN SCHOOL(K&Yインテリアデザインスクール)へGO!!☆!




2010年06月12日(Sat)▲ページの先頭へ
デザインコンペティション 新作品アップしました!!
ただいまK&Yインテリアデザインスクールでは、
第6回デザインコンペティション開催中です!!



このインテリアデザインコンペティションは2005年から開催せれており、主にK&Yインテリアデザインスクールの学生たちが競い合う学生コンペです。

5/11〜6/10までは、第一次投票期間として、6作品がエントリーされ、競い合いました。
たくさんのご投票ありがとうございました。
結果は、10月の公開プレゼンテーションの際に発表致します。

そして6/11〜7/10までは第二次投票期間です!!
新たに7作品がエントリーされました。
現在投票受付中の作品はコチラ














マーケティングからデザイン力までの評価を受けグランプリを獲得した卒業生はいままさに現役で活躍している卒業生たちばかりです。
その他、たくさんの卒業生が店舗デザイン業界や有名デザイン事務所で活躍しています。
今年は一体誰の作品がグランプリをとるのでしょう!?


皆様のご投票でグランプリ作品が決定します!ご投票いただいた皆様の中から抽選で、プレゼントもご用意しております。
ご投票をよろしくお願いします☆


投票はコチラ




2010年06月08日(Tue)▲ページの先頭へ
箱根で休息を・・・
久々のおやつブログです!!
お休みしていてすいませんm(._.)m

今日のおやつは・・・




インテリア全日コース(応用編)の小林さんからいただいた
箱根土産の『あまなつゼリー』です☆★
週末に温泉に行かれたみたいです!!
ありがとうございます♪

インテリア全日コース(応用編)は、先日応用課題1回目の発表が終わったばかり。

今回の課題内容は、代々木に建つオフィスビルを、
賃貸アパートメントにリニュアールコンバージョンする住宅プランの学習です。
空室率が高い都心の中古オフィスビルを、従来のアパートメントに
立て替えても、問題の解決にはなりません。そこで新時代のソフト
を取り入れ、新たなビジネスモデルを組み込んだアパートメントの提案です。

小林さんの作品はこんな感じ↓↓↓↓

詳しくは、後日こちらの方にアップさせますので、
楽しみにしていてください!!

先週までは、課題作りに一生懸命だったから、
その疲れを癒しに行ったのかな(^_^)??

次の課題ももう始まってますもんね(汗)
今のうちに休息しておいてください★

そして、ただいまK&Yインテリアデザインスクールでは、
第6回デザインコンペティション
開催中です!!



皆様のご投票でグランプリ作品が決定します!!
こちらから作品をご覧になり、投票にご協力ください!!
ご投票いただいた皆様に抽選で一万円相当のプレゼントをご用意しております♪

投票はコチラ



国際色豊かになったK&Yインテリアデザインスクール
最近K&Yインテリアデザインスクールは、受講生の方が国際色豊かに外国人が多くなりました。

ITのプログラマーとして来日して、インテリアに興味を持ち、将来は自国に戻って自分のデザインした家具を売りたいと夢を持つインドの方、自国でインテリアデザインを勉強して、大好きな日本のデザイン事務所で働きたいと思い語学留学を終えて、今、就職活動中の韓国の方などなどが通われてます。

それから、海外からの受講申し込みもあり、現在カナダで働いていて、以前、日本に留学経験もる中国の方や、香港からの申し込みもありました。

ね、国際色豊かでしょ。。それで、われわれ講師が英語とかで授業しているかと言えばそうでもなく、みなさん日本語は達者で、講師のわれわれは何の問題なくレクチャーできるのでその点は助かってます。

国際色豊かといえば、最近よく卒業生から突然電話がかかってきて、今からアルバイトをやってくれる方はいませんかということ。急に言われても・・・・(-_-;)って感じなんですか、今忙しいインテリアデザイン事務所は本当に猫の手を借りてまでも忙しいらしく半端じゃないって感じです。

その忙しいインテリアデザイン事務所は、どこも海外のプロジェクトを中心にやっているみたいで、今アジアの各都市(上海、北京、香港、台北、ソウル)から多くの引き合いを頂くみたいです。

やはり、今からのデザイン事務所は世界に通用するプレゼンテーションをしていかないとだめってことでしょうね。

そのためにインテリアデザインのスキル意外に、語学も大切なスキルとなっているみたいです。

K&Yインテリアデザインスクールでは、海外留学から帰国された方も多くて、海外での語学経験とK&Yインテリアデザインスクールでのインテリアデザインの勉強で、有名デザイナーの事務所に就職した方も大勢います。。。


大好きな語学とインテリアの仕事ができて彼らは本当に楽しそうにお仕事をしてます!!

でも、毎日たいへんそうですが・・・・(笑)

卒業生のみんなたまには息抜きにスクールに顔見せにきてねーーーー!!







2010年06月05日(Sat)▲ページの先頭へ
世界の現実と向き合うデザイン
ある講演会に行ってきました。
題名は『世界の現実と向き合うデザイン』

桑沢デザイン研究所が開催している「スーパーオープンレクチャー」の2回目です。




今日の講師は、益田 文和さん。

1949年東京都出身、1973年東京造形大学デザイン学科卒業後、建設会社、デザインオフィスを経て、1978年以降フリーのインダストリアルデザイナーとして、家電をはじめとする様々な製品のデザイン開発や地域産業のデザイン振興など国内外のプロジェクトに関わっている方です。



世界問題になっている環境問題から、世界の国々が抱える経済問題から始まっている資源や仕事の現実問題や動物たちの話をしていただきました。

例えば、ある世界的に有名なお菓子メーカーが出す、お菓子一つの原料を得るために発生する、自然破壊や絶滅に瀕する動物たちの話。
また、地球一つ分の限りある資源の話。

世界が、均等に資源を配らなければ、限りある地球の資源は、世界でまかないきれない。余分に贅沢に資源は使用できないという考えです。

そんな、現実に抱える深刻すぎる世界の、地球の問題を説明しながら、その流れで変えていく唯一の力 それがデザインの力。。。

「社会をデザインするデザイン」の役割を話してくれました。


今、我々日本人が当たり前に生活している環境。

過去から見れば、また、世界の国から見れば贅沢な環境を変えていかなければならない。


要するに『マイナスにするデザイン』を考えていかなければならないということです。

『マイナスにするデザイン』とは、後ろ向きな考えではなく、身の回りのものを工夫して、今までの知恵を使っての快適な生活をエネルギーをなるべく使わずに考えていく、デザインのことです。
・・・・

今回の講演も難しい内容で、途中混乱しましたが恐らくこんなことを言っていたのだと思います。


またまた、自分が、どんなデザインをしていきたいのか、しなければいけないのか、求められているのか、考えてしましました。

今回のこのテーマの関心度は高く、このオープンレクチャーには社会人の方が多く参加されていました。どこかの企業の方々であろうという人たちも大勢参加されていました。

最後に質疑応答があり、その質問内容も今現在の経済、もしくはGDPの維持などかなり突っ込んだ質問がありました。

環境を優先しても、経済の衰退は考えられないということでしょうね。


本当にこの手の講義は、毎回考えさせられます。

K&Yインテリアデザインスクールでもしばしば課題のテーマとする、『ソーシャルデザイン』や『社会をデザインすること』は産業や経済さえもデザインしなければいけないということで、これからのデザイナーという職業のわれわれに架せられた使命のような気がします。



こうったレクチャーに参加することはたいへん勉強になるのでわれわれは、他校のレクチャーであろうが、大学のレクチャーであろうがチョクチョク参加します!!







2010年06月03日(Thu)▲ページの先頭へ
6月の代々木食堂オープンしました!!
6月に入っても東京はさわやかな陽気が続いてますがみなさんはいかがでしょうか?

今日はK&Yインテリアデザインスクールでは、インテリア全日コース『建築再生プログラム』の課題のプレゼンテーションの日でした。





インテリア全日コースのこの課題はオフィスから住宅へのリニュアールコンバーションの課題でアパートメントの提案です。

この『建築再生プログラム』の課題は下のサイトでアップしてますのでご覧ください。。

こちらから




そして、プレゼンテーションのあとは

『代々木食堂』です。









K&Yインテリアデザインスクールの卒業生のほとんどは、デザイン事務所や設計事務所で一生懸命働いてます。そんな卒業生に、しっかりとした食事をしてほしいという願いから小さなオフィス事務のキッチンで簡単にできるメニューを実際につくって、ご紹介するのがこの代々木食堂です。

昼間にやっているので、ほとんどがインテリア全日コースのみんながこの代々木食堂にありつけます(笑)。。

今回のメニューは、インテリア全日コースのリクエストに答えてジャージャー麺

これは失敗なくおいしくできました。

ごちそうさまでした!!












   




新着トラックバック/コメント


カレンダ
2010年6月
   
     

アーカイブ
2006年 (30)
3月 (5)
4月 (6)
6月 (1)
8月 (1)
10月 (5)
11月 (4)
12月 (8)
2007年 (82)
1月 (13)
2月 (7)
3月 (8)
4月 (7)
5月 (8)
6月 (10)
7月 (10)
8月 (7)
9月 (8)
10月 (1)
11月 (2)
12月 (1)
2008年 (79)
1月 (3)
2月 (9)
3月 (4)
4月 (9)
5月 (5)
6月 (3)
7月 (3)
8月 (7)
9月 (10)
10月 (8)
11月 (10)
12月 (8)
2009年 (154)
1月 (11)
2月 (13)
3月 (12)
4月 (18)
5月 (12)
6月 (9)
7月 (11)
8月 (9)
9月 (10)
10月 (12)
11月 (21)
12月 (16)
2010年 (174)
1月 (9)
2月 (15)
3月 (11)
4月 (13)
5月 (10)
6月 (10)
7月 (11)
8月 (17)
9月 (20)
10月 (13)
11月 (19)
12月 (26)
2011年 (208)
1月 (19)
2月 (11)
3月 (14)
4月 (19)
5月 (11)
6月 (19)
7月 (22)
8月 (23)
9月 (25)
10月 (20)
11月 (13)
12月 (12)
2012年 (181)
1月 (11)
2月 (11)
3月 (15)
4月 (16)
5月 (9)
6月 (10)
7月 (6)
8月 (11)
9月 (7)
10月 (14)
11月 (55)
12月 (16)
2013年 (156)
1月 (15)
2月 (13)
3月 (12)
4月 (16)
5月 (6)
6月 (6)
7月 (6)
8月 (10)
9月 (10)
10月 (19)
11月 (19)
12月 (24)
2014年 (158)
1月 (7)
2月 (12)
3月 (12)
4月 (14)
5月 (15)
6月 (22)
7月 (19)
8月 (16)
9月 (11)
10月 (8)
11月 (12)
12月 (10)
2015年 (101)
1月 (8)
2月 (8)
3月 (10)
4月 (19)
5月 (9)
6月 (9)
7月 (11)
8月 (10)
9月 (6)
10月 (7)
11月 (4)

アクセスカウンタ
今日:463
昨日:1,028
累計:1,727,174